1月25日チャレンジ戦予想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

1月25日チャレンジ戦予想

2014-01-25 07:05
    玉野3
    混戦ムードと見るかスンナリのライン123と見るか結構悩みましたが僕のロジックはやはり穴

    62,1,4,375  (14連携の可能性アリ)

    縦読みだけならば3=7,1=37,4=37,6-2、6=37と点数がめっちゃ増えます
    昨日久々の捲り成功で気を良くしている6百瀬がタイミングを見計らい行く所を条件として、単騎の1西川と、4栗駒(連携あるかも)G前の差しが主戦法の西川の手口としては逃げたら弱い人気スジの南関勢の前に一回出てホームカマシをする3の番手に収まってからのG前の差し(それ以外で勝つ方法が無い)

    西川の作戦の問題は慌てて3木村が必ず前に踏み込んでくれるのが条件、捲り偏重の木村がバックに入ってから踏み込むと垂れる西川の番手から栗駒と木村の捲りあいその時には当然昨日12,5の捲りが決まった百瀬が参加(タイムは昨日逃げ粘った2着友永 龍介よりコンマ1悪い)

    こんな風に考えると誰でもワンチャンスがあるように思えるので3から郡司盛夫のスジ車券だけが人気とはとても思えない、力評価で思考するならば捲り主体の3が上手く逃げた場合は7-3みたいな車券にはまずならない、南関ブロックの超先輩郡司盛夫が恐らく作戦立ててくるのである程度さばいて4Cまで行けば、生き残っているのは、6,2,1,4, オマケ5の計4人、
    郡司が4Cまで届いている場合は1,4のいずれかの選手が叩かれて後方にいるのでその辺は勘で

    今日の予想のポイントは1,4の脚見せで連携があるのかどうか、1,4どちらが前にいるのか

    連携パターン1,4の場合は西川が突破口を開くイン切り作戦
    連携パターン4,1の場合は3を行かせて追い込み勝負
    連携無し1,、4の場合は飛びつけず37で行って来い!になるかな?

    問題がもう一つ昨日1勝してる百瀬が空気を読まずH先行した時に14ネタの話が全部崩壊するので

    それこそ37で行って来いって結果、、(ここまで悩む原因としては徹底先行不在なのが理由)

    最低限の力評価をするならばある程度の捌きで3が行けばまず郡司の差しは決まると思ってます

    G前限定の差し脚は西川、ゴチャ付いたらショート捲り,差しの栗駒、漁夫の利を得るか百瀬
    って感じでしょうか? 昨日の百瀬の捲りが決まったのは調子激下がりの大松くんの逃げだったからで、決して絶好調とは考えない方が良さそう、しかし3R綺麗に37で決まらない場合は誰かが一人抜けだして2~3着を縦脚勝負って形になってる方に僕は考えました

    難しく考えても埒が明かないので、郡司と他ライン、7-3、7-5、6-2,146BOX 点数増えましたが3=7の3単を構築するのをやめればこの2単は結構夢がありそうな感じですけどね、
    計15点の2単 配分無し(絶対オッズ配分してはダメ) なんていかがでしょうか?








    ちょっと今日の1言  玉野1は片面オッズになる山崎だが、昨日の肩からの落車の影響が不明
    対抗に押されている5田中 星吾の調子がパッとしない2西尾も同じ、山崎の番手1小屋が波状攻撃を受けると3番手6谷尾が伸びる可能性が美味しいかも差し脚だけで言えば車番が悪いだけでメンバー中上位なのでまさかの逆転劇を少し考慮に入れても良さそう、ダメ元で2西尾が前に出ちゃうと5田中の追走(最近肩から落車して全然前に踏めない若手選手が多い)穴があくなら6の台頭と西尾の逃げからノーマーク2単の組み合わせ、全力の穴妄想なので(予想ですらない)ノリ買いするとお金捨てるはめになりますよ!












    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。