• 最強香辛料はクミンシード

    2019-12-14 01:08
    クミンはガチでうまい。

    アルミホイルを広げ、その上に鶏肉を一口大に切っておいてください
    塩コショウ(と出来たらガーリックパウダー)を鶏肉にまぶします。
    そこにスパイスを一種類ぶちこんでください。タイムとかバジルとか、ローズマリーとか
    (油分がほしい人はそこにオリーブオイルをさらに)

    その中でもお勧めが、クミン。
    ガチでうまい。今度画像追加します。

    お勧めは<a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B014M1U43A/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B014M1U43A&linkCode=as2&tag=grang-22&linkId=24c91ead6ece6722053729f1f34598e6">クミンシード 100g 原型 ホール インド産 Cumin Seed Whole</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=grang-22&l=am2&o=9&a=B014M1U43A" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />ここ</a>


  • 広告
  • 頼むからハカをネタにしないで

    2019-06-19 02:03
    ラグビーワールドカップ(RWC)がいよいよ日本にやってきます。
    そこでは熱い男たちの戦いだけでなく、ニュージーランドのハカに代表されるポリネシア文化圏の戦いの前の儀式である各国のウォークライも見られることになります。



    ただ、ここで心配なのが、ホスト国として各国からのファンを歓迎すべき日本で、芸人が公共の電波を使ってこれをネタにしそうな日本の空気。自国の文化を冗談にする分にはいいが、それだけは絶対にやめていただきたい。

    その重要性が少しでも分かってくれる人が増えれば、誰かがネタにしようとしてる人に少しでもこれを拡散してくれれば、防げるだろうという淡い期待も含めて、「にわかファン」だけど、簡単にハカの歴史を説明してみる。

    まずは下の動画を見てほしい。

    ハカの歴史
    https://www.youtube.com/watch?v=ZbEtWN7wtow

    最初のうちはどうみても先住民たるマオリに敬意を表そうと、少々無理やりというか形だけでやっている。正直学芸会レベル。それが歴史を経るにつれて、まさにスタジアムと一体となり、ラグビーと国民統合を示すシンボルに変わっていっているのが、この動画を見るだけでわかるかと思う。

    そしていまや、学校教育でも教えられ、全て人に敬意や哀悼をささげる国民的な文化に発展している。亡き恩師に捧げるハカ、結婚式で捧げるハカ……。動画をみれば、言葉にせずともその想いが理解できるはずだ。



    https://www.youtube.com/watch?v=QUbx-AcDgXo

    例えば、日本の北海道でアイヌ民族への敬意を表すために学校教育でアイヌの伝統舞踊などを教えても、それがこのように根付く姿など到底想像できない(まぁ、日本の学校教育って何にせよ押しつけがましくて子どもたちも学校の言うこと斜に構えて受け取っちゃう部分もあるかもしれないけど)。それがどの男の子も、女の子も、少数民族(少数のエスニック集団)や先住民のの踊りであるハカをかっこいい、自分もやりたい、状況まで作り上げた世界でも稀有な例かと思う。もちろん、これでマオリに対する差別が0になったわけではないのかもしれないが、ラグビーという触媒と通しながら、国民統合のシンボルに育て上げたこと、それを少しでも想像すれば、これをネタにして公共の電波なり、SNSなりで流すなどという行為がどれだけ侮辱的なことなのかは誰もが理解できるだろう。

    他人が大切にしているものをけなすことは絶対にいけないことなのは誰しもが理解できるはずなのに、こと文化に関わることになると日本人は無頓着になりやすい。少し前にテレビで芸人がこれをネタにしてるのを見た時には本当に情けない気持ちになった。少なくともラグビー開催期間中にせっかく来てくれた各国のファンが日本のテレビで目撃しないことを祈る。

    最後に2つあるニュージーランド代表のハカのうち、「カマテ」と言われるハカの由来を語ってくれているニュージーランド出身の人の動画を見つけたの、それをみながらこのブログを終わりたい。


  • 鶏のムネ肉グリル(魔法の白い粉使用)

    2018-10-30 06:54

    BBQpitboys(動画タグだとリンク生成できないのかよ。はー、つっかえ。)で使ってるSPGを自作して味見代わりに鶏肉焼いてみた(前回の続き)
    SPGふりかけて、柔らかくなるようにワインつけて、1時間くらいおいて、グリルで焼くだけ



    塩(Salt):コショウ(Pepper):ガーリック(Garlic)の比率「2:1:2」でそれなりに美味しくできました。ただ、ダイエット中でムネ肉なのにオリーブオイル使わなかったのでちょっとパサパサ感が・・・基本はSPGとワインとオリーブオイルに漬け込んだ方がよさげ
    また、大百科や通販のパッケージの拡大写真に見てみると、ベースのSPGに加えて、パプリカパウダーとフェンネル、チリパウダーが入ってるっぽい。生ニンニクと違って、味に深みがないというかコクがないというか、そんな感じはしたので、そういうのをいれるべきなのかな。チリパウダーは好みがあるから後足しでいいかなとも
    パプリカパウダーは買ってあるけど、フェンネルはない。買うかどうするか・・・うーん、家がスパイスだらけになりそうだ

    パプリカ パウダー 粉末 100g スパイス ハーブ 業務用 Paprika bell pepper 甘唐辛子 ぱぷりか パプリカパウダー 赤

    フェンネルシード 100g 原型 Fennel Seed インド産
    ちなみに、おっちゃんはAmazonの中だとコウベグロサーズをよく利用しています。たぶん品質もいい気がする。ここのクミンシード100gのヤツを2カ月せずに使い切っています。クミンシード万歳