• Twitterアカウント凍結についての考察

    2016-07-03 21:391
    電話認証が必須になってからのTwitterのロックの仕方が酷すぎるので経過を公開

    普通に使えていたアカウントが急にロックがかかる
    電話認証が必要だと告げられて携帯の電話番号の登録を求められる

    その時の選択肢はまだ「SMS」「電話で番号を教える」の2択を選べるので
    一時的には「電話で番号を教える」を選択で1分も掛からないで電話が来るので
    その番号を一旦控えてコードをロック画面にて入れてロック解除

    普通ならばこのまま使えるのが現在iPadやiPhoneで艦これをやっている人が
    Flashが使えないので海外サーバーを経由してミラーブラウザで使っている人が多いんじゃないでしょうか?

    ロックがかかった翌日市役所に行く事になってiPadを持参 ミラーブラウザでTwitterを
    使った瞬間にロック!

    電話番号とIPアドレスの紐付け作業をやっているTwitterから見ると日本のIPアドレスで
    登録したアカウントが海外からログインされているのでロックをかけただけで極々自然な
    形に見えなくもない。

    ロック解除の番号をティッシュの箱に書いて捨ててしまった直後だったのでもう一度
    PCから電話認証をしようとしたらなんと、電話をかけるの選択肢が無くなっているではないか!

    普段AUのガラケーを使っているので登録済みの番号からしかショートメール(SMS)を受けない設定になっているので、AUにSMSで専用電話番号に「解除」と書き込んで電話帳以外と
    海外キャリアからの受信を可能な状態にする(2回メールしないと駄目)

    しかしTwitterからメールが一向に届かないのでログインが出来ない上 友人に
    自分の自分のアカウントを見てもらうとフォローがゼロになっている状態に 色々調べたが
    この状態は凍結? 

    旧アカウントを掘り起こすつもりは無かったけど一旦削除した(使っていないメアド)で
    新規で登録したら削除済みのアカウントが普通に生きてるじゃないか!

    メアドを増やす気が無いので旧メアドで復旧して使うこと2日目でまたもやロック
    ここではもうロックの理由が見当たらない SMSが届かないのでまたもや電話をかける選択肢があるので使うが、途中でフォローゼロ状態になってしまいまたもやロック

    旧垢→新垢(最近まで使っていたメイン)→旧垢(新垢の電話番号に引き継ぎ)
                             ↑
                          電話番号自体がTwitterのロック対象に
    なっている可能性が高い事を認知

    削除済みのアカウントが生きていたり電話番号で自動ロックをかけたりとちょっと使いづらくなってきたTwitterには、真っ更なメアドと電話番号が必須

    新規でエキサイトメールアカウントを取得して母親の携帯を借りてTwitterの新規アカウント
    を作ったら普通に動くようになったので、何回もロックがかかる人は電話番号を疑った方が
    良いかもしれない。

    正規のコードを入れても弾かれる状態になるので正攻法で攻めても駄目なモノは駄目と諦めた方が圧倒的に早い 

    動きが不穏な相手に論理的な回答や行動を求めても駄目なのでオール新規がこれからのやり方じゃないだろうか? 

    しかし新規で電話番号を取得出来ない人は多少の出費は覚悟して格安の通信SIMで一時的に電話番号を取得する方法しか思いつかない docomoの中古機と通信SIMの購入費、解約費とバカにならない金額になるのでTwitterを使わない家族の電話を借りるのが現実的だけど、必ずしも家族が近くにいるとは限らないし、その辺は人それぞれという事で考えてほしい。

    現在新規でTwitter登録を行うとGmailやOutlookと紐付けするかって選択肢も出てくるので
    今後はTwitterを使わないネットライフスタイルを模索しないと駄目な気がする。
      


















  • 広告
  • 公営競技の資金投入について

    2015-10-26 15:58
    僕の場合は公営競技では3倍を目標に投票する訳なんですが、競輪で負け続ける人の買い方
    を少し紹介

    低資金 大体1000~1万程度 この資金額だと全ツッパで投票しても1レース分あるか無いか
    って所でしょうか 5点張りで20レースなんて買い方もありますが、不効率すぎて3倍に増やす
    なんかマズ無理 

    確かに100円スイチで当ててから10万とかもたま~に出来ますが偶然達成とかのレベルの話

    全体テーマとしては投票回数を減らす以外、大幅プラスなんかあり得ないと僕は考えていて
    ある種の法則性の開拓(約15年掛かりました)をやる訳なんですが、トライする内容は

