ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

guntaの見聞録 6/10 そんなアホなことあってたまるか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

guntaの見聞録 6/10 そんなアホなことあってたまるか

2018-06-10 11:38
    霊夢「ねえ、キモイものキモイって言っちゃダメなの?」
    魔理沙「人を見かけで判断しちゃ駄目だぜ」

    そんな話を先週しましたね。
    だがしかし、こんな、日常が非日常に変わるなんてこと、にわかには信じられないですよね?
    くしくも、「秋葉原通り魔事件」から10年の節目を過ぎたというタイミングがまた、因縁を感じます。
    ニコニコニュース 2018/06/10 07:12時事通信社
    凶器持ち込み首狙う=計画的、強い殺意か-新幹線殺傷で逮捕の男・神奈川県警

    「走行中の新幹線内で3人が刺され、男性1人が死亡した事件で、殺人未遂容疑で逮捕された自称無職XXXX容疑者(22)は複数の刃物を持ち込んだ上、被害者の首付近を中心に狙っていたことが10日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警は計画的な事件で、強い殺意があったとみて事件当時の状況などを詳しく調べている。」

    *初出実名を記載しましたが、精神病院の通院歴があることがわかりましたので表記自粛いたします。


    その容疑者の風貌がですねぇ、どこにでもいる、ごく普通のお兄さん。今後報道で人となりが明らかになるのだとは思いますけど、

    魔理沙「あー、「おまえら」みたいってやつだな」
    霊夢「それ、ぜんぜん一般的じゃない。「おたく」っぽいってことでしょ」

    自宅から「たくさんの〇〇が押収された」とかそんな「結論ありきの報道」がたくさんされるのかなーって思うと、いやになります。
    例の*「紀州のドンファン」と言われている方の「怪死事件」も、まー勝手な報道ストーリーで報道被害が出ている感じが否めません。

    *ニコニコニュース 018/06/05 14:35バズプラス Buzz Plus より。このバズプラスさんは「ワイドショーはそういう風に決めつけて報道しているように感じる」と、私と同じことを言っているだけで、この会社が決めつけた報道をしているわけではないのでそこはお間違えなく。そんな事情もありますので内容は引用しません。

    車内で何の前触れもなく切りつけられる、車内迷惑行為の最たるものですが、こうなると防ぎようがないのが怖いところ。
    こうなってくると、高齢者や障碍者、けが人、母子等の弱者乗客に対する譲り合いとか、迷惑行為者への牽制とかも難しいものになりますね。

    魔理沙「君子危うきに近寄らずだぜ」
    霊夢「でも見過ごすわけにはいかないじゃない」

    追記> 6/9の今事件では、女性に切りつけたところを男性が制止した際に返り討ちとなって受傷(馬乗りになられてめった刺し)、結果亡くなられたという経緯だそうで。まさに魔理沙の言うとおりかも知れないですねぇ。

    6/11追伸>
    被害者の女性と、被害者の方が務める会社より、弔意が示されました。
    時事ドットコムニュース 2018/06/11-18:04
    「○○さん「世界で活躍、夢見て」=会社上司、悲報に涙-新幹線殺傷」

    「研修終了後、○○さんに「また来週」と声を掛けたのが最後のやりとりとなった。男性は「(容疑者に対し)強い憤りを感じる。ご家族のことを考えると非常に悲しいし、無念」と声を絞り出すように語った。」
    *本ブログでは匿名とします。

    と、同時に、このことも言っておきましょう。
    「武器を持った対象に対し、武装解除を行うことを「ディスアーム」といいます。ですがこの動作は訓練されたものでないととっさに行うことは難しく、素人は容易にまねをしてはいけないそうです。」

    参考 真似してはだめです>


    「また、相手が素手で攻撃してきた場合、その攻撃をいなして反撃を行った場合は、後に相手から逆に暴行罪で訴えられ、正当防衛とは認められずこちらが先制攻撃、過剰防衛したものとみなされて有罪となるケースもあるそうです。」
    参考:「弁護士費用保険の教科書」

    どこまでが正当防衛?過剰防衛で罪にならないために知っておくべきこと

    霊夢「私は妖怪退治のプロだから、危険には飛び込んでいくけど」
    魔理沙「私もだぜ」
    霊夢「魔理沙にはあんまり無茶してほしくないんだけど。あんた人間なんだし」
    魔理沙「それはお前もそーだぜ」
    きみらはぴちゅんしても残機ある限りゲームは続くでしょうか。

    故人の遺徳は遺徳として尊重したいと思います。
    ですが後述もしていますが、実際にそんな場に出くわした場合、対応の難しいものとなりますね。



    まあたとえ話ですけど、指定席をとったお母さん。赤ちゃんを膝に抱えての長旅は、やっぱり赤ちゃんはぐずり泣き出します。しかも悪いことに、周りのお客さんは団体が固まって座っており酔っ払いの大騒ぎ。その親子のことなと眼中にありません。
    ますます赤ちゃん落ち着きません。

    そんな時、その隣の指定席に座っていたら、あなたならどうしますか?
    気にしませんか?何か助けてあげようとしますか?席まで譲ってあげますか?

    お母さん、たまらずデッキに逃れて、赤ちゃんをずっとあやし続けます。
    お母さんの持っていた大きなトートバックだけが、隣の席に置かれたまま。
    隣の人は、お母さんが目的地まで下りるまで、その荷物番をしてあげましたとさ。
    お母さんだからって、予約席に座れないなんて気の毒すぎます。

    魔理沙「それってguntaの体験談でないの?w」
    霊夢「どーかしら。お母さん、変な奴が隣で嫌だったんじゃないの?」

    ほっとけ。
    うーん。「小さな親切大きなお世話」になるのかなぁ。今どきは。



    なんか「ひそまそ」と、「ダリフラ」(6/10に振り返り配信ありますね!)の事書こうかと思ったのですが、大きな事件があったので、そちらに触れました。

    ではでは。

    追記>
    JRでは、新幹線の場合「多目的室」というものがあって、
    体の不自由な方優先ではありますが、体調を崩された方、授乳のためでも利用できる場所があります。
    普段は鍵が掛かっていますが、車掌さんに申し出れば鍵を開けて使用することができます。
    先約などでいつでも使える場所ではありませんが、そんなことも覚えているといざというとき役に立つかもしれません。

    他鉄道会社まで調べきれてはいませんが、
    どうしておダメなとき、救いの手はあると思います。助けを求めてくださいね。

    JR西日本 おでかけネット 
    列車でのサービス 小さなお子様連れのお客様へのサービス

    山陽・北陸新幹線では、全ての列車に「多目的室」を設置しております。「多目的室」のご利用はお体の不自由なお客様が優先となりますが、お体の不自由なお客様のご利用がない場合には、授乳や着替え、お客様の体調の思わしくないときなどにご利用いただけます。ご希望の方は乗務員までお申し付けください。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。