ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

guntaの見聞録 11/3 でかるちゃ-、どてかぼちゃー
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

guntaの見聞録 11/3 でかるちゃ-、どてかぼちゃー

2016-11-03 23:05
    *「twinapi.appcore.dll」といったキーワード検索でたどり着いた方。残念ながら本件は未解決です。解決しました。こちらをどうぞ。

    てゐ「文化の日」
    鈴仙「唐突ね。なんでまた」
    てゐ「11/3がお休みだから。でもそんなお気楽な話で出てきたんでないよ」

    どうも。急ぎあげないといけないネタがありまして。

    まず。これ。
    JAPAN Platform SDK(Windows SDK) Support Team Blog 2016年10月27日

    Windows 10 Anniversary Update の 日本語版 Microsoft IME 使用時に、不明なスレッドが生成される

    「現象 Windows 10 Anniversary Update の 日本語版 Microsoft IME 使用時に、Desktop アプリケーションのプロセス内に、不明なスレッドが生成される問題が確認されています」
    とはいえ。これは僕の環境では出ていない話。でも、きっと困っている方もいるんだろうな、ということで。なにしろわざわざ「日本語版IME」って言ってますからねぇ。

    てゐ「この人、マイクロソフトの味方なのか敵なのか」

    もひとつは、ソースは自分なんですが、まあこういうことがありまして。
    Windowsアプリ」という、タブレットモードでタイル状に出てくるプログラムがあります。RS1ではスタートメニューの右側に出てきます。
    スマホでいう「iOSアプリ」とか「GooglPlayアプリ」を思い起こしてもらえれば。
    てか、まんまそれを目指しているものです。

    簡単に言うとそのWindowsアプリの一部が、僕の環境では起動しないってことです。


    Apprication イベントレベル:エラー
    概要内容
    全般に示された内容
    障害が発生しているアプリケーション名: Solitaire.exe、
    バージョン: 1.0.0.0、タイム スタンプ: 0x58178454

    障害が発生しているモジュール名: twinapi.appcore.dll、
    バージョン: 10.0.14393.206、タイム スタンプ: 0x57daca78

    例外コード: 0xc000027b
    障害オフセット: 0x000000000006d1c4

    障害が発生しているプロセス ID: 0x2a6c

    障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d234fc5edbf577

    障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files\WindowsApps\
    Microsoft.MicrosoftSolitaireCollection_3.12.10310.0_x64__8wekyb3d8bbwe
    \Solitaire.exe

    障害が発生しているモジュール パス: C:\WINDOWS\SYSTEM32\twinapi.appcore.dll

    レポート ID: 17c5953e-7586-421c-8147-3d3171f10a83

    障害が発生しているパッケージの完全な名前: Microsoft.MicrosoftSolitaireCollection_3.12.10310.0_x64__8wekyb3d8bbwe

    イベントID:1000
    ソース:Application Error
    発見タイミング
    マイクロソフトの「アプリ」ソフト 「MicrosoftSolitaireCollection」がバージョンアップされたと、通知があったので起動しようとしたら起動しない。御覧のようにエラーが発生していた。

    Apprication イベントレベル:エラー
    概要内容
    全般に示された内容

    障害が発生しているアプリケーション名: CompanionApp.exe、
    バージョン: 10.1609.1609.12001、タイム スタンプ: 0x57d67860

    障害が発生しているモジュール名: Windows.UI.Xaml.dll、
    バージョン: 10.0.14393.351、タイム スタンプ: 0x5801a795

    例外コード: 0xc000027b

    障害オフセット: 0x000000000055b812

    障害が発生しているプロセス ID: 0x2408

    障害が発生しているアプリケーションの開始時刻: 0x01d234fe20cc79a4

    障害が発生しているアプリケーション パス: C:\Program Files\WindowsApps\
    Microsoft.WindowsPhone_10.1609.2561.0_x64__8wekyb3d8bbwe
    \CompanionApp.exe
    障害が発生しているモジュール パス: C:\Windows\System32\Windows.UI.Xaml.dll

    レポート ID: 999961d2-86f8-45ab-b324-a9d081715b78
    障害が発生しているパッケージの完全な名前: Microsoft.WindowsPhone_10.1609.2561.0_x64__8wekyb3d8bbwe

    障害が発生しているパッケージに関連するアプリケーション ID: CompanionApp.App

    イベントID:1000
    ソース:Application Error

    別途、こんなエラーも。
    アプリ Microsoft.WindowsPhone_8wekyb3d8bbwe!CompanionApp.App のライセンス認証がエラーで失敗しました: リモート プロシージャ コールに失敗しました。。詳しくは、Microsoft-Windows-TWinUI/Operational ログをご覧ください。
    イベントID:5973
    ソース:Apps
    発見タイミング
    マイクロソフトの「アプリ」ソフト 「モバイルコンパニオン」を起動しようとしたら起動しない。御覧のようにエラーが発生していた。

    「MicrosoftSolitaireCollection」ってのは、Winodows95時代からおなじみの、ソリティアっていうカードパズルゲームのことです。
    これが遊べないってことなんですが、
    推測される原因は、まあ「何らかの理由(多分に修復インストールでしょう)の際に、Windowsアプリのライセンス認証エラーを起こした。」
    ってことでないかと。自業自得ですなぁ。

