• 【雑記】魔法少女リリカルなのは Reflection/Detonation 感想・考察

    2020-01-17 20:57
    恐らくRTA以外の記事を書くのは初めてだと思うけど、
    数年振りになのは熱が再燃して吐き出すところが欲しかったから書く。
    2017/18年の作品で今更感が半端ではないけどご容赦。

    ※自分で読み直したら相当拗らせた文章でイタタだったので閲覧注意。
     特にこの手のアニメ感想や考察ブログみたいなものを見たことない人は注意。
     思いついたことから書きなぐってるから文章も文体もめちゃくちゃなので注意
     あと当然ネタバレ満載なので注意。
     


    【視聴経緯】
    単純に今週末のリリカルライブに参加するため、映画は見ておかなきゃと思った次第。
    元々TVシリーズが大好きで、初めて見たのは中学か高校の時くらいだったはず。
    革命的に面白いコンテンツで、自分の中でなのはシリーズを超えるコンテンツは一生出会うことはないだろうと学生時分に思っていた。(現に26になった今でも変わらない)
    TVシリーズの視聴回数は2桁を超えたころから数えるのをやめたくらい。
    世間的にはA'sが人気だと思うけど、自分はStSが一番好き。
    (おそらく複数回視聴の影響。数週目くらいまではやっぱりA'sが好きだった)
    その他サウンドステージと本編の漫画、FORCEとVIVIDは5巻?くらいまで読んでた。
    MOVIE1stと2ndも視聴していた。PSPのゲームもプレイ済み。
    TVシリーズについて語りたいことしかないが、脱線しまくるのでこれくらいで。

    ここまで本作を頑なに見てなかったのは、
    自分の中でなのは本編はTVシリーズで完結させてしまっていて、どうにも続編というかシナリオ補完的な作品を見たくなかったという思いがあった。
    (多少語弊はあるけどなのはシリーズに対して原理主義的な考えを持っていた感はある)
    StS中で語られてた、なのは撃墜の辺りをやるのであれば迷わず見ていたが、
    上映開始前にどうもそういうわけではないという噂が立ったころから情報を追うことやめていた。(当時は既にアニメ視聴自体をほとんどやめて仕事とRTAに傾倒していたこともあって、モチベが全然上がらなかった。)

    【感想・考察】
    単純に面白かった。
    相変わらずキャラが多いから見どころがーとか深堀りがーというのも多少分からんくもないけど、それでもStSほどではないし、話の展開の仕方もあって初見でも結構感情移入して見れたと思う。(平たく言うとボロボロ泣いてた)
    まだ1回ずつしか見てないけど複数回視聴したら相変わらず見方変わるだろうしこれから更に期待できるなあと思った。

    本作で一番印象に残ったところというか衝撃的なシーンだったのは、
    やっぱりリトルなのはとの対話シーン。
    なのはシリーズは正義VS悪のいわゆる勧善懲悪とは真逆の、正義VS正義のぶつかり合いが大きな特徴の一つだと思ってて、無印ならフェイトに、A'sならヴォルケンに、がっつりフォーカスを当ててストーリーを展開していく。(StSは勧善懲悪に寄ったストーリーになっていて、ここが面白い要素でもあり、当時叩かれた要素でもあったように思う。)
    意図的にだとは思うけど、そうしたストーリー展開の中で、こちらサイド(なのは)の正義の深堀りはTVシリーズではあまりされていなかった。つまりなのはが戦う理由が敵サイドに比べて薄い印象を視聴者に与えていたように思う。(なのはシリーズに対する批判意見の大部分はこの点だと思ってる。逆に言うと無印とA'sに至ってはこの点以外に批判できる要素がほとんどない程度には完成されていたと思う。)
    大分話が逸れたけど、このリトルなのはとの対話シーンでついになのはがこうまでして戦う理由を明確に視聴者に提示していたことが衝撃だった。

    BDよりレイハとの会話シーンから全文

    ------------------------------------------------------------------------------------------------
    なのは「しまった…最後にやられちゃったね…」

