第12回MMD杯本選・アニメ地霊殿OPについて+個人表彰しましょう(その1)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第12回MMD杯本選・アニメ地霊殿OPについて+個人表彰しましょう(その1)

2014-03-09 09:14
  • 2
初めまして。ぐやもこたんと申します。

ツイッターでは長すぎるけど、動画にするには完成までたどり着かない…
そんな内容を 供養 世に出すために生まれたのがこのスペースです。



これまでブログやホームページを始めて更新が途絶えなかったことが無いので、ここもいずれ
そうなりそうですがw、上記のような内容を書くにはちょうどいいかな、と思ったので。


初めての記事は、先日行われた第12回MMD杯についての内容です。



【第12回MMD杯本選】アニメ「東方地霊殿」オープニングを作ってみた

皆様のご声援のおかげもあり、
テーマ「王」部門賞:松
『サブタレイニアンアニメ賞』を

頂くことができました!
(888


1年ぶり・2回目の受賞となりました。
11杯?なんですそれは


早速振り返ってみましょう。
今回の動画では、以下の点を目標に制作を始めました。


・制作速度の上昇

自分自身が抱える、一番の問題点だと考えました。

90点の動画を半年かけて作る、そんな時期は大抵みんな通る道であり、1本の動画を
時間をかけて作る経験は大切かと思います。(私自身、1本に1年かかった作品があります)

しかしその段階は過ぎ、80点の動画をそれなりのスピードで生み出せる練習をしたいと
考えました。

制作スピードが早いことはそれだけで武器になります。

私が知る方々のうち何人かは、ビックリする程のスピードで動画を仕上げます。(今杯優勝した艦これ動画の人、前杯優勝したルパンな人、方向は違いますがAEメインだと七○さんとか)

動画を次々投稿できる事は、自身の経験値と宣伝効果においてとても有効です。
ガソリン切れで放置…ということも少なくなります。


そんなわけで、短期間での完成を目標にして正月休みから制作を始めました。

動画コンテの導入
AE上での制作フローの改善(レイヤー整理など。AEオフの発表がとても
参考になりました)、メリハリをつける(動かすところは動かす、動かさないところは(ry )
などに留意し制作しました。


(メインコンポジション。制作中にシーン分けが適当になることが多かったが、今回はシーン分けを厳密に守り制作した)



(各レイヤーにも名前付け。レイヤー名(ソース名)の横にコメントを追加できることを知り、非常に分かりやすくなった


(このようにレイヤーが増えてくると、確認に時間を取られる事が多くなってくる)



結果的には、自分が納得できるクオリティの動画を初日21時に投稿することが出来ました
(仕事的に時間が取れたなど運がよかったところもありますが)


それでもラストの霊夢vsお空のシーンは前日に作ったのでまだまだですね…



(恒例のなんちゃってトラン○ム。第4回ニコ童祭OPの霊夢、第10回MMD杯の文に引き続き3回目)


(実は袖がビヨ~ンと伸びてますw)



後の目標は
・再現なしにどこまで出来るか
前々杯が再現モノ(テイルズオブエクシリアOPを程々に再現→sm20119309)だったので
構成はオリジナルにしようと思いました(アニメあるある表現をふんだんに使いました)
ポンポコPの予選から「複合MAD」という分野を知り、何度も見て参考にさせて頂きました。
・HAToon2の導入
かっつりトゥーンだとどうしても材質ごとに調整が必要だったので、やらずとも良さげだった
HAToon2を導入しスピード向上を図りました

・新技術の導入
AEの話になってしまいますがTrapcode Mir、シェイプレイヤー、カメラの練習

・なんちゃって板野サーカス

ミサイルの密度がなぁ…なんつーか(あ、実際の地霊殿の魔理沙ミサイルは誘導しません)

・MMMの嘘パース機能の導入

これは挫折しました…私にはちと早かったようですw


・お空かっこいいんだよ
私の動画制作の軸「かっこいいものを」を今回はお空さんで。
かなみさん/アールビットさんのお空モデル、非常に使いやすかったです。
本当にありがとうございました。


(黒髪で長髪、大きな翼にマント、緑のリボンにスカート。そして大火力パワー系。萌えますな)