    幸か不幸かWindowsアプリってそんなに使ってないんもんで。実害はない反面、使ってなかったんで、今発生したのか前からそうだったのかが、わからないという。

    この発見は「信頼性モニター」っていうアプリによります。
    昔の「コントロールパネル」→(カテゴリ表示の場合)システムとセキュリティの「コンピュータのl状態を確認」クリック→「セキュリティとメンテナンス」のウィンドウが開く→
    折りたたまれてる「メンテナンス(M)」をクリック→
    「問題レポートの解決策を確認」の項、「信頼性モニター」をクリック


    通常の「PC設定」→「更新とセキュリティ」→「更新の履歴」じゃこの履歴は出てきません。

    たまたま、自動メンテナンスでMicrosoftSolitaireCollectionが「WindowsUpdateに成功しました」ってアナウンスがあったんで、起動確認したら、このざまですよ。
    「需要なイベント」って項目にもしっかり記録されてます。

    てゐ「紅葉の季節だねぇ。まっかっか。信頼性が感じられないモニターの間違いじゃないの」
    鈴仙「いろいろ試していることもあって、それで、意図的に「重要」っていうエラーが出るんですって」
    てゐ「気の毒に…。ぱそこん」

    あ、ソリティアMicrosoftSolitaireCollection以外は、別に普通に使えてるんですよ。そういう意味では問題ないんです。そこのところお間違えないよう。

    という、検証途中ですがこんな話がありました、っていうチラシの裏な話でした。
    調べると、クリーンインストールは最終手段、やれることはいろいろある、みたいです。

    (ソリティアで遊べないのが重大、ってかたもいますよね、そりゃ) 11/4追記)ソリティアはインストールできましたし遊べます。このゲームのファンの方、よく調べなくてごめんなさい。

    ソリティア
    MicrosoftSolitaireCollectionは別物でしたね。
    はい。Windowsアプリ版「ソリティア」入れましたのことよ。問題なく動くアルね。




    魔理沙「いい加減クリーンインストールしろよ、往生際が悪いなぁ」
    霊夢「バカ?」
    パチュ「ほんとMね」

    …ってことなんだろうなと思いますw。

    Windowsアプリみんながみんなエラー起こすわけでなし、起こしていても使えるものもあります。上の例では緑色で囲んだ奴がそうで、「tunein」っていう、ラジオストーミングアプリ。まあ「radiko」みたいのなのです。日本各地のミニFM局なんでしょうか、が聞けたりしますよ。

    まあ、ほかにも
     ストア自体
     OneNote
     Defenderが6回更新
    なんてのもありまして、大変にぎやかな日でありました。

    これは上の自動メンテナンスとは違うんですが、
    intel HD Graphics530が更新されたてことで、手動で入手してあげました(21.20.16.4541)



    魔理沙「ま、探求心があること自体は褒めてやるぜ」
    霊夢「ところでさ、もう私たち出てこなくてもよくない?SS終わったんだしw」
    そんな寂しいことを…泣まあタグはつけませんけど。

    ただねぇこの動き、
    以下のニュースと無縁ではなさそうです。
    Macやスマホ、タブレットのほうは調べてませんけど、一般の方が利用してるネットワーク機器が、知らないうちに加害者側になって、自分の使っている機器も狙われるっていう話です。
    ITpro 2016/11/02 日経コンピュータ 清嶋 直樹さま

    アイ・オー・データの「ポケドラ」一部機種にtelnetで遠隔操作される脆弱性、販売を一時停止

    3/4追記)こっちの方が重大だったですね。
    ITmedia 2016年11月02日 11時41分 更新 佐藤由紀子さま

    Microsoft、Googleが暴いたWindowsの脆弱性修正パッチを8日に提供へ

    3/4追記)この件に対する、日本Microsoft「Japan Security Team」の投稿です。
    「お客様のセキュリティに対するマイクロソフトの約束」2016/11/4 JSECTEAM

    (原題「Our commitment to our customers’ security」
    2016 年 11 月 1 日米国時間公開)

    なんだろう、日本語のページ読み進めると、Adobeセキュリティ情報から、
    なぜか「Adobe Flash Player についてのページ」にリンクがあって、「有料のソフト」である「Adobe Animete CC」の購入ページにたどりついちゃうんですが??

    *最初該当ページにリンク入れてましたけど、商品購入誤誘導の恐れがあると考え、リンク切りました。購入はくれぐれも自己判断で。
    てゐ「いろんな思惑見え隠れー、業界の覇権争いw」
    鈴仙「たぶんここ、ふざけていいところではないと思うわよ」
    魔理沙「いや、どう考えてもジョークだろ、これw。」
    霊夢「うーん。どう突っ込んでいいやら」

     タイトルと、やってることが、結果かみ合ってないっていうか…。


    今後はこのブログ、新規記事は不定期に上げていくんでしょうねぇ。
    ではでは。

    霊夢「えー、やるのぉ。またね♪」
    魔理沙「くふふ。かわいいかわいい」
    霊夢「///うるさい」



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。