【Dead Frontier2】スキルの効果について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Dead Frontier2】スキルの効果について

2019-10-25 01:16



    スキルについての解説ページです。
    あくまで個人的な意見ですので参考程度で自分の考えでのスキル振りをおすすめします。
    また、アーリーアクセス版なのでアップデートのたびにスキルの評価が変わる事があると思います。

    各スキルは現状最大5レベルまで振る事が可能でキャラクターのLvが5、10、15、20でスキルレベルの上限が解放されます。スキルポイントを貯めておいて上限解放されたらポイントを振るという事も可能です。
    キャラクターは消してすぐ作り直せるのでアクションが増えるスキルを試す事も可能です。また、Lv10位ならすぐなのでスキル振り失敗したと思ったらキャラクターを作り直してもいいかもしれません。その場合は別キャラ作ってアカウントスタッシュに装備を入れておきましょう。スタッシュは全キャラ共有です。

    スキルは拠点(アウトポスト)のTrainerに課金コンテンツですが100Credit(約500円)支払う事で再振りが可能です。


    • Sprinter
    移動速度に関わるアクションが追加されるスキル。
    Shiftキーを押すことで一定時間画面左下のスプリントゲージを使用して加速する事が出来る。
    スキルレベル1につきSprit Speed(スプリント速度)、Sprint Duration(スプリントゲージの最大量)、Sprint Cooldawn(スプリントゲージ回復速度)が5%ずつ上がる。

    現状は移動関係はSprint型とJog Speed型のスキル振りスタイルに分かれている。
    Lv30エリアに出現する特殊Tendrilは移動速度がかなり早いので特殊Tendril相手にはSprint型が有利だが、スプリントゲージの管理と他のボスと通常移動にはJog型のが楽なので現状はJog型のが流行っている。
    Jog型は装備を整えないと特殊タイタンや特殊テンドリルが厳しいのと短距離移動ならSprint型のが速いので好みによると思います。Sprint型も装備が整えば強いです。


    • Jogger
    移動速度に関わるスキル。
    Sprinterと違ってこちらは通常移動速度(Jog Speed)をスキルレベル1につき5%ずつ上げることが出来る。
    Jog Speedは+30~40%程あればLv25エリア以降の特殊ボス3種までは対応出来ると思います。ボスの速度には個体差があるので確実とは言えませんが、特殊Titan相手にには+60~65%、特殊Tendril相手には+75%以上あれば通常移動だけで追いつかれて後ろから攻撃されるという事は無いでしょう。
    Jog SpeedはIce CoffeeやEnergy Drink等の10分間バフアイテムで+5%。武器、ズボン、靴にLv30装備で1部位最大18%効果が付くのでJog型ならズボンと靴はJog Speed付きのを使いましょう。
    Prestige目指してレベル上げでTendrilとかTitanとかを無視するならJogger Lv3+靴とズボンでJog speedでもいけます。その分を他のスキルに回すといいかな。

    自分はSprinterを切ってJog型を使用しています。なぜJog型かというとボス戦でのスプリントゲージの管理が面倒、特殊Tendril以外のボスはJog型の方が楽、ルーティングが気楽に出来るからという理由です。
    ただ、今後Lv40~50エリア実装で新しいボスやゾンビが実装するのでどうなるか分からないのとSprint型の方が素早く移動できるのでJog型かSprint型かは好みによると思います。


    • Kick boxing
    取得するとAltキー(銃を構えた状態だと右クリック)でキックアクションが追加されるスキル。
    キックは最大3体までの敵に多少のダメージを与えて敵を吹っ飛ばすことが出来る。
    個人的にはスキルポイントを使って取る意味はあまり無いと思います。キック特化でどうなるのかは分かりませんが。


    • Quick Reflexes
    取得するとSpaceキーでモーション中無敵の回避アクションが追加されるスキル。
    ゾンビのゲロを回避出来たり、走ってくるゾンビやボスミュータント相手にも緊急回避として使える。
    ただし特殊Tendril相手には無敵終わって移動するまでの間に攻撃されるのでTendril系のボス相手にはあまり有用では無い。特殊Titan相手の場合は射程が長い右フックタイプだった時には特殊Tendril同様に無敵終わって移動する間に攻撃される場合があります。他の攻撃タイプの特殊Titan相手には有用です。
    低レベルのうちから取る必要は無いと思いますが、高レベルになって必須スキルが充実した後に取得すると便利です。自分は1だけ取得しています。