    レイハ「申し訳ありません」

    なのは「ううん、こっちこそ。私、今度はみんなを守れたかな?」

    レイハ「間違いなく」

    なのは「うん、ならいいや。満足…」

    リトルなのは「本当に満足?…なら、あなたはきっと、あんまり自分が好きじゃないんだね。誰かの役に立って、誰かを助けてあげられる自分じゃないと好きになれないんだ」

    なのは「…そうなのかもね」

    リトルなのは「辛いね」

    なのは「少しね。…だけど、魔法と出会って、みんなと出会って、ずいぶん辛くなくなったよ。魔法と出会うきっかけをくれたユーノ君は、今でも私の大切な友達で魔法の先生。リンディさんやクロノくん、エイミィさん達は、今もいろんなことを教えてくれる。楽しそうにしているはやてちゃんや八神家のみんなを見てると、切なくなるくらい幸せな気持ちになる。アリサちゃんやすずかちゃん達が、いつも話を聞いてくれて、心配してくれて。フェイトちゃんと友達になれたとき、みんなが私の名前を呼んでくれるのが、本当に嬉しくて」

    リトルなのは「自分を好きになれなくてもいいよ。だけど、あなたのことを好きで大切に思ってる人達のことを忘れないで。大切な人を泣かせるのは嫌でしょ?」

    なのは「うん…」

    リトルなのは「自分を好きになれる日も、きっと来るよ」

    なのは「うん…」

    リトルなのは「だから、ほら。いつか、きっとね」
    ------------------------------------------------------------------------------------------------

    いやあもうなんというか…。
    自分にその力があるんだから、誰かの役にたって、誰かを助けてあげられなきゃいけない。例え自分がどれだけ傷ついても…。いわゆる「究極の自己犠牲」に等しいと思う。強迫観念とも言えるか。
    無印1話の冒頭の家族紹介のシーンで、「もしかしたら私はこの家族の中では浮き気味なのかも…」みたいなことを言ってたと思うけど、幸せな家庭に生まれて、不自由なく生活しているのに、言いようのない疎外感みたいなものを幼いながら感じていたのかもしれない。
    他者から必要とされたい、認めてもらいたい。そんな感情をぼんやりと思っていたところで、意図せず手に入れてしまった魔法という力。魔法で誰かを助けられるのならば、自分の手の届く範囲で泣いている人を助けてあげたい。劇中のセリフにもあったような気がする。
    「今度はみんなを守れたかな?」のとこはプレシアとアリシアのことだったり初代リインのことは守れなかったことを悔いてる感じなのかな。

    このシーンで語られている「自己犠牲」が、本作の隠れた大テーマだったんじゃないかなーと拡大解釈してる。アミティエに対してなのはが言った「無茶だから行くなって言われてあなたならそうするか?」的なセリフだったり、「大丈夫なのは分かってます。私の方がもっと大丈夫だっていうだけです」的なのだったり。
    更に言うと、本作の水樹曲の4曲全ての歌詞にこの「自己犠牲」を示している言葉が入っている。

    Destiny's Prelude(リフレクション主題歌)
    「愛を試されるなら 僕のすべてを差し出していい」

    Invisible Heat(リフレクション挿入歌)
    「命 使うことが もしも生きることなら 君に命を使い果たしてかまわない」

    NEVER SURRENDER(デトネイション主題歌)
    「君の側に寄り添い 全て照らしたい 嘆く激しい雨打たれても」

    GET BACK(デトネイション挿入歌)
    「戦うその日まで 限られた時間を そう全てを君に 捧げたいよ」
    「戦いの日が来た 覚悟を貫いて そう全てを君に 捧げたいよ」

    割とありふれたというか、バトル物のアニメ曲になら使われそうな言葉だから偶然かとも思ったけど、逆にTVシリーズの曲にはここまで直接的な言葉を使っているのはPrayだけだった。
    ただ、Prayのはどちらかというと「君がいれば私はどんな困難も乗り越えられる」的な極々前向きな印象ではある。
    なのは←→フェイト・ヴィヴィオだったり、フェイト←→エリオ・キャロだったり、
    スバル←→ティアナだったり、はやて←→ヴォルケンだったり。

