• 世論などない

    2014-09-07 16:47
    そこらへんの人に政治の事を聞いてみよう。

    言葉は、それぞれに異なる。対話によって物事を表現し、それが言葉を形作る。政治を語る時、語る場と内容と相手と状況にが言葉を形作る。
    ある生主が真実はひとつだと言った。
    真実などない。
    どのような知性であれ、上記の構造が言葉を作り、状況を表す。不変の普遍のたったひとつの事実の言葉などない。

    だから人はそれぞれ自らの人生を生きていると思いながら状況を生きている。
    如何に堅固な思想や思い込みや信念であろうと普遍で不変な状況などない。思いは重いがそれは状況が許す範囲のものであって、それは絶えず変化し、変容し、変貌している。それは当然不変ではなく普遍でもない。
    その事を理解した上で状況を観るその認知が存在するかしないか?

    世界は同様に状況によって動いている。
    世界を固定する何らかの理など存在しない。世界は変化し変貌し変容する。
    世界(社会)はそのようなものであり、民衆はそのような存在であり、民意はそのように動く。状況を操作する事はある程度可能かもしれない、がそれによって変化するあらゆる物は結局状況の変化変貌変容によって流れに逆らい得ない。

    では人は何かを考えるだろうか?
    人は状況に動かされているだけ、かもしれない(圧倒的多数は)。
    状況を観る目だけが流れを見出す。
    しかしほとんどの人間は、知性に関係無く、知識に関係なく、教育すら関係なくその事に無頓着ではないか?

    世論とは問うものの有り方である。
    民衆の相違など存在しない。大衆など存在しない。
    あるのは状況だけなのである。

    私がナニヲ言いたいのかわかる人に 合唱
  • 広告
  • プーチンの言葉

    2014-07-07 05:22
    7月1日プーチン自身の言葉でNWOがられました。これはロシア大統領公式会見での発言です。
    陰謀論リン妄想です。これを訂正するつもりは全くありません。ロシア大統領が発言したのは陰謀ではなく犯罪の事実です。

    世界秩序の一極モデルは、成立しなかった。西側が、この地球を『世界兵舎』に変えようと、他の々に自分達の原則を押し付けるのを止めるよう望む。ロシアは自らの対外政策において、対決を通してではなく、協や歩み寄りの模索を通じて、グロバルな及び地域の問題解決のを模索するべきだとの立場に断固立脚している。 
      ロシアは、国連導的な役割が保たれているのであれば、際法至上義を支持する。その場合、際法は、あらゆる者にとって義務でなければならない。一部の々あるいは国家グループの利益に奉仕するため、選択的に都合よく適用されてはならない。」
    続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_07_01/274139813/

    プーチンはそこでこうもっています
    々は、アジアの伝統的な々のパートナー世界で益々重みのある役割を果たしつつあるインドベトナムとの関係を発展させるつもりだ。そして日本、そしてアセアンなど他の々との関係も強化したいと考えている。」

    現実世界はどうでしょう?
    ウクライナ問題を見れば如何に日本マスコミ一方的な見解しか提示していないかは明らかです。
    マスコミは利益追求集団と化しています。マスコミは確信的追求を権に対して行いません。NWOと言う概念を基にしての現状を見ればよりその感は深まります。なぜなら一方的な価値観に、まさに現政権は迎合しようとしているからです。プーチン日本に自制をめているのです。価値観の喪失は民族国家としての村立を自ら放棄するに等しいのです。

    安倍政権を打倒すべきではありません。打倒しても良いのですが、むしろレームダックにすべきという意見に賛成です。
    々はそろそろ世界と自を切り離して考える悪癖を捨てるべきです。少なくともインテリジェンスとはそういうものです。

    とかなんとか…ますますコミュメンが減りそうだwww
  • 保守主義と現政権の傲慢・注意

    2014-07-06 14:12
    さきほどのウォール・ストリートの記事については解説しておかなければならないと思うので書いておく。

    玉木市は構造改革論者である。
    ワタシはその真逆だ。しかしあえて玉木論文を引用したのは構造改革論者ですら日本の格差拡大は問題だと捉えていると言う事である。

    格差拡大は結局国家経済に寄与しない。格差が大きければ大きいほど需要と供給のバランスも拡大していく。その対処法として玉木氏のあげる構造改革は寄与しないとワタシは確信している。むしろ構造改革が進められた2002年から2008年を思えばそれは理解されない方が不思議だ。グロスとしての景気は拡大してもミクロの景気が一般に拡大することはなかった、どころか貧困は増加し、社会保障の改悪を連鎖的に生じさせた。

    労働分配率の悪化とジニ係数の悪化として明確に数字にそれは表されているのだ。
    構造改革が悪、だと言うのではない。
    政府がすべきでない、手を出すべきでない構造に手を出し、自然に働いている淘汰や進化を阻害するような構造改革こそが問題なのだ。
    これについてもまた書いてみたいと思う。