    • Stelth
    取得するとCtrlキーでしゃがんで敵に気づかれにくくなるステルス移動アクションが追加されるスキル。
    敵に気づかれてない状態で近接攻撃すると5倍のダメージを与えるSurprise Attackになる。ステルス中の銃撃には効果は無いので注意。
    Stelth中の移動速度はかなり遅めでどちらかといえばソロ向けのスキルです。Ctrlキー押しっぱなしのまま近接攻撃を繰り出していれば、ゾンビの死後出てきたワームや他のゾンビにも気づかれにくいという事もあります。
    近接を使うならあったら便利だが取得するにしてもLv1まででいいと思います。個人的には銃特化型のビルドには必要無いと感じました。


    • 〇〇 Expert(武器エキスパート)
    戦闘ダメージに関するスキル。
    銃のエキスパートはスキルレベル1につきHeadshot DamageとBody Damageが武器攻撃力の5%ずつ上がり、Aim Speed、Attack Speedが5%上がり、照準枠の最大値と最小値が5%ずつ下がります。
    近接武器のエキスパートはBody Damageが5%ずつ上がり、Knockbuckする距離とStunさせる時間が5%ずつ上がり、近接武器のAttackSpeedが5%上がる。

    自分がボスに使う武器のExpertを取得するのがいいと思います。武器Expertの複数取りはあまりお勧めしません。Prestigeを終わらせたLv30のキャラクターなら複数取りは有りだと思います。
    個人的にはLv25以降のエリアで近接攻撃を使う場合。ボスやゾンビ相手にショットガンやサブマシンガンを使う場合はExpertが必須だと思います。
    ピストルやライフルは後述のMarksmanスキルを取得する事でExpertを取ってなくても使いやすいです。もちろんピストル特化やライフル特化の場合はExpertの取得はいいと思います。


    • Head Hunter
    戦闘ダメージに関するスキル。
    銃のHeadshot Damageがスキルレベル1につき武器攻撃力の5%ずつ上がる。増えるのは銃での攻撃のみで近接攻撃には効果が乗りません。
    ゾンビとボス両方に効果があるので銃特化ビルドの場合は取得したいです。近接+銃のビルドの場合はダメージ調整用に取るのがいいと思います。
    Lv25エリア以降の特殊ゾンビのHPがLv15~20エリアの1.5倍になって50%の確率で走ってくるので近接だと危険なので前より取る価値が高くなったと思います。


    • Exterminator
    戦闘ダメージに関するスキル。
    Infected(特殊ゾンビを含むゾンビ)に与えるダメージがスキルレベル1につき武器攻撃力の5%ずつ上がる。
    銃でのBody Damage、Headshot Damage、近接攻撃のBody Damage全てに効果が乗ります
    ボスに比べゾンビとの戦闘が多くなるので初心者ならおすすめのスキルです。Prestigeを行ったプレイヤーは使う武器、防具に付いているダメージUP系の効果を考えてダメージ計算をして取得するのをオススメします。


    • Hunter
    戦闘ダメージに関するスキル。
    Mutant(Lv10エリアから出てくるボス)に与えるダメージがスキルレベル1につき武器攻撃力の8%ずつ上がる。
    銃でのBody Damage、Headshot Damage、近接攻撃のBody Damage全てに効果が乗ります。ただボスミュータントに近接は危険。
    相手がボスミュータントに限られるがスキルレベル5で武器攻撃力の40%もダメージが上がるのでボスに使用する弾を減らしたい、ボスを早く倒したい場合はオススメです。ただ、初心者の場合や低レベルの内はHead Hunterの方が優先度高いと思います。慣れたプレイヤーなら低レベル取得も有りです。


