記事 4件
  • ALL THE WORLD'S STAGE 一周して企業支配とTPP

    2013-03-29 22:26  
    まさか、と思い呻吟しつつも冷静に見る時時として現実は想像の斜め上を行って過酷なまま実現してしまうと言う事実から目を逸らしてはならない。と保守思想故に自民党を支持する人にも伝えねばならないのだ。麻生太郎が再び同士で見舞えようと叫んだ夏、民主党政権後にこそナショナリズムを揺るがせる危機があるだろうと予想した声は確実にあった。企業支配とは利益追求思想であり、それは裏を返せば悪しき統制経済と言うあの共産主

    記事を読む»

  • ALL THE WORLD'S STAGE つづき

    2013-03-26 15:05  
    先般、某チャンネル社長が矛盾に満ちた言辞を吐露しているのを見た。女性の方、お許し下さい。「犯され、抵抗すれば殺されると自覚した女性が抵抗をやめたのを見た人が、その女性を売女と呼んだ…」日本は犯されつつある女性だという例えのつもりなのだろうが、それを隣で傍観していた男性?と言う存在について皆さんはいかがお思いになるであろうか?犯されつつある女性を助けない傍観者は共犯者である、と私は思うのである。それ

    記事を読む»

  • ALL THE WORLD'S STAGE

    2013-03-26 03:37  
    2010年01月30日12:29 不思議に思っていることがある。 それは今の状況、政治的経済的な世界的混沌が思っているほど単純な物ではないかもしれないと言う洞察にあるニュースを検証する内に訪れたからだ。 それはあの同時多発テロについて思い出す内に現在に続くある種の連続性があると思ったからだ。 今までも何度か同時多発テロの事には触れてきた。 あの事件はアメリカにとっては当然だが、同時に世界に対しても

    記事を読む»

  • 戦後レジームは脱却出来るのか?

    2013-03-16 16:18  
    15日、大方の予想どおりに(?)安倍首相はTPPに参加した。我が部屋の雑多な本の山の中に2010年4月号の正論が何故か廃棄もされずに残っていたのだが、その表題は「左翼ファシズムに奪われた日本」である。表題の論文の著者は西尾幹二だが、小さく「いまこそ戦後レジームを葬送しよう」と言う対談がある。対談者はTPP交渉参加を表明した安倍首相と金美齢さんである。誠に堂々たる保守的言論で対談は織りなされるわけだ

    記事を読む»