ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

皐月賞/本予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

皐月賞/本予想

2021-04-18 04:51
  • 2

◎→○→相手 二頭軸3連単マルチ
◎→相手 馬連
◎→相手 ワイド

本命
◎11ディープモンスター:戸崎圭
前走、前々走と坂がある2000m以上の好走している。特に坂において、そのスピードが衰えずに進んでいく末脚が良いので本命に。

母父:Bellamy Roadは米国ダート馬、真夏のダービーであるトラヴァーズステークス(D/10ハロン)勝ち馬。ケンタッキーダービーでは1人に推されたが、勝ちきれず7着。時期は悪かったが、パワーとスピードを兼ね備えたダート馬。

母母父:ディキシーランドバンドは、名種牡馬。BMSとしても活躍し、日本ではデルタブルース、サウンズオブアースなどの名馬を輩出した。日本での活躍馬を見るに、坂にめっぽう強い競走馬が多く、中山での好走が期待できる。

重馬場適性?しらん!ピッチ走法だから、そこそここなせると思う!


対抗
○05ヴィクティファルス:池添謙
池添厩舎初の兄弟(池添学、池添謙一)での重賞勝ち馬。

Boubskaia(ニジンスキー父)から牝系を見ていくと、シックスセンス(※皐月ディープの2着、京都記念)などがいる。前走は残り600mから追い出して、大外に回されたが、最後は差し切ってスプリングSを勝利。重馬場での適性を見せた。母方にはシルヴァーホークも入っていて、中山に向きそう。内枠で馬込みの中、折り合いが付けば勝ち負け。


単穴
▲07エフフォーリア:横山武
最終追いきりが悪いので、ここまで評価を下げた。実力は抜けているが、重馬場に対応できるかどうかが肝心と見る。共同通信杯は他馬を寄せ付けない1着。中山において、坂は対応ができるのか、そこが微妙。

▲09ラーゴム:北村友
前走は荒れた中京馬場での好走を見せた。オルフェ×ミスプロはオルフェ産駒の中で相性がよく、先行して前目につける競馬ならば北村友jも十分に良い騎乗ができると思う。重馬場で割とかれはうまい。



連下、その他
△14アサマノイタズラ:嶋田
スプリングS2着馬のため、ヴィクトワールピサがお父さんなのも良い。中山向き。三代目、オペラハウスも距離延長は歓迎ではないか。外枠でどれくらいできるか。

△01アドマイヤハダル:ルメール
若葉Sであっさりと勝ちきり、ロードカナロア産駒はそのイメージとは逆に、渋った馬場でも強い。スイープトウショウの牝系、抑えないと後悔する系の馬。

△13タイトルホルダー:田辺
ドゥラメンテ産駒初の重賞勝ち馬。今回はペースが早くなりそう(前目の馬が外枠に多くいるので、ハイよりのミドルペース前半3ハロン34秒台、1000通過は61-62秒前半だろうか)重馬場でどうか。


☆03ステラヴェローチェ:吉田隼
マイルの方が合ってそう。バゴ産駒だから道悪はいいにしても、距離があっていないイメージ。前走からの巻き返しはなるか。掲示板まではありそう。

注15グラディアス:
ハーツクライ×母父父デインヒルダンサー、スピード血統ではないかなあ。
デインヒルダンサーは、よく分かんないけどダンチヒなので、やはりスピードでは?(配信コメントから)


以上9頭で臨みたいかなと思っている次第。
今週はとりあえず当てたいなあ・・・笑

広告
×
久しぶりに雑感

ステラヴェローチェ、バゴはやっぱりよくワカランw
エフフォーリアはヤネも含めて上手に走ったな、って印象
ディープモンスターはあれだけ後ろだと、馬場も含めてちょっときついのかも
レッドベルオーブはこれより長いともう厳しそうな気がする
タイトルホルダー、坂はそんなに苦手じゃなさそうだし逃げてたらどうだったろう?って思っちゃう

アドマイヤハダルの坂終わりからの加速画なんか不気味
4週間前
×
バゴは意味不明、同意
ただ、やはり距離は短い方がよさそう
エフフォーリアはよく4コーナーで自分のペースを守ったまま、内側を選んだなあという感じ
レッドベルオーブ、同意 やはりマイラーでは?
ディープモンスターはあれだけ、前残りだと厳しいですねえ

タイトルホルダーはダービーでも不気味です 分からない

アドマイヤハダルだけかなあ 個人的に分からないのは
加速してた??
4週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。