    • Assassin
    戦闘ダメージに関するスキル。
    Human(他プレイヤー)に与えるダメージがスキルレベル1につき武器攻撃力の8%ずつ上がる。
    PvPが下火かつPvP Rank1ボーナス(PvP Champion)は手伝ってくれる方いれば簡単に取得出来るので取る意味は正直ないと思います。

    Rank1ボーナス(PvP Champion)の取得方法は鍵部屋作ってフレンドに手伝って貰って相手を殺し続ければ取得出来ると思います。殺す相手が低Rankだと貰えるポイントが少なく時間がかかりすぎるので出来るだけ高ランクを殺させてもらった方が稼げます。(Rnak10プレイヤーを1Kill/1Point、Rank1プレイヤーなら1Kill/10Point)

    自分はRank1なので相手がいない場合はこのブログへのコメントかDiscordのぐれー#6415かツイッターのぐれーにメッセージくれれば手伝います。ただ、取るのにそこそこ時間がかかるので時間取れるときの対応になります。




    • Reloading
    スキルレベル1につき銃のリロード時間と銃の装弾数が10%ずつ上がり、Walk Speed(リロード中の移動速度)が5%ずつ上がる。

    銃特化ビルドならかなり優先度が高いスキルです。ボスにしか銃を使わないプレイヤーでもある程度取った方が楽だと思います。
    Lv5まで取ると銃の装弾数(Ammo Capacity)が+50%になって2発しか入らない銃(Sawn-off shotgunなど)の装弾数が2から3に増えてボス戦で非常に使いやすくなります。

    Ammo Capacity75%以上?(77%で確認)でSawn-off shotgunの装弾数が4発になってさらに使いやすくなります。


    • Marksman
    スキルレベル1につきAim Speedが10%ずつ上がり、Rangeが10%ずつ上がり、照準枠の最大値と最小値が10%ずつ下がります。

    銃特化ビルドなら武器Expertと同様に低レベルのうちからでも最優先で取った方がいいです。このスキルの有り無しで銃の使い勝手が全然違います。
    元々の照準枠が非常に大きいショットガンや照準を絞らずに連射するサブマシンガンを使うなら常に最大レベル取得が安定です。ライフルビルド、ピストルビルドでもスキルレベル4位は有った方がいいと思います。
    武器Expert取ってないピストルやライフルをゾンビ用のサブウェポンで使う場合もMarksman最大値だと使いやすくなります。


    • Quick Shot
    スキルレベル1につきAim Speedが10%ずつ上がり、銃のAttack Speedが10%ずつ上がる。

    銃特化ビルドでもMarksmanに比べて優先度は低いです。これを取るならMarksman最大値取ってからでいいと思います。
    武器Expert取ってないピストルやライフルをゾンビ用のサブウェポンにするならMarksman最大値取った状態で1か2位あると便利です。
    サブマシンガンとは相性がいいように見えて相性はあまり良く無いと思います。クリック1回で1発しか撃たないつもりでも高レベルのQuick shot取ってるとクリック1回で3発撃ってたりするので1か2位でいいと思います。
    でもヘッドショット狙わずにボディ狙いのサブマシンガンビルドだったらQuick shot高いレベルで取るのも有効だと思います。弾薬の消費は激しいですがボス瞬殺が可能です。


    • Brute Strength
    スキルレベル1につき近接攻撃のノックバック距離とスタン時間を10%ずつ上がる。
    近接攻撃使うならMelee Expertにもノックバック距離とスタン時間を増やす効果が付いているのでいらないと思います。Lv5まで取れば凄いんだろうか?銃に乗るのだったら取る価値はかなりあったと思う。


    • Looter
    スキルレベル1につきSearch Speed(ルート箇所を調べる時間)が10%ずつ上がり、Superor、Rare、Eliteアイテムの出現率が10%ずつ上がる。Eliteアイテムの出現率が1%なら11%になるんじゃなくて1.1%になります。

    初心者はこれを取得するなら火力UPスキルを優先させた方がいいと思います。余裕あればレベル2位あるとルート箇所を調べる時間が体感出来るくらい早くなります。装備にSearch Speedが付いてる場合は無くてもいいと思います。
    自分は建物ルーティングを結構やるのでレベル2か3位取ってる場合が多いです。


