ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

FEHの2021の正月ガチャの仕様を嘆く理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

FEHの2021の正月ガチャの仕様を嘆く理由

2020-12-28 20:32
    どうもぐみんです。

    FEHが新しい超英雄ガチャを発表しましたね。いつもならシルエット出してからなのに急にこの日に出したという事は、今日が2020年の仕事納めという事でしょうかね?軽いツイートならこれからもするでしょうが。

    で、今回のガチャちょっといつもと事情が違っていて、ガチャの仕様に対して一部で嘆いている人が多いです。私も「ん?これおかしくね?」と思った側の人間です。

    なんで?と思っている人もいるみたいなので軽くまとめて見たいと思います。

    ピックアップに去年の超英雄が混ざっている

    まあ一言で言えばこれに尽きますね。今年はピックアップに2020年の正月ガチャのキャラが混ざってしまっています。これが一部の人にとって何を意味するか。

    それは、星5すり抜けによるピックアップ上昇率のリセット確率が上がったという事です。ピックアップ以外の星5を引いた場合、下がる確率は1体につき2%までで済みますが、2020年の正月ガチャはピックアップ扱いなので、引いてしまえば確率完全リセットです。

    「2020年の超英雄は興味なく、2021年の超英雄のみ欲しい人」
    「逆に2020年の超英雄のみ欲しい人」
    「すでに2020年の超英雄はもう持っていて既に要らない人」

    こういった人はただすり抜けのリスクが上がっただけになる為、誰得状態になります。

    特に、すでに2020年の超英雄は持っている人が損ですよね。ダブリますから。その中でも10凸勢なんて運営とってもユーザーにとってもとてもありがたい存在なのに、そんな人たちが一番損をする仕様なわけです。

    新規キャラのガチャがこのスタイルを続ければ、どうせ抱き合わせするんだから、今年無理に引いたら来年のガチャの時ダブるし、今年は引かなくていいやって思われ引かれなくなります。=売り上げに影響するわけですね。

    これが2020年と2019年の旧ガチャ同士のものだったらそれほど文句も出なかったでしょう。ガチャも年を追うごとに増えてたし、本当に欲しい人は抱き合わせガチャをされる前に、ガチャをするべきだし仕方ないねとなっていたでしょう。

    でも今回はいきなり新規のキャラと旧キャラのピックアップ抱き合わせですから、そりゃ一部の人が怒るのも当たり前です。

    せっかくガチャの仕様が変わり、評価が上がっていた所に今回の仕様のガチャですから
    「すり抜け少し改善されたと思ったら、そういうことねフェーちゃん」
    ってFEHのガチャに対する評価を上げて下げてしまった展開になりました。しかも今回は天井なしですからね。いやすり抜け確率上がったんだからこういうガチャこそ天井つけろよ!って思った人は多いはず。

    あくまでも今回の正月ガチャのみの仕様ならまだマシなのですが、次回の新超英雄ではどうなるか要注目ですね。それではまた。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。