guntaの見聞録 10/22 そんなこともあるのよね
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

guntaの見聞録 10/22 そんなこともあるのよね

2016-10-22 00:00
    イベント10016 DistributedCOM エラーというキーワードでこのページにたどり着いた方へ。ページ下のほうに記載あります。こちらの環境では6つ発生しそれを解決しました。(2016/11/24 6つめが発生しました)
    あー。
    地震ですね。鳥取地震。
    半年ごとにこうした災害が起こるって、どうしちゃったんでしょうかね。
    ともあれ、被災された方は本当にお気の毒。一日も早い復興が望まれます。
    今年は本当に自然災害が多い年。マイナス思考にもなろってもんです。

    10/31にはハロウィン。ドイツのお盆みたいなものなんですけど、日本じゃすっかりホラーテイストのコスプレする日になっちゃいましたね。しかも9月くらいから息の長い関連商品展開が最近は見られます。もしかしたらクリスマスやお正月より商機があるのかな、なんて思ったり。

    さて。iPhoneユーザーです、私。
    今回触れる話は、iPhoneユーザーにはよく知られた話でしょうし、多分Androidでも同じような仕様なのかもしれないですが、まずはあまり調べずに起こったことをありのまま書いてみますね。

    ついうっかり、会社のロッカーに置き忘れたんですよ。家に帰ってから気が付きまして。
    iPhoneユーザーさんはご存知と思いますが、iCloudのサービスに「iPhoneを探す」ってサービスがあります。


    上の図では、下段、レーダーのようなアイコンがそのアプリです。
    これを使うと、今どこにiPhoneがあるのか、必要に応じロックをかけられるというセキュリティ上も安心できる機能も備わっています。

    でまあ、今回は「会社のロッカーに鍵を掛けて保管している」ことは間違いないので、
    どこにあるのかな?と悪戯心で「探して」みたわけです。

    こんな感じで表示されることを期待したわけですよ。
    緑色の丸アイコンが、iPhoneのある位置を示します。


    ところが…わがiPhoneは、建物の外にあることになっているじゃありませんか!


    …ということで、ここからはこの現象の、公式な説明を調べてみましょう。
    Apple「 iOS 8 以降のプライバシーと位置情報サービスについて」より

    iOS デバイスによる位置情報サービスの利用

    「位置情報サービスの利用を認めると、App (マップ、カメラ、天気など) や Web サイトで、携帯基地局、Wi-Fi、全地球測位システム (GPS)、および Bluetooth からの情報を基に測位し、大まかな現在位置を割り出せるようになります。」

    ということで、建屋の中の、しかもロッカーの中にある訳ですから、GPSやWi-Fiの電波が遮られる感度の悪い状況(Wi-Fiに至っては会社では利用できないんで切ってますな)になっています。よって位置情報の精度も低くなるという、当然といえば当然の理由でありました。

    家にいても、自分の家の場所でなく、別のところに位置アイコンが表示されたりしますから、実際に「探す」時は、参考程度と考えた方がよさそうですね。
    とはいえ上の理屈でいうと外にある場合(要は紛失した場合)は、結構いい精度が出るのかなぁ。試す環境と度胸はないなぁw。

    追伸)もちろん翌日、iPhoneはちゃんとロッカーの中にありまして、無事回収しましたよ。


    紫「本当にそうかしら。勝手に出歩いてたかも、知れないわよ。おさんぽ。くす」
    いやいやそれは…。いやまさか(w)


    え?「Windows10ユーザーなんだから、iPhoneじゃなくてWindows10モバイル対応機種を使えばいいじゃないか」ですか?そもそもが4Sからのユーザーなもんで。

    今のWindowsモバイルって、コロコロ名前変えてまして、今の名前になったのはつい最近発売された(る)ものでして。携帯キャリアも対応機種は出してますが、ねぇ。
    docomoとauはキャリアブランドではないという。

     VAIO  「VAIO Phone Biz」 (docomo) 2016/4/22
     HP   「HP Elite x3」    (au)2016/9/5
     SoftBank「SoftBank 503LV」 2016/10月下旬


    いや、もともと、そういうデバイスの垣根をこえたOSを目指すのが、Windows10の存在意義なはず、なんですが。

    NuAns NEOとか、なかなかいいとは思います。安いし(といっても5万円位)。SIMフリーだし。結構デザインも頑張ってるし。
    これはWindowsモバイル共通の仕様ですが、モニタ・マウス・キーボードつないでPCとして使える「コンティニュアム機能」てのもあるし。

