guntaの見聞録 1/26 大坂さんは、やっぱり大坂さんだった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

guntaの見聞録 1/26 大坂さんは、やっぱり大坂さんだった

2019-01-26 20:32
    いやー。
    とうとう、その域にたどり着きました。大坂なおみさん。

    guntaの見聞録 9/12 君らしくってなにさ
    で取り上げました。その後もいろいろありましたけど。

    「大坂さんは、大坂さん以外の何者でもない」ことを、証明しましたね。

    試合もドラマチックにフルセット、これは盛り上がる内容でした。
    両者に賞賛を送りたいと思います。


    春日 歩「豆ちしきー。大坂さんはな、大阪さんやないんやで」
    ちよ「大坂なおみさんは、大阪さんのことじゃないです」
    大阪「せやったわ、私は春日 歩や、大阪やない」
    ちよ「そうですけど、大阪さんは大阪さんです」
    大阪「せ や か ら、あ た し は 大 坂 やない、大 阪 や」
    ちよ「…(もう大阪さんはめんどくさいですー)」




    魔理沙「勢いでなんかめでたい事を先に書き込んだみたいだが、本編はこっちか」
    霊夢「て、これ前と日付けが変わっただけみたいだけど?」


    えー、とおこさんクリーンインストールしました。そりゃもうすっきりと。
    やはり、WindowsUpdateの失敗が、今回は修正ができないということで、ほかにも支障が生じかねないということで、泣く泣く実施いたしました。
    OSインストール時間自体は30分もかかってません。いや速いです。
    他のソフトをインストールする環境構築に半日かかりました。

    OS部分とデータ部分は別にしてますんで、保管したいデータはしっかりそのまま残してあります。

    クリーンインストールで起こったこと

    1)コルタナさんがインストールをガイドする

    2)MSアカウントでログオンした場合、勝手にユーザー名を付ける

    3)パスワードの代わりにPINログインの設定を強制する

    4)勝手にPC名をつける

    5)デフォルト、起動時のサウンドが鳴らない
    (Windowsスタートアップのサウンドを再生するのチェックを入れると再生する)

    6)ロック画面が洞窟病になる。

    7)なぜか、クリーンインストール前のIEの閲覧記録が残っていた

    8)追加)一人で使っているのでスリープ復帰後ロックしないようにしてたのにそれが初期化された。
    (サインインオプションの変更は、Proや Enterprise版限定ですが、グループポリシーから変更します。
    (1)「コンピューターの構成」 「管理用テンプレート」 「システム」 「電源の管理」「 スリープの設定」を開く。
    (2)[コンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを要求する (電源接続時)] と [コンピューターのスリープ状態の解除時にパスワードを要求する (バッテリ使用時)] を、それぞれ [無効] に設定。



    2)、3)、4)は
    MSアカウントでログオンを選んだがために起こった感じです。自分でローカルログインIDやコンピューター名を指定できなかった、ということですね。
    一応、後でコンピューター名は変更することは可能ですが、ユーザーは、新規に作ることになりますね。
    *物は試しでユーザー名を変更してみましたら、表示名は変わりました。が、物理的なフォルダ名はそのままでした。はえー。

    7)は、IEの設定をデータディスク側に置いていたからのようです。

    意外と苦労したがiTunesの環境移動。iTunesを再インストールして、iTunesのデータがはいいているディスクのフォルダを指定すればいいだけなのに、なにか思い違いして、プレイリストが読み込まれない事態に。あらためてバックアップのプレイリストを回収して、フォルダを整理して再度指定しましたら、ようやく元通り。

    追記)Windowsにおける正確なiTinesのフォルダ構成は以下を参考に。
    apple:WindowsのためのiTunes: iTunes の [詳細] 環境設定

    魔理沙「なんか過去の上書き再インストールの時に指定を間違えて、iTunesのデータが入れ子状態になったんだぜ」
    霊夢「入れ子って、同じものが二重に入ってたってこと?」
    魔理沙「例えると、iTunesってフォルダに、楽曲のデータフォルダが入っているとすると、さらにiTunes+楽曲のデータフォルダという構成で入れ子になってたんだぜ」
    霊夢「倍になってたってことじゃない、同じものなら無駄よね」
    はい、データドライブに余計なデータが入っていたことになります。60GBくらいかな。これも削除してすっきりしました。



    もうひとつ。iTunesのプレイリストやアルバムは、以下の設定をしないと、一曲づつしか再生しない、アルバムを通して再生しないったんですね。すっかり忘れてました。

    ・iTunes画面左上、編集(E)メニューバーから、環境設定(F)を選択して、
     下のような「一般環境設定」ウインドウを開いて設定します。

      表示「リスト表示のチェックボックス」のチェックを外す。



    てゐ「ん?またこの話?(カンペ見ながら)」
    鈴仙「たびたび私たちに読ませてた、あれですか」
    てゐ「読むよー。「スリープから勝手に再起動するという問題がしばしば発生することが報告されます。今回クリーンインストールすることによって、OS環境が一新したのでこれについて確認してみます」だってさ」
    鈴仙少なくとも、27日の2:00に、自動メンテナンスによるスリープからの復帰はしなかったのですよね?」

    はい。


    1/26 23:18にスリープ、
    スリープ解除が1/27 6:12。
    自動メンテナスで指定した2:00には解除やってませんね。

    またタスクスケジューラー「UpdateOrchestrator」の中身はこんな感じ。


    てゐ「謎が謎を呼んでいるわけだねワトソン君」
    鈴仙「だれがワトソン博士なんですか」

    いえまあ、「勝手にスリープが解除しない」し、
    自動メンテナンス自体はスリープ解除した6:12にやってるので、別に困ってないからいいんですけど。

    HDDからSSDにデバイスが変わってきたことで、メンテナンスもすぐ終わるということも、関係しているのかもしれませんね。

    次のメジャーアップデートが来ますからねぇ、どうなりますやら。

    てなところで。

    追記)powercfg -waketimersで確認すると、以下の電源制御がスケジュールされてます。
    どっちにしても自動メンテナンスで設定している時間ではないですね。
    鈴仙「19:42:29 (2019/02/09) で有効期限が切れます」ってありますね。
    C:\Windows\system32>powercfg -waketimers
    [SERVICE] \Device\HarddiskVolume7\Windows\System32\svchost.exe (SystemEventsBroker) によって設定されたタイマーは 19:42:29 (2019/02/09) で有効期限が切れます 。
    理由: Windows は、スリープ状態の解除を要求したスケジュールされたタスク 'NT TASK\Microsoft\Windows\UpdateOrchestrator\Backup Scan' を実行します。
    てゐ「guntaが間抜けってわけじゃない、だとw」

    霊夢「そういう時は、素直に何がタスクに入ってるか見るんでしょ?」
    魔理沙「Backup Scanって書いてあるな」

    はいはい

    霊夢「「2019/02/09 19:42に起動」「まだ実行していない」とあるわ」
    てゐ「これくさいね」

    ただねこれ、通常の管理者権限では操作できないのよ。


    霊夢「どういうこと?」
    チェックボックスがグレーアウトしてると、操作できないの。
    これ、前確認したことがあるんだけど、変更の手段がないわけじゃないけど、結局設定しても元に戻った記憶があるのよね。

    魔理沙「まー、やってみればいいじゃん。馬鹿の一つ覚えを一つ直したんだから前と環境変わったんだろ?」
    ですな。検証して、続報を報告しましょうか。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。