以上を導入しながらの受賞が目標だったので、大方達成できたのではと思います。
全体を通しての個人的な満足度はエクシリアよりも高いですね。


仕込んだネタ(?)にも気づいて頂いたようで何よりです。

・イントロ(夢とか、希望とか、罪とか、罰さえも)

この部分はキャラの名前やイメージ、バックボーン+地霊殿前のシリーズからの人選です。
早苗さん、原作にちゃんと出ているのに最初で最後の1カットです



     (→最後の1カット。慈悲はない)


・サビ入り、霊夢のスキマ回避

 お空のよく分からない弾を回避する際、スキマに入って回避しています。
 確か3~4フレームだったと思うのですが、コメントして下さった方がいて嬉しかったです。
 魔理沙はにとり装備、オプティカル・カモフラージュのイメージでバリアを張っています。
                     

・さとりとこいしの補色関係

「古明地さとりと古明地こいしの服装の色が、色反転するとお互いの色に近くなる」
らしいとの情報を得て、「これ使って『深み』ってやつを出してやるぜー!楽勝だ!」と
反転させてみました…

がっ…駄目ッ…!!(ぐにゃぁ


当たり前です。モデルの作者様も違いますし、テクスチャだって違うんですから。

泣く泣く、出来る範囲だけマスクで切り抜いて色を塗り替えてありますw
それでも気づかれた方がいました。有難いことです。

このシーン、こいしは目を閉じ、さとりは目を開けます。

個人的にお気に入りのシーンです。



こんなところでしょうか。
もう少しタイトル画面を工夫したり、霊夢に魔方陣加えたかったりしたのですが、
初日21時投稿を絶対条件として見切りました。

コメントは…自分の動画にこれだけつくのは珍しいので嬉しいですw
杯運営の方も第7話をご覧になったようですね。いやあ、どこで見れるんですかね…

プラズマァ…とコメントした人はDiGiTAL WiNGとHalozyのCDを買いましょう(お勧めです)

(↑大丈夫!ちょっとボタン押すだけだから!)



自分の動画に関しては以上です。
納得いくものが出来たのも、たくさんの皆さんの作品・御協力・御声援があってのもの。
本当にありがとうございました。





<第12回MMD杯の所感?+個人表彰その1>

杯に参加された方々、運営の方々、マイリスト投票に参加してくれた方々、
お疲れ様でした!
今回は力作ぞろいでしたね、視聴者としてもとても楽しめました。



実は10月か11月かそこらだったかな、最初の予定での12杯の参加作品は

「艦これで『進撃の巨人』自由の翼OP再現」
でした(構想だけのファイルもまだあります)

しかし当時モデルもそこまで揃っておらず、あと「誰かやるだろ」と思ったり(予言的中)
色々な理由から没になりましたが、やらなくて良かったですw

うに何とかさんが作ってくれたので、もう満腹ですね!


角川さんは別に今回じゃなくても良かったんじゃないかなーとかも思いましたが、
選考を頑張ってらっしゃったようですし、まあ終わった事ということで。

これまでの御三家、さらに艦これも参戦し、ますます目が離せなくなりましたね!





ここからはわたくし「ぐやもこたんが選ぶ個人表彰」です。8888
(オフ会で会うような面子以外にしました)



優勝:【第12回MMD杯本選】I MMD U【・Д・】





ごめんなさい、ぶっちぎりです。
何回見たか分かりません。

同じ「王」テーマで素晴らしい動画はたくさんあったのですが(上位ではドルアーガの塔や、残機99とか)個人的に受賞してくれて嬉しいですw


第10回MMD杯本選で予想外の方向から権利者削除を食らったろんちーのさんが、
原作どおりの自虐ネタを繰り出してきて笑うしか無かったです。


バカな作品(ほめ言葉)ですが、モーション、カメラワーク、全て計算されています。
日常動作モーションが一番難しいように、自然に視聴できる作品が一番難しいのです。




日本って素晴らしい!!!!




長くなったので、個人表彰その2に続きます。
読んで頂きありがとうございました。






広告
×
冒頭のキャラクター選択は合点がいきました。どうして最後がフランだったのかずっとわからなかったですが・・・なるほど。そしてエネルギー>空につながるのですね
69ヶ月前
×
>yukiさん
コメントありがとうございます!
最初の語りがアニメOPを連想させたところから、この動画は生まれました。
普段、語りはあまり好きではないのですが、この曲は何故かピンときましたね。
69ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。