    追伸)そうそう、今回任天堂が発表しました「Nintendo Switch」も、据え置き機と携帯機を一つで済ませようってところが、まさにこの「コンティニュアム機能」の発想ですね。
    来年3月発売予定とか。その筋の方は待ち遠しいでしょうねー。
    ニコニコニュース 2016/10/20(木)23:08 ファミ通.com

    任天堂の新ゲーム専用機の名はNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)! 家庭用据置型テレビゲーム機でありながら、外に持ち歩ける
    名前の通り、利用状況に合わせて形態をそれこそ「切り替え」て使うんですが、コンセプトは分かるのですが、なんか任天堂らしからぬというか。「部品なくしたら、高くつきそう」と感じました。「子供が遊ぶものという視点からの製品構造、強度はどうなってるんだろう」と余計なお世話なことを思ったり。スペックはまだ公開されてないのかな?

    Windowsモバイルに話を戻すと、従来のパソコンソフトが全部動くわけではありません。「UWP(Universal Windows Platform)アプリ」ってのじゃないと動かないそうで。Windows8のあの「アプリ」ってソフト群がそれです。
    旧来のマウスやキーボードがつながる訳でもありません。
    …それじゃだめじゃん。

    電話は、信頼性がないとだめでしょ」ってことで。

    *あくまで個人の主観でございます。モバイルはまた違う状況かもしれません。
    爆弾と同じで航空機に持ち込めない、発火機能不具合のものは論外ですけど。

    さて稚作SSは 第39話でございます―。

    幻想悲恋歌2 邂逅、その果てに 第39話(18禁)
    *要18歳以上のPixivユーザーログインID。ID自体の登録は無料です。

    *投稿一覧はこちら 幻想悲恋歌2 邂逅、その果てに

    終わりが見えました。ええ。それはもうさっぱりと。
    まあ、閲覧注意というか、ねぇ。ネタバレなんで。


    魔理沙「今回は「今日はなんの日」のコーナーなしだと」
    霊夢「あれも?毎回頭痛くなるWindowsがどうたらこうたら調べるよって奴も」
    魔理沙「帰省するんだとさ」

    霊夢「あらら。そういえば来週はもうコンプエース12月号の発売よ。早いわねー」
    魔理沙「楽しみだな。んじゃ、またな」
    霊夢「ばいばい♪」

    てゐ「えー!」
    鈴仙「今週終わり―!!」
    てゐ「いっぱい活躍したってのに、もー」
    魔理沙「たぶん月曜になんか書くんじゃね?知らねーけど」

    *書きました。下に土曜日からに日曜日にかけてw。


    追伸)未検証の、分かる人にだけわかればいいネタ。
    *詳細なやり方は、あえて端折ります。レジストリエディタとかも使うものなので。でも検索すれば情報は手に入ります。先駆者に感謝!

    イベント10016 DistributedCOM エラー
    (Windows10RS1で発生しているシステムエラー。なかなか直らなかった)

    「アプリケーション固有 のアクセス許可の設定では、
    CLSID {6B3B8D23-FA8D-40B9-8DBD-B950333E2C52}
    および
    APPID {4839DDB7-58C2-48F5-8283-E1D1807D0D7D} の
    COM サーバー アプリケーションに対するローカルアクティブ化のアクセス許可を、アプリケーション コンテナー 利用不可 SID (利用不可) で実行中のアドレス LocalHost (LRPC 使用) のユーザー NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE SID (S-1-5-19) に与えることはできません。
    このセキュリティ アクセス許可は、コンポーネント サービス管理ツールを使って変更できます。」



    APPID {4839DDB7-58C2-48F5-8283-E1D1807D0D7D}
    コンポーネントサービスでは「ShellServeHost」と読み替える。

    NT AUTHORITY\LOCAL SERVICE SID (S-1-5-19)とは、Local Serviceアカウントのこと。コンポーネントサービスには、「LOCAL SERVICE」と入力、設定する。




    魔理沙「原理はよくわかんないけど、エラーが出なくなったんだってよ」
    霊夢「…あのさ、下のイベント?の文章を素直に読めば、「ユーザー(U): LOCAL SERVICE」って書いてあるんだから、そのまま素直に入れればよかったんじゃないの?」



    魔理沙「あ、ホントだ。ちゃんと「LOCAL SERVICE」て書いてある」
    霊夢「…人間、素直さも大事よ。あと観察力ね」

    オイラは、下の@ITさまリンク先を見て、ユーザーの意味と記載方法に気が付きました。
    でも、霊夢の言う通りだわ。

    「天啓だった」(そしてパチュリーのドアップw)
    *元ネタ 「魔法使いは振り返らない!氷川 翔さま

    ITmedia 「@IT Windows Server Insider」  2009年05月08日 05時00分
    Tech TIPS
    Windowsのサービスで使用される「System」「Local Service」「Network Service」アカウントとは?