    Pray(StS挿入歌)
    「ほんの少しでいい 君が笑ってくれれば 黄昏の騎士となって 僕の全てを捧げよう」
    「君に誓いを僕は夢を 命の限り愛の限り」
    「君が唄えば 暁の果てに また羽撃けるはず」
    「君が願えば 銀河の彼方に 無限に飛べるはず」
    「この世の全てが敵だって 君だけの盾になる」
    (下3つは自己犠牲ではないけど、前向きな印象を強めているので抜粋)

    都合よく解釈すれば、本作はちゃんとTVシリーズに繋がっていて、無印・A'sの時期はまだあまりなのは自身が明確な目的意識を持てていなかったが、本作で自分の戦う理由が明確になって、StS時代にはリトルなのはが言った「あなたのことを好きで大切に思ってる人達のことを忘れないで」というセリフを咀嚼して犠牲感はなくなっているように思う。この辺は隊長である意識もあってなのかもしれない。フェイトに関してもそうだけど、作中で「奥の手(ライオットやソニックフォーム)を使ってしまったら後がなくなる。みんなの救援に回ることができなくなる」的なセリフを言うようになっている。

    思いついたことから取り留めもなく書いてるから話が右往左往しまくっている…。

    とりあえず、なのはの戦う理由の一面が垣間見えてとても面白かったということで。
    割とこういう「自己犠牲」的な作風のものが好きだったりするのはなのはの影響な気がする。A'sでリンカーコア抜かれながらブレイカーぶっ放したとことか…。
    初代リイン戦でACSで特攻してバリアぶち破ってからのゼロ距離バスターとか…。

    結構こんな感じで拡大解釈しながら自分の都合のいいように妄想してストーリー補完しながら楽しむ癖ができたのも、なのはシリーズに出会えた賜物だったり。
    これのおかげでなのはシリーズ以降に見た、ハヤテや咲、ラブライブ!といった作品を誰よりも楽しみ尽くせた気がする。どんなアニメでもこの目線で見ると楽しめたりするからオススメ。

    【最後に】
    かなり長くなったけど僕が言いたいのは、フェイトちゃんが可愛すぎて吐血しましたってことです。A'sでも相当やばかったのに本作の女の子っぷりがやばいでしょもう。この頃からマント白にしてなのはとお揃いにしたんだなーとかなのはに守られてテレテレしちゃうところとか救援入って20秒でアイコンタクトも無しで一緒に練習してたカラミティ撃っちゃうとことか…。
    なのはとフェイトとはやて誰が一番好き?って聞かれたらティアナです、って言ってたけど本作で大分フェイトに傾いたね。

    今までなのはシリーズへの思いを文章にすることはなかったけど、書いてみると案外考えもまとまっていいものやね。ただ、あれも書きたいこれも書きたいになってまったく収拾がつかなくなるけど…。もっとTVシリーズについて書きたいことも沢山あるので暇なとき書こうかな。水樹曲の歌詞考察もやりたい。
  • 広告
  • 【FCDQ4RTA】往復駅伝往路振り返り 5:33:57

    2019-09-16 19:44
    往復駅伝往路お疲れさまでした!
    「コーミズ西の洞窟」は3位で復路へ折り返しです!
    天空組はもちろん、復路のロト組は何か面白いことが起こること請け合いなので、
    ぜひ応援よろしくお願いします!