    1 頭が堅いレースでヒモ荒れ期待で散らして投票
    2 1~2着が動かないレースで3着だけ絞って投票
    3 ひたすらオッズ投票で20位以内だけ投票
    4 普段負けてるのにピンと来た選手から下手な絞り投票
    5 ワイド、3復で低資金で広めに受けて当たる率を上げる方法
    6 スポーツ新聞の目を軸に投票
    7 兎に角良さそうなレースがあれば投票

    1~3は特に2は攻め方としては正攻法と言われる古典投票方式ながら的中率を6割以上キープ
    出来れば必ずプラスに転じる我慢の投票方法ながら夢が全然無い所がポイント

    1に関しては中間配当が期待できるがガミリスクが非常に高まる上ベースの2単で買ってた方が良かったケースも多いので今考えると難しい買い方

    3に関しては自分での読みを一切排除して投票資金を固定化出来る面で優秀な買い方なんだけど一切考えなしでの投票は確実に負けるので非推奨な買い方

    4は低資金な人に多い錯覚投票 普段から見えてない(研究不足)のにイキナリ閃くなんか
    まず僕の考えからしてあり得ない 確かにたまにあるだろうけど、しょっちゅう見えてるならば低資金での運用もありえないって話(家立っちゃうよ!)

    5的な買い方はお金を殺す買い方 3復は3単で拾えない場面での押え的な面が強いので常に使う投票方法としては弱い

    6は平日の真昼間から投票できる仕事環境の人でPC環境が無い情報が少ないが選手から展開予想をする負け達人の方法

    7な人はひたすら競輪選手と上位団体に寄付し続ける事で快感を得るタイプの人

    なにやら星占いみたいな文面になってきた感はあるけど大体は該当するパターン紹介でした

    買い方や投票方法で結果が違ってくる原因が少しは見えて来たでしょうか?
    1~7で研究をやり続けてるのが唯一2だけ 抜けても已む無しと絞った上である程度の弾を
    込めての投票だけに低配当ながら(実は低配当ばかりでは無い)研究しているが故に中配当でも投票してる本人とってはド本線な訳でバチッとハマれば高額払い戻しが待ってる訳です

    後は8があって現場投票に固執する人 確かに走ってるのを見るのも愉しみの一つかもしれませんが、現場に置いてるマークシートが大負けを誘発する最悪の構造

    未だにフォーメーションが1本軸でしか購入出来ないのかが謎 ストレート3単で5組
    フォーメーションで1本軸まで最大56通り
    BOX購入で504通りまでいけるけど非現実的 

    3本軸紐流しって購入が出来ないので現場だと投票に手間がかかるので単純化してしまい抜けてしまった人がどれだけ多いか 

    仮に現場に行くのが趣味であってもスマホかタブレットで投票する位現場では買わない方法を是非推奨したい所 

    今回のネタは資金投入のポイント 
    自己資金の10%がMAX 5%が普段の平均で1ヶ月やってみてはどうでしょう?
    ルールは配当金を次の資金に転用しない

    原資が3万だった場合 1日に使って良いのは平均1500円 MAXで3000円 
    資金が1ヶ月後(転用してない金額)どうなってるか一度試してみては?
  • 競輪でプラスにもって行きたいなら必読 

    2015-08-23 13:081
    久々の更新です

    競輪を始めてから結構経ちますが、大幅プラスって中々ならないのが現実です、
    原資が仮に10万円あったとして、当月プラス300%あったとして原資が10万円なので20万の
    プラスになった訳ですが、よく出てくる計算方法で回収率と的中率の話がメインになりますが
    実はこの考え方は大間違いの元

    普通に買っていた場合 回収率≠的中率になります、的中率をあげると回収率が下がるパターンですね、なぜ的中率を上げると回収率が下がる理屈になるかと言えば

    的中率100%を目指した場合全通しを毎回買えば100%に確実になる訳ですが当然殆どの率で
    ガミるので広く受けると回収率が下がるってロジックになります。


    ここまでの話は普通に投票していれば気づく事なんですが、正直言って無駄な投票回数が回収率低下の源なのが経験則と研究結果でハッキリしてきました。

    以前控除率の関係上 投票回数を減らした方が良いって事を書いた積りなんですが、レースが
    あれば買ってしまう人がやはり多い 特定の選手を追いかけるのは全然問題ないがG◯レースの決勝だからとかの理由で投票するとかは回収率低下の大原因の1つ 

