コロナとマスク2枚
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コロナとマスク2枚

2020-04-08 22:05

    誰もが例外なく受け取れるのがマスク2枚だけと分かったとき自分は失望したが、ある出来事をきっかけにこれは実に厄介な問題を含んでるじゃないかと気づき、考えを改めざるをえなくなった。

    2~3日前、事務所で個人的な会話をしていた時にマスクを持ってますかと聞かれ持っていないと答えたら、相手が2枚マスクをくれた。それは事務員の引き出しに別にしまってあったのでおそらく私物だろう。そもそも職場には職場のマスクが置いてあるので自分たちはなくても問題ないのだ。

    事務員は接触感染の対策なのだろう、ビニール袋を手袋替わりにマスクを取り出した。ビニール袋を裏返しにすれば触れずにマスクを袋ごと渡せると考えたものらしいが、袋から出すときに手を触れざるを得ないので気休めというか礼節だろう。

    しかし自分はマスクが「1枚」ではなく「2枚」だったことにえらく感動した。2枚というのは決して多い数ではないしその用途を考えたらむしろ少ないが、この状況下で自分のマスクを「2枚」も誰かに渡せる人間がどれだけいるだろうか。ケチではない自分でも「1枚」ならポンと渡せるような気がするが「2枚」となると善意の見返りのようなものが必要になると思う。要するに自分は私用のマスク以上のものを受け取ったことになる。


    こんな状況になってくると政府のマスク2枚も単なる飛沫感染防止以上の意味があるかもしれないと考える必要が出てきた。政府は単に1枚を洗っている間にもう1枚をつければいいくらいの思い付きで2枚にした可能性はある。ただ世帯ごとに2枚という話なのでそれすらも考えてないかもしれない。平均世帯人員が2.47人くらいなので学校で別途配るにせよ対象が5000万世帯では足りない世帯の方が多いはずである。

    足りない場合は厚労省で検討中とのことだが、あえて足りない段階でマスクを配ると発表した理由は家族の中で優先順位をつけさせるのが目的だからではないだろうか。祖父母につけるか、両親につけるか、子供につけるか、あるいは磯野家のようにペットにつけるか。需要に対して圧倒的に足りない医療資源(マスク)を社会(家族)の中で最高効率の分配をしなければならない。社会(家族)内部の新しいヒエラルキー(身分)が確立される。そういう将来を準備させるための社会実験なのではないだろうか。この古典的な問題に解答するのは至難の業だが、命の取捨選択はどうしたって避けられない。まして「2枚」なら医療資源を巡る協力も含めるので様々な展開や戦略が想定される。

    つまり政府は医療崩壊の相当先のことまで考えてマスク2枚を打ち出したことになる。冷たい方程式というSFでは限られた燃料を温存するために18歳の少女を宇宙に放り出すが、その場合少女が善意で「自ら」エアロックに入ることを暗黙の了解にしている。この保守派が好みそうな「美しい」自己犠牲を読者や他の乗員が期待した様に、政府が想定する医療崩壊後の社会政策には人の善意を喚起し利用する「冷たい」論理が伴うはずである。鴨長明は養和飢饉の際に母親が餓死している横で赤ん坊が泣いているのを見て、これは子供の命を優先させたなと感じ「その思ひまさりて深きもの、必ず先立ちて死ぬ」と書き残したが、今も家族はそういう途轍もない善意や利他主義をイメージとして喚起して自己犠牲へと仕向ける絶好の場ではないだろうか。

    コロナ以後の最適化した社会では自分にマスクをくれた事務員のような者は「進んで」犠牲になるしかない。「美しい」自己犠牲の背後にはその人自身や周囲にとってのっぴきならない葛藤があるのは言うまでもない。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。