guntaの見聞録 12/18 こんな小春日和の
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

guntaの見聞録 12/18 こんな小春日和の

2016-12-18 20:51

    ミスティア「穏やかな日はー あなたのやさしさが染みてくるー♪」
    小春日和は、晩秋から初冬にかけて使う言葉じゃないかと。

    いよいよ今年も残り2週間。
    僕も泊りがけで職場の忘年会に参加して、ちょっとその反動でボーっとしてます。
    まあとりあえず。

    その8と、番外編 その二、ですね。あげてます。結構読んでいただいたようで。

    幻想悲恋歌(1)その8
    幻想悲恋歌(1)番外編 その二


    これにて、幻想悲恋歌関連のSSは載せきりました。
    なんだかんだと一年近くやったのかー。

    まあ、そのきっかけとなった「くだんの方々」は、一方の男性側は、新しい彼女(タレント)の不祥事のしりぬぐいで、1千万円の違約金を肩代わりしたとか。その彼女はこれで事務所退所出来た(事実上首)になったご様子。もう一方の女性側は、復帰にはこれしかないだろうという、「LINEのCM」で復帰とか。いい子キャラがまだ抜けきれないようですが、何も悪ぶる必要もなし、「今のまま」、イヤミみたいな「偽善的な胡散臭いキャラ」で「押し通せ」ばいいんでないですかねw。30年近く女やってて、そうそう変われるものでもないでしょう。
    各々が、各々の現実解を見つけ歩み始めている、ってのは、それがそれでよかったのでしょう。

    紫「なに?」
    呼んでませんw

    このタイミングでシリーズUPが終わったのも、なにか因縁を感じてしまいます。
    一作目の時は、当然この方たちのスキャンダルが起きる前でしたからね。「なんかこれ、「この人達」の事みたいだなー」とか、自分の中で勝手に盛り上がってました。

    ともあれ、本作にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。



    ミスティア「んで、しっかり一年のあれやこれや、忘れて楽しんだの?」
    まあ、ね。温泉ホテルの忘年会プランでバイキング。お手軽ですけどおいしかったですよ。
    ミスティア「まぁまぁ、ここでも少しやっていきなさいよ」
    そりゃどうも。温泉にもゆったり浸かれて、まあたまにはこんなのもいいでしょう。
    ここの連中は、年がら年中そんなことしてる感じですが。

    霊夢「あー、なんであんたがいるのよ」
    いや、ブログじゃずっと居たでしょうが。屋台に来たのは初めてだったね。
    魔理沙「さすがに群太の面影はないなー。ただのちっこいおっさんだな」
    当たり前だ。そんなのが本当に居てたまるかw。
    霊夢「まあいいわよ、おごってくれるんでしょ?」
    魔理沙「やった。guntaはいい奴だぜw」
    そういうときだけ(都合の)いい人かい…はいはいw。

    一同「お疲れ様でしたー!」



    原作の新作、続報が来てますけど、なんかタイトルが「東方憑依華」で、テーマは「憑依」と「エロ」なんだそうで。2VS2のカップリング対戦(タッグマッチ対戦?)にちなむものなのかな。格闘系ですけど、今からワクワクしている方も多いのでしょう。

    しかしまー、なんでしょう。
    「憑依」と「エロ」ってキーワード、何気に本作でも取り上げていたキーワードだったり。(まあ、偶然の一致でしょうけど)
    特に「エロ」は、「東方ではやらない」みたいなことを過去発言されていたのでびっくり。でも、ZUNさんなりのアレンジで、魅せてくれるのでしょうね。
    (キーワード含め本件内容に関しましては、公式情報をご確認くださいね!)




    といったところで。今回はどうも調子でませんが。

    てゐ「とおこのお話は、PC落ち着いてるんで、特に書くことないってさ」
    鈴仙「結構、まだうまくいかない人も多いみたいですけど」
    うちのは、とおこが頑張ってくれてるんでしょう。

    また、どこかでお会いいたしましょう。

    霊夢「じゃあね♪」










    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。