ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

底辺実況者が動画を投稿して分かった3つのこと
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

底辺実況者が動画を投稿して分かった3つのこと

2017-08-23 22:43

    どうも皆さん、こんにちは!


    いつも通り底辺のゴミ山くず夫です。


    動画を4本投稿してみて、少しづつですが、分かってきたことがあるので


    ニコニコに動画投稿している底辺実況仲間さんに情報を共有したいと思います。


    僕が自分の動画を見てみて、気づいたことは以下の3点です。

    ①ぼそぼそ声がきもい
    ②話つまらない
    ③動画がつまらない

    では、一つ一つ見ていきましょう。

    ①ボソボソ声がたまらなくキモい


    これには驚きました。


    基本的に自分の声はキモいと思っていたのですが、録音してみたものは本当にクズの極み。



    黒板のあのキーっていう不快な音より深い不快です。


    なんだろう、根暗が何の努力もしないで実況するとあんな感じになるんだなぁと思いました。


    一説によると、普段話して聞こえている自分の声は、結構フィルターかかって、いい感じに聞こえるらしいです。


    普段の自分を録音してみてください、結構傷つくと思います。


    なので、対応策としては、ハキハキ喋ることです。


    お前何様って感じだと思うのですが、次回の動画から、これを意識して録音してみるので、聴き比べしてみてください。


    恐らく印象が違うと思います。


    一人暮らしの方は、隣人の問題があるので、あまり大きな声は出せませんが、カラオケに行くなり、実家で撮るなり、こそこそと努力していきましょう。


    よくよく考えれば、有名な実況者さんで、最初から最後までボソボソと喋る人はあんまりいないですよね。

    ②話がつまらない

    これはまじで技術だと思います。


    僕は会話力がないので、糞つまらない話をダラダラ続けていますが、これはもう慣れとか経験なんじゃないかと思います。


    強いて言うなら、独り言のプロを目指したいなと考えています。


    かの2ch創設者のひろゆき氏は、自分で自分に質問したり回答したりして、自分自身と会話する技術を身に付けたそうです。


    どこでその技術使うんだよとか思っていたのですが、こういうところでも使えるんですね、脱帽です。


    もしくは、台本なんか作ったら良いのかなとも思いました。


    僕はちょっと慣れていないので(面倒なだけ)やめときますが、あったほうが当然、困らないですよね。

    ③動画が差別化されていない

    これも常々思っています。


    今僕があげている動画は、2つでどっちもフリーゲームなのですが、片方はまだ誰も実況していないもの、もう片方はマイナーだけど、結構実況している人がいるゲームです。


    誰も実況していないのなら、それだけで差別化になるのですが、誰かがもう同じことをしているのなら、当然何か他の付加価値をつけないと誰も見てくれません。


    例えば、よく目にするのが縛りプレイですよね(なんかエロい)


    目隠ししたり、なんかのアクションを絶対にしないとか、それだけで、普通の人ができないことや、面倒くさくて真似されないので、差別化になります。


    となると、例え、大物実況者がその作品を実況していたとしても、縛りという付加価値がついているので、同じ作品でも視聴してくれます。


    初見さんも、大物よりも、先にそっちを見るかもしれません。


    なので、僕みたいな底辺実況者はそういったところに時間をかけて勝負をかけなければいけないんですよね〜


    やはり企画力が重要になりそう!



    まずはこの3つを課題として、なんとか改善していきます。


    すげえ、なんか今回はまじめっぽい内容だった!


    少しでも参考になればと思います!


    というか、そんなことより、動画みてね!チェリオ奢るんで!


    それでは、皆さんまたね〜!


    追記:僕の動画に初めてコメントを頂きました。「うぽつですー」たったこれだけの言葉が大変ありがたく、喜びを感じました。何処の誰かは存じませんが、ありがとうございました。
    「神童ノ哥」というフリーホラーゲームです。良かったら見てみてください!

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。