    大会はまだ続きますが、自分の走りをまとめておきたいと思います。

    ■区間ラップ(自枠にて計測)
    破邪剣入手    0:11:16
    1章終了      0:24:21
    黄金の腕輪入手  0:43:34
    さえずり入手   0:51:18
    メタル狩り開始  0:55:52
    メタル1撃破    0:58:00
    メタル2撃破    1:01:41
    メタル3撃破    1:08:38  力51(3+3) HP80(6+5+4)
    2章終了      1:18:40
    女神像入手    1:32:46
    3章終了      1:57:40
    オーリン加入   2:03:46  (ここでタイマーストップはライトオーリン)
    4章終了      2:22:33  アッテムト鉱山1乙
    タイガー撃破   2:57:25  タイガー1乙
    キングレオ撃破  3:24:02  パデキア1乙
    バコタ撃破    3:46:23  バルザック3乙、ガーデン南1乙
    王家in      3:53:11
    王家out      4:10:09  勇者28クリ29
    エスターク撃破  4:30:14  クリ30マラー無し
    天空城着     4:43:05
    四天王撃破    5:04:31
    ピサロ撃破    5:22:45  天剣解放、勇者30モシャス無し、デスキャッスル1乙
    THE END     5:33:57

    1章 - 0:24:21  よき
    2章 - 0:54:19  よき
    3章 - 0:39:00  まあいいでしょう
    4章 - 0:24:43  まあいいでしょう
    5章 - 3:11:34  うんち

    ■環境
    本体     :ニューファミコン(NEW FC DUAL)
    コントローラ :アスキーパッド
    タイマー   :kazamitimer

    ■区間レポート
    〇走り始める前の基本方針
    2つ前を走っているチームとの差が30分弱だったため、
    DQ5で逆転の目を残せるように少しでも差を縮める。

    〇1章
    自分の1章の立ち回りは、
    「最小エンカウント数で進行する」を大前提としているため、今回もそれに則り進行。
    破邪~イムルまでのエンカが少なく、内容も悪かったため、青銅+やくそう4枚。
    再凸後もエンカが少ない展開となったため、
    一乙覚悟でレベ6(HP48)手先凸⇒負けたら再凸道中でレベ7に上げるプランを選択。
    結果的に目玉がデレて一発突破。
    この辺は前回の本家や記録狙いの練習時に立ち回りを確立していたため、
    迷いなくプレイすることができた。結果がついてきて何より。

    〇2章
    開始~クリ4までは10分弱とまずまず。
    カメレオンマンはブライ落ちで勝利。
    タイム重視でフレノール狩りは最低限とし、金がない分はさえずり前クリ蘇生でリカバリ。
    幸いにも、ひとくいそう5のエンカが出たため、アリーナレベ6は問題なし。
    アリーナレベ4時にHP8上がったため、タイム重視でフレノールでの命木の実吟味をカット。
    さえずりは3F登った直後にアリーナ落ちで1リセを覚悟したが、
    クリが気合で登り切り1発突破。
    アリーナ落ち分の金はサントハイムのキメラ回収でリカバリ。

    ここまで前のめりに進行して、メタル狩り開始55分と好タイムだったため、
    さえずり2回目と5章ガーデン南のケアを考慮して、メタルは3匹狩りを選択。
    結果的に3匹13分と上々。
    ステータスは種なし力45とバケモノレベル。
    普段は力が足りてればメタ2で突っ込む派なので、この数値は初めて見ました・・・。
    ベロリン2発を考えて50吟味もありでしたが、タイム重視で力種吟味はカット。
    結果的に力3+3という神引き。

    闘技場は1発突破。
    サイモン戦のラストターン前でアリーナ回避⇒ラストターン後攻(回避してなければ負け)
    ⇒次ターン先攻撃破 というはちゃめちゃっぷり。
    ベロリンは2発で撃沈。

    〇3章
    特に何事もなかった区間。
    モニスタ・鉄槍回収の、お金・鉄鎧残し。
    前掛け転売はボケはなかったものの、そこそこスムーズに売りさばいてモニスタスタート。
    ネネ転売は乱数に甘えて1回多くなってしまい、50秒程度ロス。
    記録狙いで持越し無しとかをやっていたことの影響もあり、攻めすぎたので反省。
    鉄盾・前掛け×2・鉄鎧を持ち越して終了。