    • Mule
    スキルレベル1につきInventory slotが10%ずつ上がる。元々のInventory数が20なのでスキルレベル1に付きアイテム所持数が2上がります。
    防具の体とズボンにInventory slotの効果が付きます。ちょっとお高めかもしれないけど+30%とか40%とか付くので所持量30枠とかはMule取ってなくてもいくので別に取らなくてもいいと思います。


    • Trucker
    スキルレベル1につき車のVehicle MPGとVehicle Inventory Slotが10%ずつ上がる。
    初期は車のトランク容量が10と低かったけど今は20が基本になったので別に無くてもいいと思います。これを取るならいい車のパーツ付けた方がいいです。


    • Fast Learner
    スキルレベル1につき取得経験値が5%ずつ上がる。
    初心者はこれを取らずに火力UPスキルを上げて戦闘を楽にした方がいいです。Prestige中のプレイヤーは取得した方がPrestige1回にかかる時間が結構違うので取得した方がいいと思いますがレベル10位まではすぐ上がるのでそれからでもいいと思います。


    • Toughness
    スキルレベル1につきHPが15%ずつ(元々のHPが100なのでスキルレベル1につきHP15)上がる。
    特殊ゾンビや特殊ボスからの被ダメージがかなり高いのでLv25以降のエリアの場合はHPが初期値の100だと結構すぐ死にます。

    防具の体やズボンや武器に+%Healthや - Incoming Damage(被ダメージ軽減) が高い数値で付くことがあるので防具で取れるなら優先度はそこまで高くありません。Tendrilなどの強敵をソロしたりスキルポイントが余ったら保険に少し取ってもいいと思います。


    • Medic
    スキルレベル1につき回復アイテムの効果が15%ずつ上がる。
    現状ではこれ取るならToughnessでHPを増やした方がいいと思います。将来的にHP200以上が普通になるようなら取る価値もあると思います。


    • Survivor
    スキルレベル1につき食料、水アイテムの効果が20%ずつ上がり、食料、水の消費が5%ずつ下がる。
    食料、水アイテムはある程度成長したら困ることは殆ど無いから正直罠スキル感あります。初心者でも取らなくていいです。


    • Thick skin、Immun system
    スキルレベル1につき各状態異常にかかる確率が20%下がる。
    状態異常は感染が一番かかることが多いので取るとしたら感染の確率が下がるImmun systemの方だけどスキルポイント消費する位なら状態異常回復アイテム使った方がいいので取らなくていいと思います。


    • Lock picking
    スキルレベル1につき鍵がついたドアを開ける確率が10%ずつ上がる。
    ロックピックはLock piickingスキルを取得してないと使えません。Lockpickingを取得した状態で鍵を持ってないドアを調べると自動でロックピックを試してくれる。
    ただ、1つのドアにつき1度しかロックピックすることが出来ないので失敗したら鍵で開けるしか無い。
    スキルレベル1だけ取って装備でロックピック盛って鍵探しせずに最速でボス回りたい人用かな。


    • 他記事へのリンク
    ・アップデートや告知の解説記事
    ・キャラクター育成とスキル振り、プレステージについて
    ・敵ゾンビとミュータントボスについて
    ・ダメージ計算式について
    ・装備と装備に付く効果について
    ・よくある質問とTips




    • ブログで使用、引用する内容や画像はDead Frontier2公式に権利があります。Dead Frontier2公式、英語Wikiから引用、使用させていただいてますが問題がある場合は削除しますので指摘していただければと思います。
    • こちらのDF2のDiscordグループに参加させていただいています。(開設者ではありません)https://discord.gg/ydfxKBm
    • またこちらのコミュニティでたまにDead Frontier関連の生放送をしますので見て頂ければ嬉しいです。


    ・Dead Frontier2 公式Blog
    https://deadfrontier2.com/
    ・Dead Frontier2 Steam 販売ページ
    https://store.steampowered.com/app/744900/Dead_Frontier_2/
    ・Dead Frontier2 英語Wiki
    http://deadfrontier2.wikia.com/wiki/Deadfrontier_II_Wiki

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。