    参考)
    同じようなイベント10016 DistributedCOM エラーで、
    違うAPPID{F72671A9-012C-4725-9D2F-2A4D32D65169}での
    アクセス権を設定するユーザーは「SYSTEM」でした。
    コンポーネントサービスでの、APPIDの読み替えは
    「CDP Activity Store」とする記述も散見されましたが、僕の環境ではそのままの長いコードでした。




    要は、「ShellServeHost」の時に、「CDP Activity Store」のやり方をまねてコンポーネントサービスの設定で「SYSTEM」に入れようとしてすでに入っていて、訳が分からなくなったんですよ。
    分かってしまえば、なぁんだってことです。

    霊夢「ね、こっちは「ユーザー(U):SYSTEM」って書いてあるじゃない」


    11/22追記)
    霊夢「なんか、「「ようこそ さあ始めましょう」 (guntaの見聞録 番外編ショートショート2)」で「このCOMサーバーエラー、4つ発生してる」って言ってたでしょ? それに合わせてあと二つ、それと新たに見つかった一つ含めた全部で5つを紹介しますって」
    魔理沙「おー、紹介してくれ」
    霊夢「ただ、これやってもやんなくっても、そんなに影響はないんですって」
    魔理沙「レベル「エラー」だっけか。「すぐ対処する必要はない(きりっ)。」だっけか?」
    霊夢「(きりっ)とは言ってないと思うわよw」

    本当のところは、どうなんでしょう。「処理に失敗した」って言ってるわけですからねぇ。

    アクセス権を追加するサービスと、コンポーネント サービスに追加するユーザー

    魔理沙「この設定の方法は、「レジストリエディタでサービスの所有権を編集できるように変更し、コンポーネントサービス管理ツールでユーザーを追加、レジストリエディタでサービスの所有権をもとに戻すっていう、二つのサービスツールを行ったり来たりしてながら行いますので、結構面倒です」だとさ。だから最初にも言ってるけど、やり方は自分で調べるんだぜ」

    [1]APPID {4839DDB7-58C2-48F5-8283-E1D1807D0D7D}
     値 ShellServiceHost(上で紹介済み)
    →LOCAL SERVICE 追加

    [2]APPID {F72671A9-012C-4725-9D2F-2A4D32D65169}
     値(値の設定なし)(上で紹介済み)
    →SYSTEM 追加

    [3]APPID {316CDED5-E4AE-4B15-9113-7055D84DCC97}
     値 Immersive Shell
    →(ローカルログインユーザー)追加
    魔理沙「(メモ)「こるたなさんとユーザーとの関係」らしいぜ」
    霊夢「11/29の追記です。これだけ、ちょっとやり方が違うみたい。(メモ)「コンポーネントサービスでは「起動とアクティブ化のアクセス許可」の項ではなく「アクセス許可」の項に、ユーザーを追加する」んですって」

    [4]APPID {7006698D-2974-4091-A424-85DD0B909E23}
     値 Windows Insider Service 
    →LOCAL SERVICE 追加

    魔理沙「次が、追加で見つかったやつだぜ」

    [5]APPID {9209B1A6-964A-11D0-9372-00A0C9034910}
     値 Machine Debug Manager
    →(ローカルログインユーザー)追加
    魔理沙「(メモ)「Office のコンポーネントの一つ「Webスクリプト編集」がインストールされていると、OSのサービスに登録される」らしいぜ」

    11/24追記)
    魔理沙「なんかまた増えたんだってよ」
    霊夢「はあ?」
    魔理沙「(メモ)「RuntimeBrokerは、ストアアプリに関する、Windows必須のプログラムらしい」んだとよ」
    霊夢「(メモ)「暴走するとメモリを15%くらい奪ってしまうので、止めている方もいる」って、なによ」

    [6]APPID {9CA88EE3-ACB7-47C8-AFC4-AB702511C276}
     値 RuntimeBroker

    SYSTEM 追加

    魔理沙「でな、実はあと2つあるらしいんだが、こいつの環境じゃまだエラー出てないらしいんだ。環境の違いかもしれないって」
    霊夢「もったいぶらずに教えなさいよ」
    魔理沙「下に書くってよ。これは先人の記した貴重なメモだぜ」

    [7]APPID {b0316d0c-da2f-40e0-9f91-f600caf042dc}
    値(値の設定なし)
    ImeBrokerにSYSTEM追加 (関係ないかも知れない)

    [8]APPID {9E175B9C-F52A-11D8-B9A5-505054503030}
    値 WSearch
    →(ローカルログインユーザー)追加

    間違ってたらごめんなさい。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。