    〇4章
    オーリンのおかげで事なきを得ました。

    コーミズ西では2人生存でオーリン加入できたため、5章の安定を見て狩りを多めに。
    アッテムト道中で狩りつつマーニャをメラで間引き、毒沼間引きをカット。
    アッテムト鉱山でピエロにやられて1乙。
    バルザックは問題なく撃破。

    〇5章
    女神像メタルはエンカはしたものの逃げられて狩れず。
    鋼剣回収後に勇者レベ4、ミネアレベ5入れてデスル。
    ブランカで安定取ってミネアに鱗盾購入。
    裏切り道中でテベロ4に3逃げミスしてミネアが落ちかけるも、
    4章で経験値を多めに入れていたことと鱗盾購入が功を奏し、
    ギリギリで耐えて戻りを阻止。ファインプレー。
    裏切り小僧は問題なく突破。

    灯台はトルネコ話しかけ前にメタルを1匹狩ることができ、
    消耗も少なかったため戻り無しを選択。
    道中はデレたため、問題なくタイガーまで着けたが、
    雄たけび連打がきつく無念の1乙。
    蘇生費は女神像の金でリカバリ。
    (女神像の760Gは、女神像デスル時や以降のボス・ダンジョン乙時の蘇生費のリカバリとなり、立ち回りの幅が広がるので自分は5章で回収推し。)
    2戦目は難なく突破。ここからケチがつく展開となっていく・・・。

    メタ1なので聖水購入で進行。
    安定取ってパデキアはパノンを連れて行ったが、
    じごくのよろいの痛恨が刺さり、1乙。蘇生費は女神像の(略)
    コーミズ西は逃げが好調でミネア・マーニャが間引けず突破。
    海エンカで間引こうと思ったが、コマンドに自信がなかったためアッテムト毒沼を選択。
    メダルは9枚で天罰3奇跡剣。
    灯台・パデキアで落ちているものの、3章の持越しを多めにしていたため、先法衣を選択。
    キングレオ戦は1発突破。

    バルザックは3乙したものの、見切りを早く付けられたため、ロスは2分程度。
    ガーデン南は鬼のようにエンカして1乙。ロスは3分程度。
    2凸目もエンカが多く、回復ロスが多かった上にライアン落ち。
    ライアンがいないためバコタ戦も時間がかかり、区間22分越えとうんち。

    王家はin~outで17分とデレ。
    これまでの経験上、高レベルチャートの方が圧倒的にタイムが出ているため、
    迷いなく勇者28・クリ29を選択。

    エスターク神殿はちょいエンカ多めだったが無事突破。
    クリレベ30入るも、マラーは入らず。
    ミミックデスルも比較的スムーズ。
    タイム重視で世界樹は勇者単騎凸。
    天空塔はデレたため、この区間は13分切りと良きタイム。

    闇の洞窟はエンカがきつく、11分弱とうんち。
    エビプリ戦はアリーナHP41の状況でアリーナにマホステを打ちにいくガバ。
    1ターン無駄にしたものの無事突破。
    その他四天王は特に問題なく撃破。

    天剣解放で勇者レベ30を入れに行ったが、モシャスは入らず。
    土偶戦士に2回あたり、2回目にザラキ3人刺さって1リセ。
    ピサロ戦はマホステで挑んだ。
    1形態目でみなごろしと間違えて天剣を振るガバ。
    3形態目はスクルト張られるも、天剣解放が功を奏してロスは最小限。
    最終形態初ターンは寝なかったが、みなごろしは1発で入り、問題なく撃破。

    ■総評
    大会1発勝負としては、無難なタイムにまとめられたと思います。
    深夜帯ということもあり、ベストパフォーマンスにはほど遠かったですが、
    運に助けられて何とか襷を繋ぐことができました。

