ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)の感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイドルマスターXENOGLOSSIA(ゼノグラシア)の感想

2013-07-07 11:59
    バンダイチャンネルで見ました。月千円で見放題動画のみ見放題(全部は見れない、特定の動画は追加料金が必要) アイドルマスターXENOGLOSSIAは見放題動画なので大丈夫です。
     第一話は無料配信されてるので、気になる人はチェックしてください。

     面白かったです。これはアイドルマスターか?と言えば外伝アイドルマスターでした。ロボットが出てくる時点で、外伝だって割り切っているからでしょうか。千早とあの人が酷いとか、ネットの感想で多かったですが、敵キャラがおかしいのは気にならなかった。そういう立ち位置、役柄と思えたからです。

     あくまで、これはこれ、それはそれと、分けて見れる人でないとキツイとは思います。

     原作の設定の違い、声優の違い、や何で?アイドルマスターのキャラを使わなきゃいけないのか、とか言いますが、俺が興味を持って見ちゃったんだから効果はあったって事ですね。
     当時の人気、コンテンツ力では、企画が通らなかった。儲かりそうになかった、アニメはお金が掛かりますからね。単品じゃ無理だったと予想できます。


     キャラクターも全員が満遍なく出番があって、良かったです。全員がいい立ち位置を占めていた(当たり前なんですが)、役割分担がきちんと出来ていたと言えます。女の子がパイロットの王道ロボットアニメだった、アイマスキャラクターを使って出来たとも言えますね。

     ゼノグラシアキャラの原作との違い。
     原作とほぼ一緒のキャラクターは、春香、律子、伊織。
     やよいはお姉さんキャラが強く出て、春香の親友ポジション。
     亜美はしっかり者になってた。子供で双子の部分を活かした。子供で天才の立ち位置。
     真美は隠しキャラみたいだった。
     真は見た目等のクール部分を抽出、クールに見えて無理をしているキャラになった。カニが好き。
     雪歩はおとなしい美少女キャラ成分。よく寝る、寝惚ける(美希?)設定になった。胸がでかい。
     千早とあずさはキャラかぶりの所為で姉妹になった。

     対になっているキャラ。
     春香と千早はライバル。伊織と真もライバル。春香と伊織は友達でありライバル。やよいと伊織はよく喧嘩する。雪歩のお姉さまは千早。真のお姉さまはあずさ。千早とあずさは姉妹。よって、雪歩と真も対になっている。

     これだけ、見てもらえれば適当にロボアニメに、アイドルマスターのキャラを出した訳じゃないのは、分かると思います。雪歩の出身が青森とかね、CDで「津軽海峡冬景色」を歌ってたりするし、設定はしっかり伝わってると思います。

     ロボットアニメにアイマスキャラを出したら、こんな感じにしかならなかったと思います。普通にロボットアニメとしては、面白いです。アイマスファンの人として、そのロボ部分(しかも、それが主体)がほぼ腑に落ちない点、だと思うので、当時の力不足を恨むしかないですね。俺は気にならなかったから、面白かったです。声優が違うのも外伝だから、それはそれで。みんなうまいし。


     
     
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。