ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

本日のサッカー観戦 J2 東京ヴェルディ 対 ジュビロ磐田
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

本日のサッカー観戦 J2 東京ヴェルディ 対 ジュビロ磐田

2015-11-01 23:06
    先週、先々週とアウェーが続いたので、なんだかすごく久しぶりな気がするホーム戦です。
    本日の相手はジュビロ磐田。
    現在自動昇格圏の2位につける昇格候補です。
    一時は勝ち点差2まで迫ったんですが、今となっては遠い過去のことですね。
    とはいえ、ここで上位を倒せれば自信になるし、今後の試合にも弾みがつきます。

    なお、試合前にギョーザ買おうとしたんですが、スタに着いたときには売り切れていた模様。
    というか、今日はなんだかすごいお客さん来てましたね。
    発表では1万6千人くらい来てたそうです。
    アウェーゴール裏もびっしり埋まってましたし、磐田サポも今季にかける想いは強そうです。

    さて試合は、前半から大きな動きがありました。
    前半25分頃、ヴェルディが攻め上がり、ペナルティエリア内に進入。
    これに対して、磐田のDFがハンドによる守備をしたそうで、これが一発レッド!
    さらにペナルティエリア内のファウルなのでPKゲット!
    これで圧倒的に優位になるか……と思いきや、このPKを磐田GKカミンスキーがセーブ!
    キッカーは南でしたが、これは南が問題なのではなく、カミンスキーが良すぎました。

    さらにそれから少し後には、磐田のエースストライカーであるジェイが負傷退場。
    数的優位、中心選手の不在と、ヴェルディにとっては有利な状況が出来上がります。
    当然ガンガン攻めますが、前半は点が動かず。0-0のままで前半を終えました。

    おそらく、多くの人は、この試合はヴェルディが優勢になると思っていたに違いありません。
    しかし、ハーフタイムを経て、試合は大きく様変わりしました。

    後半開始早々、試合を動かしたのは磐田。
    ヴェルディのDFラインが破られ、そのまま決められて0-1。
    こうなるとヴェルディは攻めざるを得ません。
    しかし、その前掛かりになったところを狙われ、その後はカウンターによって2失点。
    「なんでJ2にいるの?」というレベルの外国人、アダイウトンに2回ゴールを許し、0-3。
    ここまでくると、磐田は完全に守備に入ります。
    こうなれば1人少ない程度では何もハンデにならず。
    ヴェルディはほとんどいいところを作れずに敗戦となりました。

    相手は1人少なく、得点王を欠いていました。
    それでも、後半だけで3得点。
    さすがに、ずっと自動昇格圏を維持しているクラブは地力が違います。
    悔しいですが、これが今のヴェルディの力なのだと思います。
    一時は5連勝して3位につけたものの、その後は対策されて失速。
    そして今日、上位クラブに散々な負け。
    流れが悪くなると、まったく押し返せないのは、まさに力が足りないためです。

    選手たちは一生懸命戦ってくれました。
    今日の試合も、誰一人として手は抜いていませんでした。
    しかし、結果はこれです。飛車角落ちの相手にすら勝てないのです。
    この結果に、一番悔しいのは選手たち自身のはず。
    もはやサポーターから罵声を浴びせる意味はまったくありません。
    コアサポの皆さんもそう感じるのか、試合後の挨拶の際は、ずっとチャントを歌っていました。

    ここまで来たら、もうあれこれ文句を言っても始まりません。
    今シーズン残り3試合。もう一度プレーオフ圏に入るため、しっかりと準備して頂きたいです。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。