    取れる根拠が希薄な状態で投票とかホントに馬鹿げてるとしか言い様がない

    課題は出走表を見てここ数ヶ月の状態とどの様な構成と展開で星を取ったか落として来たのかを超高速で調べるのがベスト

    知人の依頼でiPadminiで可能かどうかやってみてたのですが、競輪JPのアカウントIDとパスワードを毎回入れる手間と一度表示が消えるともう一度再入力 正直Flash Playerも使えない機械で下調べは出走表の結果だけで推測するしか無いので投票に関して根拠が希薄にならざるを得ない状態でした。

    先に結論から云わせてもらうと、買い目を減らすよりレース数を減らした方が確実に回収率が上がるのはここ2年で証明済み 穴と思えば本線はヘッジで3割戻し 穴の方を重め 3着はなるべく流す これは本線派と穴派で買い方が違ってくるけど、本線派は出走表を穴の開く位見てからオッズを見ながら弾をかけるので、紛れが極端に少ないレースを吟味するので穴派と実は考え方が同じ 

    どちらが正解かは趣味の範囲での差で、ここからの話が一番重要 勝っても抜けても予定外のレースには一切手を出さない ←コレが出来るか否かで回収率が大幅に違ってくる。

    もう一つ大事なのがプラスになったお金には一切手を出さない 

    最悪なのが資金調達にギャンブルで稼ごうとするやり方 確かに元手が数百円から数十万に伸ばしたりする事が可能なので低資金でトライする方法もあるけど、長い目で見れば確実に負ける、一番悪いのが低資金からスタートするとレース数が増えすぎるのとその癖が常態化して常に買ってしまう状態


    後注意したいのが3単に拘る買い方 確かに2単ベースで3桁配当が5桁配当になる事もあるけど、もう1~2着が動かないレースで3単で散らすのが愚の骨頂 このブログを書きながら奈良を買ってたけど2単3単共に3桁配当で差が150円程度しか開かない状態ならば2単の1点で十分なはず、3単が売れすぎて3複の方が高めって事もあるので、この辺の狙い目ならば2単の方が高回収率を目指せるけど、売上が悪い競輪場だと自分でオッズを構築してしまうので昼飯程度を貰う程度の買い方が大人って感じでしょうか?



    基本的な買い方

    オッズパークとギャンブーで並び確認 自分の思ってる選手と新聞目の一致度をチェック
    新聞がゴリゴリに押してるのに自分の考えと違った場合は自分の本線を重めに投票 新聞目の目を最低限のヘッジで投票 

    なぜヘッジをするかというと、抜けすぎると自分のリズムが確実に狂ってくるので、ある程度は押さえが必要な理由がコレ

    抜けすぎの悪影響は調子のいい時の買い目が買えなくなるのが最悪 事前研究が足りない状態でドカスカ抜けて当たっても激安超本線で資金が目減り 

    なので一番最初のレース選びと(この選び方は頭が純チタンの様に堅いレースを絶対狙わない事が肝心)初っ端から3桁配当で資金が目減りする様なレースを選んだ時点でその日は終わりと考えてマズ間違いなし


    1~2着が微妙なレースの割にオッズが張り付きそうなレースを探すのが妙味 この様なレース探しと調査を出来るようになるにはやはりスマホだと厳しいので最低でもWindows系のタブレットが必須条件になりそう。

    ひたすらオッズパークと競輪JPの出走表を1レースにつき10回は往復しつつ前走、前々走の動画を人数分チェック 9車だと平均20レース近くの動画を見て展開負けなのか調子が悪いのかをキッチリ見届けたい所

    僕が7車に拘ってる理由としては動画チェックの作業量の少なさと、A1~2やSの下層選手の怠慢レースで読みを外されるのを相当警戒しているのが理由

    A3班は最下層でやる気がないじゃないか!と指摘を受けそうですが副業をやりつつ練習を全くやっていない選手かA1,2に必ず返り咲くと頑張っている選手がハッキリしているのでレース展開が9車より読みやすいのが利点 

    後人間の体力の問題で加齢でどうしても1,2に上がれない選手でも練習はキッチリやってる高齢選手の2~3着が9車じゃ考えられない中間配当を叩きだしてくれると考えたら9車の4分戦で理想的展開を待ちながら資金を投入しても人気の所が入ったら終わりとか正直言って怖すぎる上 2.3着抜けでウン十万抜けた時の焦燥感 焦って研究してない次のレースを買ったらド安目、、、

    9車の否定じゃなく研究して調査して納得して飛ぶなら諦めがつくけど未調査で勘や新聞目に惑わされて投票とかするようになったらば、競輪そのものを辞めた方が良いかもしれません。