    4章終了までは好調で、5章は得意区間なのでこれはいける!と思いきや、
    タイガー乙やらパデキア乙やらで出鼻をくじかれ、
    終わってみたら王家区間と天空塔区間以外はボロボロでした;;
    モシャスもマラーも入らねえしよぉー!
    ただ、2章・4章の立ち回りや、前のめりにいくところと固くいくところのメリハリなど、
    いいプレイもできたと思うのでよしとしましょう。
    状況に応じた立ち回り分岐は、6作の中でDQ4が一番難しいとともに、
    一番面白いと再度実感できた走りでした。

    本家駅伝区間1位に続き、今回の往復でも区間1位?を取れたのはだいぶ自信がつきました。
    ・・・後は記録狙いやれればいいと思うんですがぷいこねが楽しすぎてry
    何やら本家駅伝コミュで動きがあるようなので、そちらにも期待ですね!(ダイマ)
  • 【FF9RTA】第5回FF駅伝振り返り+9:28:53レポートとチャート

    2019-04-30 17:56
    第5回FF駅伝お疲れさまでした!
    接戦続きで見てる方としても、参加者としてもとても楽しかったですね!

    Aチームの皆さん本当にありがとうございました。
    練習熱心なチームメイトで、お互い触発されて鬼のように練習できました!
    チーム順位としては残念でしたが、とても楽しかったです!

    5/5(日)の閉会式で順位やタイムの発表があるので、
    まだ暫定ではありますが、個人で計測したタイムでまとめたいと思います。

    ■区間ラップ
    DISK1(エンカウント数:8)
    メイジマッシャー    0:04:18
    プラントブレイン    0:47:38
    シリオン        1:01:10
    黒のワルツ2       1:18:16
    ギザマルーク      2:02:08
    D1終了          2:19:55 セーブ1

    DISK2(エンカウント数:17)
    ラルヴァラーヴァ    2:39:04
    アントリオン      2:49:32
    ベアトリクス2     3:10:36
    ラルヴァイマーゴ    3:36:55 レッドローズセーブ1
    ラニ          3:55:36
    ヒルギガース      4:19:17
    ソウルケージ      4:39:21
    サラマンダー      4:47:15
    D2終了          5:11:18 セーブ1

    DISK3(エンカウント数:13)
    カード終了       5:31:15 3連勝転生あり
    アーク         6:29:15
    ヴァリア・ピラ     6:41:10
    メルティ・ジェミニ   7:00:43 赤竜前セーブ1
    ダハーカ        7:20:39
    土のガーディアン    7:32:33
    シェルタドラゴン    7:54:12 ブランバルセーブ1
    D3終了          8:11:30 セーブ1

    DISK4(エンカウント数:9)
    神竜          8:20:45
    マリリス        8:26:42
    ティアマット      8:31:39
    クラーケン       8:39:31
    リッチ         8:42:10
    デスゲイズ       8:49:24 ゲイズ前セーブ1
    永遠の闇        8:57:31
    THE END 9:28:53

    DISK1 ー 2:19:55
    DISK2 ー 2:51:23
    DISK3 ー 3:00:12
    DISK4 ー 1:17:19 (開始~闇撃破 0:46:01)
    総エンカウント数:47

    ■環境
    本体     :PS2 SCPH-90000
    コントローラ :FUJIWORK「極」
    タイマー   :LiveSplit(+大会用でkazamitimer)
    その他    :高速読み込み使用、ムービースキップなし
    チャート特徴 :捕鯨カット、リフリンカット、クイナ夜習得

    ■簡易レポート
    ○D1
    特に何事もなく終了。ベア1がビビ連打でちょいツン。

    ○D2
    ラルヴァは本当にごめんなさい;;
    1T目から選択おかしいのが何とも・・・。
    低レベ時はちゃんと蘇生しましょう!!!!!;;

    クレイラ3エンカでまあ許す。
    ベア1とラルヴァでフェニ尾の消費が激しかったので、クレイラで買い足してリカバリー。
    アントリとクレイラ連戦は内容悪く、2分程度ロス。

