オークス/展望と予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

オークス/展望と予想

2020-05-21 19:01
  • 4
オークス(優駿牝馬)/東京・芝2400m


以前から思っていたけれど、3才メスに対して2400というクラシックディスタンスは長すぎるのではないか。2000mとかじゃないの?秋華賞があるのか。なんか距離がチグハグな感じなんだよなあ。実質的に、牝馬のダービーは桜花賞になっているし、オークスは府中を走らせたいだけではと思えてくる。今の府中は馬場が異常、アブノーマル…あんな馬場ではポジション取り、つまりスタートが悪い馬に挽回のしようがない。

日本競馬の唯一良いところは後ろの馬にも、逃げ馬にもチャンスがあるところ。ポジション競馬にならないところだったのに、それを潰してしまっている酷いトランポリン馬場。これでは展開もクソも関係なくて、とりあえず前々の馬に印付けとくかという風になってしまう。やっぱりJRAってゴミだわ解体しろ。

オークス/血統


過去10年分のデータだと、父系は圧倒的に父SS系が有利。ちょいちょいミスプロ系が入ってくるぐらい。んで肌馬(牝系)と合わせて、SS×ノーザンダンサー系がめっぽう強い、これは競馬ラボ過去10年分の一覧を見れば誰でも分かる。

今回は割と異常事態で、SS×ノーザンダンサー系の有力馬は、クラヴァシュドールぐらい(リリーピュアハートもか)。あとの牝系はナスルーラが2頭(デゼル、アブレイズ)で、父SS系×ミスプロ系はなんと8頭もいる。おおよそ半分は似たような父×母父だ。母父キンカメは3頭、なんとも偏った感じだなあ。ノーザンダンサー系の肌馬に付けることをやめて、ミスプロ系に変化させたのか。

中でも注目は、ミヤマザクラがいるにも関わらず、リリーピュアハートを選んだ福永jだ。リリーピュアハートは賞金不足で抽選対象馬であったので、賭けに出たのはとても良く分かる。それほど、見込んだ馬なのか、気になるところだ。母父Galileoは言うまでもなく、ノーザンダンサー系、サドラーズウェルズの子供として種牡馬としても活躍。日本ではどちらかというと、牝系でよく目にする。

リアアメリアは新馬以外右回りで全敗、もしかすれば
狙い目としては、ウーマンズハートか こちらは新馬、500万下と新潟2歳ステークス以後、すべて右回りで全敗。血統的にもSS×ノーザンダンサー系ということで悪くない。

それでも中心は桜花賞馬、デアリングダクト、4着馬クラヴァシュドールになりそうですが。ほかはフローラS組かな、ウインマリリン、ホウオウピースフル。んで、ウーマンズハート、スマイルカナ、マルターズディオサ、この辺か。

デアリングダクト、クラヴァシュドール、ホウオウピースフル、マルターズディオサぐらいまでは決定、後は分からんなあ。堅そうなレースになりそうです。
広告
×
私はロマンとかイメージに頼るからか、イアキさんのほうがよっぽど当たりそう
2ヶ月前
×
タイキシャトル(ダースインザダーク)の馬に行きそうだもんなあ もしくは母父トウカイテイオーとか
おかね賭けてるからね、それがいちばん大きいですね笑
2ヶ月前
×
ホウオウピースフル、ウーマンズハート、サンクテュエール
2ヶ月前
×
こういうときの和田がいちばん怖いんよ リリーに勝ってる時点で入れるべきだったか
2ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。