うんこを称揚するブロガー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うんこを称揚するブロガー

2014-10-06 23:24
  • 2

 今はこんなブログタイトルでブロマガやっていて、わりかし一つのコンテンツについて語っているわけですが、初めてブログを書き始めてから今日までどのくらい経っただろうと思ったら、07年にはてなダイアリーでブログを初めてからもうすぐ7年もたつんですね。いや長い。

 ただ長くやってるだけで何も実績や足跡を残せていない泡沫の見本のようなモノを7年間やり続けてきたわけですが、そうなってしまった理由ってなんだったろうなと。


 ブロガーの存在意義というのは、砂漠の中に埋もれるダイヤを見つけて世間にしらしめることかなと思いますが、果たして自分がダイヤだと思ってきたものが、皆には只のうんこでしか無かったんじゃないかと時々思うわけです。自分はそれらをダイヤだと思ってきた。「おーーい!!!!ここにダイヤがあるぞおおおおお!!!」と言ってきたはずだった。でもそれはダイヤじゃなくてうんこだったのかもしれない。自分はうんこをダイヤとして称揚してきたにすぎないのかもしれない。だから7年もやってきながら、築き上げたのは誰にも見向きもされないうんこの山でしかなったのかもしれない。自分はもううんこの臭いが染み付いたうんこ野郎で、何を言ってもオオカミ少年のように信用されないのかもしれない。ミスターうんこ野郎。


 世の中の、いわゆる何かを紹介するブロガーの人たちってどうやってそういう自信を保っていられるんだろう。自分が紹介するガジェットなりコンテンツなり、それがダイヤであると言い張れる根拠はどこからやって来るんだ?
広告
×
 見方や言い方を変えれば「俺にはダイヤなんか何の役にも立たない、俺にはうんここそが大事なんだ」と言い換えることも出来るよね、ということを書こうとしたら、もう既にVinegar56%さんが触れてくれていました。
http://sugoroku8383.blog101.fc2.com/blog-entry-763.html

 で、それがダイヤなのかうんこなのかという言い方をすると話がややこしくなるので、それが自分にとって大切なものなのか、そうでないものなのか、という言い方に変えて話をすると、本当にそれが大切なもので貴いものなのだと、そう思いたいのにそういう自信や根拠が持てないから、自分で自信や根拠を作るために書き残すのだろうと思います。

 自分は何かを紹介するブロガーではないので分からないけれども、ネットで文を晒す人は大なり小なりそういう所があるのではないかなぁ。自分の中で確たるものがあるのであれば、わざわざ書いて他人に確認したいとは思わないわけだし。

 ただどうしても、これまで自分が大切だと思ってきたものが大切に思えないことってありますよね。

 自分はそういう時、そのものについて他人がこれまで書き残してくれた言葉がないかどうか、藁にすがる思いでWEB上を探すんです。そうして他の誰かが残してくれていた文章を見ると、これを大切だと思っている人は自分だけじゃないんだなと思い、嬉しくなるんです。仕事で殆ど観れなかった土日のライブについての感想をわざわざ探すのも、そういう理由です。

 泡沫のように儚いその時の感情を書き残してくれているお陰で、後からその時の気持ちを振り返ることが出来る。アイマスについて振り返る時、沢山の人が残してくれた文章に混じってgouzouさんの文章が出てくる時、ずっと一日ずつ文章を繋げてきたことの有り難さを感じて、ああ、やっぱこの人には叶わないな、と思います。

 最近は全然反応できていないけれども、更新の度にいつも見ています。
 いつもありがとう。
62ヶ月前
×
 ごめん。ありがとう。
62ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。