ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

牝系についての疑問
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

牝系についての疑問

2021-04-22 12:46
  • 8
配信で言われたんですが、
ステラヴェローチェとブライアンズタイムはたしかにファミリナンバー4、系統rで確かに同じ

Artless(1907年)からの牝系図から繋がり、
ステラヴェローチェから見れば10世代前
ブライアンズタイムから見れば 7世代前

これって父系、つまりサイアーラインでたとえると、「ネアルコ系が強い」、ぐらいのことしか分からないのでは?ぼくは牝系の見方分からないんだけど、流石に100年前の血筋は単なるトリビアでしかないと思うんだが、違うのかな。

3世代前ぐらいなら考慮しますけど、これぐらい血が離れていると、遺伝子情報の傾向なんて残ってなくない?単純に5世代前で1/32ですよ、血量。超単純に考えると、3.13%(5世代前)。10世代前になると、0.098%。煽りとかじゃなくて、優秀な牝系、つまりシーザリオやダイナカールは踏まえなきゃいけない、というのは分かるんだけど、100年前の牝系知識は馬券的には役に立つところが薄いのではないか。

牝系の知識が面白いことは否定しないけれど、どうにも眉唾だなあとしか思えない。
広告
×
薄れていく情報の中で一定の傾向があるっていうのを、分類として分けて系統づけたのがファミリーナンバーじゃないのかな?

でも、あくまで一部分であって、どれだけ強い影響が有るかっていうのは、難しいところだよね
3週間前
×
そう思う、一定の傾向というのがどれくらいなんだろう、というのが微妙なんですよ
まだ眉唾です

だから米国ダート系とか、欧州スピード系とかは理解ができるけれど、まあぼくは3世代前くらいまでしか見ないんですよ 信用度の問題なので
5世代前の馬出しちゃうと、ノーザンダンサーが入っている馬は全部抑えなきゃいけない、みたいな理屈になるじゃないですか
10世代前だとエクリプス系が強いとか、よく分からないことになるし

そうそう、どれだけの影響があるかの問題なんです
父系:母系で均等に5割ではないだろうし、ぼくはそこのところすげー曖昧ですよ
遺伝子だもん そんな簡単に決まってたら競馬で蔵立ってるのでは?という疑問がある

アニメブログよりも、馬の記事は本当に読解力がよくて感動している
なんだその読解力
3週間前
×
牝系は学問的な部分が強いと感じているので、馬券の検討としてはどこまで信じていいの?ってね
父系でたどっていくと、SSもバゴもネアルコだよね、って言われてもだいぶ分岐も傾向も違うじゃないかって感じるのはわかる

でも、ロベルト、ブライアンズタイム、ヘイロー、SS、ノーザンダンサー、ダンジグ、ストームバード、サドラーズ、たどっていくと全部ネアルコだなあってなるから、何かの法則みたいなものがあってもおかしくないかも?とも思う
3週間前
×
そうそう、研究的な感じですよね とてもアカデミック
何らかの法則があるのかなあ?

まあじぶんが最近はまってるのは、
ニックスと三代目の母父で、血統的にどうにか検討できないかな?みたいな方法ですね

ほんと読解力がちがうんよwすごい
3週間前
×
あくまで国内外的に見て活力があるのかないのかの話だからそれが絶対かということではない。
自分は好きだから牝系見てるけど
難しいことは考えず血統なんて大雑把な個人的イメージで何となくの方がいいと思う。
3週間前
×
ふむふむ 国内外、日本と海外の活力、力の差、タイプみたいなもんなんですかね?
牝系もですけど、血統は意外とイメージ大事ですよね~
すごくわかる
2週間前
×
牡馬の家系図がサイアーラインで、牝馬の家系図がファミリーナンバーなだけでどう使うかはその人次第ですね
この家系はこういう所あるよなーって、上手に使えればいいんでしょうね
2週間前
×
なるほどね
ぼくの馬券も改善されるかなあ^_^
楽しみ!(吐血)
2週間前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。