    兵士は2体避け成功。

    フォッシルは2エンカで抜けられそうでしたが、
    夜エンカ出ずに無念の3エンカ目を引きに行く。

    イーファはデレて5エンカ。山道も0エンカでD2後半はいい感じに走れました。

    ○D3
    ほぼ文句なし。

    カード3連勝。

    チャートのミスでスタイナーのバードキラーが入ってなかったが、
    デザエンのエンカを狩ることでリカバリー。
    ピラは1T目バーサク入って2T撃破。

    メルティがけむり+全体バイオで全滅のリスクありましたが、
    スタイナーが先制取れていたのでごり押しました。
    ラスト全体バイオが来ていたら全滅でしたが、
    赤竜前でセーブしていたこと、後ろを走っていたチームとは差があったこと、
    等を踏まえての選択でした。

    ガーランド・クジャにて、これまたチャートのミスでスタイナーのマンイーター付け忘れ;;
    この辺のミスなければD3の3時間切りがあったかもしれません。

    ○D4
    神竜戦で初手衝撃波でクイナ落ちしてボロボロでした;;
    デザエンとアバドンで経験値入れたり、魔人の胸当て付けたりとケアはしていましたが、乱数負けしました。
    ---------------------------------------------------------
    [追記]クイナ後列忘れていたようです;;人災です;;
    ---------------------------------------------------------
    その後の対処も、緊張と眠気で意識が朦朧としてしまいかなり適当になってしまったのは反省。ここで3分ロス。

    エンカ数は9とぼちぼちで、ボス戦の内容も平運。

    ゲイズ戦はスタイナーほぼ満タンで耐えて、カウンターも2回発動し良好。

    ゲイズ後のセーブはカットしました。
    後ろを走っていたチームに対してセーフティーリードがあったため、
    仮に落ちてゲイズやり直しになったとしても負けないと判断したためです。
    ・・・というのは嘘ではないですが、正直個人タイムを気にしてしまいました。
    大会一発勝負としては、後ろのチームへの負け筋を極力減らすためにセーブするべきだったと思います。申し訳ない。

    クジャは2T目の行動でミスして1T多くなってしまったが無事撃破。

    闇戦は間引き前青衝でトランス前にジャンプ入力して事なきを得ました。
    細かいところだと、最後のターンは突撃→フライヤ殴りとしていれば、
    フライヤのトランス解除モーションカットできたと思うので反省。

    ■総括
    まさか大会自己べで念願の30分切りが出るとは・・・。
    重ねがさね、Aチームの皆さんには感謝しかないです。
    このチームじゃなかったら絶対にこのタイムは出なかったです。
    それだけ練習枠の相乗効果は大きかったです。

    セーブ7回+ラルヴァ2分+アントリ・クレイラ連戦2分+神竜3分ロスと考えると、
    20分切りは見えましたね!
    今まで20分切りなんてありえんと思ってましたが、
    30分切ってしまうと不思議なことに見えてくるもんですね・・・。

    ミスもありましたが、全体的にコマンド速度は入ってたので、プレイングは満足です。

    ■チャートについて
    根幹は、捕鯨カット・リフリンカット・夜習得・ダンタリ討伐無し。
    ウイユ:ジ・フ・サ・ビ
    デザエン:エ・ス・ク・ダ

    その他特徴としては、
    ・女の子をかばう採用
    ・マリリス・ティアマット突撃無し
    ・力ボーナス:ジ6・ス4・フ3・サ1

    女の子と突撃無しは、MPUさんに伝授して頂いた戦術を採用しています。
    その他の細やかな戦術やAP組みなどもアドバイス頂き本当にありがとうございました!
    この場を借りてお礼申し上げます。

    チャート配布しますが、あまり細かく書いていないので、
    「AP表」と「力ボナ計算表」のシートくらいしか参考にならないと思います。
    不明な点などは、質問して頂ければいつでもお答えします。
    ※チャートの書式はハイジさんが公開されているチャートを使用させて頂いております。
     この場を借りてお礼申し上げます。

    https://d.kuku.lu/0691fd959e