ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

ウマ娘、サポートRシンボリルドルフを使ってみた感想、デバフ構成
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ウマ娘、サポートRシンボリルドルフを使ってみた感想、デバフ構成

2021-05-06 21:08
    どうも、ネルヒモです。最近はウマ娘に嵌まっていてほとんどの時間をプレイに当てています。

    競技場用にデバフのウマ娘を育成しようと思ったところ、デバフのスキルを沢山持っているシンボリルドルフが目に留まりました。

    結論から言います。使えませんでした。理由は少し複雑なので順に説明したいと思います。


    Rシンボリルドルフ(40レベル)賢さ
    強さ:スピードボーナスがあるので賢さ練習でスピードもそこそこ上がる。
       デバフスキル(4種けん制)、先行のコツを持っている。
    (スキル:好位追走、逃げ~追い込みけん制、束縛、先行のコツ、地固め)


    弱さ:ヒントレベルを持っていない。
       練習性能は少し低め。(レアだから仕方ない)


    競技場でデバフを使う事の強さは何かと考えた時に、
    A、スキルポイントが軒並み安い。130くらい。
    B、発動率が高い(○○けん制、○○焦り、○○ためらいは高確率で発動する)
    C、モブブロックを期待する、差しウマ、追い込みウマを(場合によっては先行ウマも)後退させる。

    この辺が肝となっていると俺は分析している。デバフ自体は対戦プレイヤーのウマ娘に対して微弱のデバフモブブロック効果を期待するものと思っている。

    最悪、効果が薄くても少ないスキルポイント(けん制、焦り、ためらいは130ポイント)で発動率が高いのでポイント稼ぎにも良いのだ。


    Rシンボリルドルフの問題点
    ヒントレベルを持っていない。これに尽きる。弱さで述べた練習性能の低さはそもそもスキルのために入れているサポートカードなので問題ない。弱いけど、レアでも完凸なのでそこそこくらいの性能はあるからだ。(SRの無凸くらいか?)
    また、スキルが多すぎてデバフスキルがもらえる率が少ないのもきつい。

    モブブロックを期待する場合、欲しいのは逃げと先行のデバフである。前にいるモブウマ娘を後退させて壁にするのが目的だからだ。

    この場合、逃げけん制先行けん制が特に欲しいスキルになる。
    <ちなみに束縛はデバフだが、「レース終盤、後ろの方に」なので使えない。>
    ヒントをもらっても8つのスキルから、一つでしかもヒントレベル1でもらっても117ポイントで全然おいしくない。
     マーベラスサンデーならヒントレベル3で30%引きでスキルが貰える(91ポイント)。また、同じスキルには二回目で最大の5のヒントになるので、誤爆が少なくなる。もっというなら、ヒントレベル3で逃げためらいを取ってしまえば、先行ためらいが来る確率も上がるのだ。他のスキルも有能なので早めに取って、スキルを潰して「ヒントの枠」を狭くするのも効果的だ。

    そして、賢さのサポートカードのアグネスタキオンが「逃げけん制、ヒントレベル1」を確実にイベントでくれるため、そっちでいいやんとなった。


    そして、プレイした方ならご存知だと思うが、マーベラスサンデー逃げためらい先行ためらいを持っている。実はスキルが5つのマーベラスサンデーでさえ、逃げためらいと先行ためらいを両方もらえるのは結構難しい。体感、50%前後で高くとも70%はいかない感じである。当然ながら、両方のスキルが貰えて育成が上手くいった時が成功である。スキルが貰えたからって下振れ(ある程度は妥協するにしても)やURAがクリアできないなら育成失敗だろう。

    デバフ構成は育成の難易度が高めだ。スキルを貰う運ゲーと育成を成功させる実力と運が必要だからだ。

    最後に、短距離用でデバフのウマ娘でそこそこのサクラバクシンオーができたので貼っておきます。参考になれば。エースの、逃げのマルゼンスキーをサポートしていい仕事をします。(これで先行ためらいがもらえれば完璧だった。)











    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。