ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ディープ産駒かつ日本ダービー馬(掲示板以内)のその後
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ディープ産駒かつ日本ダービー馬(掲示板以内)のその後

2021-06-16 19:39
    賞金順で整理


    *サトノダイヤモンド 2013年産 栗東:池江泰
    母父Orpen(https://ahonoora.com/orpen.html)
    皐月3着、日本ダービー2着、菊花賞馬→3歳有馬制覇
    古馬(明け4歳)→阪神大賞典1着、春天3着
    古馬5歳以降→京都大賞典

    その後は苦しみ、G1では勝鞍なし
    凱旋門賞が余計だったか


    *コントレイル 2018年産 栗東:矢作
    母父Unbridled's Song
    三冠馬→3歳JC3着
    古馬(明け4歳)→大阪杯3着→宝塚記念、回避

    無敗の三冠馬となったが、それ以降思ったような成績は出ておらず
    これからどうなるか、5歳で復活するか



    *マカヒキ 2013年産 栗東:友道
    母父 フレンチデピュティ
    皐月賞2着、日本ダービー1着→3歳凱旋門賞14着
    古馬(明け4歳)→京都記念3着
    古馬5歳以降→札幌記念2着(5歳時)

    G2すら取れず、引退も出来ず厳しい


    *アルアイン 2014年産 栗東:池江泰
    母父Essence of Dubai
    皐月賞馬、日本ダービー5着、菊花賞7着
    古馬(明け4歳)→大阪杯3着、MCS3着
    古馬(5歳以降)→大阪杯1着

    シャフリヤールの全兄ということで評価も上がりそう
    5歳で大阪杯制覇、宝塚記念も4着と奮闘



    *ワグネリアン 2015年産 栗東:友道
    母父キングカメハメハ 母ブロードアピール
    皐月賞7着、日本ダービー1着、菊花賞回避
    古馬(明け4歳)→大阪杯3着、JC3着

    福永jの初ダービー制覇馬
    その後は微妙になってしまった感



    *ダノンキングリー 2016年産 美浦:萩原
    母父Storm Cat
    皐月賞3着、日本ダービー2着→3歳毎日王冠1着、MCS5着
    古馬(明け4歳)→中山記念(G2)1着、大阪杯3着
    古馬(明け5歳)→安田記念制覇


    こう見ると、キングリーつよい、つよくない…?
    3歳時のMCSさえ秋天に変わるなら、おれは納得するよ
    あの秋天が見たかった


    *キズナ 2010年産 栗東:佐々木晶
    母父Storm Cat
    皐月出走なし、日本ダービー1着、3歳ニエル賞1着、凱旋門賞4着
    古馬(明け4歳)→大阪杯1着(G2)、春天4着
    古馬(5歳以降)→大阪杯2着(G2)、春天7着

    春天にこだわらなかったら、もうちょっと良い成績が残せた感


    *リアルスティール 2012年産 栗東:矢作
    母父Storm Cat
    皐月2着、日本ダービー4着、菊花賞2着
    古馬(明け4歳)→ドバイターフ1着、秋天2着
    古馬(5歳以降)→ドバイターフ3着

    やはりリアルスティールはそこそこ頑張った感じがする
    あと一歩が届かなかった
    同期にキタサンとドゥラメンテがいたのが不運か


    *ディーマジェスティ 2013年産 美浦:二ノ宮敬
    母父ブライアンズタイム
    母母シンコウエルメス(牝系は超良血っぽさそう)
    皐月賞1着、日本ダービー3着、菊花賞4着→3歳JC4着
    古馬以降(明け4歳)→古馬では活躍なし



    *ディープブリランテ 2009年産 栗東:矢作
    母父Loup Sauvage
    皐月賞3着、日本ダービー1着→3歳キングジョージ8着(10頭立て)
    菊花賞出走も予定されていたが、屈腱炎が発覚し引退→種牡馬入り



    *ワールドエース 2009年産 栗東:池江泰
    母父Acatenango

    ワールドプレミアの全兄
    皐月2着、日本ダービー4着
    古馬(明け4歳)→全休(※日本ダービー後に屈腱炎が発覚)
    古馬(5歳)→マイラーズカップ1着

    日本ダービー、3歳メイチでその後苦しむ馬が多いイメージになってきた


    *サトノラーゼン 2012年産 栗東:池江泰
    母父Intikhab(※ダノンプレミアムの母父と同じ)→https://ahonoora.com/intikhab.html
    日本ダービー2着
    古馬以降→その後は目立った成績が残せず



    おそらくこんなもん?
    日本ダービー通らずにクラシック戦線に絡んだ馬はとうぜんではあるけれど、菊花賞経由が多く、グローリーヴェイズなんかもこれに当てはまりますね。ディープインパクトを預かったからか、やはり池江厩舎は4頭も預託されて結果を出している。

    キングリーはここからが本番か
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。