記事 12件
  • 桜酒

    2013-03-29 03:08  
    桜酒作詩:牛タンP杯にひらり舞い降りた桜花びら一枚宵の宴月光下歌う人の騒がしあおり飲み干す桜の酒よ夜空彩る雪洞宵や酔えや歌い歌えや踊り踊れや杯にひらり舞い降りた桜花びら一枚宵の宴月光下(ツキヒカリシタ)歌う人の騒がし酌んで飲みあう桜の酒よ夜空浮く鬼灯火花や酔えや草に歌えや月に踊れや杯にふわり舞い降りた桜女神一神宵の宴桜花下(サクラハナシタ)歌う人の祀る宵や酔えや歌い歌えや踊り踊れや杯にひらり舞い降

    記事を読む»

  • 送 定 別 年 会

    2013-03-26 00:16  
    送 定 別 年 会作詩:牛タンP別れの言葉を飲み込んでありがとうのかわりにテーブルの上のお酒を黙ってコップなみなみ注いだ同期のやつらが涙ぐみ上司は少しばつ悪そうで会社がなんだと意気込んではしご酒が懐かしい新人時代が通り過ぎ気がつけば中間管理職に下から出てきた若い芽に押し上げられて突き上げられて出て行く日が来る明日からはゆっくりしようラッシュアワーも出歩かないそんなに長くは休めないから少し休んでまた

    記事を読む»

  • ノニエルの嘆き

    2013-03-21 01:16  
    ノニエルの嘆き作詩:牛タンP作曲:まよ紡ぐ糸の先 束ねられるは乙女の祈り時の刻み

    記事を読む»

  • くらすあっぷ

    2013-03-21 00:27  
    くらすあっぷ作詩:牛タンP明日からの昨日は今日からみたらいまなんだ今の時間も明日からみたら遠い過去なんだ学生手帳あたらしい机は昨日と同じ変わったのは一階上の階にもっていった昨日の今日はきっとかわらないだけど明日また先一年経ったあとにはもっと懐かしくなるよとりあえずおめでとう簡単にくらすあっぷ一年うえですくらすあっぷ一階うえですくらすあっぷ先輩になるんです明日からの今日は今日からみたらあの日だ今の時

    記事を読む»

  • 生存記録更新中

    2013-03-20 21:45  
    生存記録更新中作詩:牛タンP元気ですか幸せですか?生きていることに満足してますか?ぎりぎりでおきて慌ててしたくして生存記録更新とかして朝飯抜いた睡眠が一番飯は一食抜いても死なないダッシュで駅向かう間人の間すりぬけぬけて階段の真ん中歩く無法者に腹を立てホームに飛び込んだら2分前に着いた元気ですか?幸せですか?生きていることに満足してますか?いつものとおり明日も同じで生存記録更新とかして仕事終わった趣

    記事を読む»

  • 君の膝で

    2013-03-20 21:34  
    君の膝で作詩:牛タンP片隅で震えて泣いた暖かさ温もり箱の中で降り始めた冷たい雨が箱のふた染みこみ体に落ちる心が折れかけ倒れる優しいおかあさんの顔思い出して消えていく小さな僕の命がこのまま冷たくなっていくと諦めて泣くのをやめたとじかけの瞼に当たる光不思議そうに瞳をむけぼくのことをそっと抱き上げてくれたあれから10年大きくなった僕の居場所は赤いソファー抱きかかえてくれた君の膝の上で大きく伸びをしながら

    記事を読む»

  • 2013-03-15 01:35  
    結作詩:牛タンP裏切り指きり首を切り怖けりゃ契りの厚情を守って堅く結べよと結び固めた世の結び流れや流れや久しやと触れてはならぬ白無垢の輿の間に百合の花晴れ日を恨めし結ぶ口世をば恨み重ねては抓る摘む頬口を夢よ悪夢の迷いなら覚めよ覚めよとただ願う離れたこの身の口惜しや年月流れて変わる身命をよもやよもや白百合も輿を担いで嫁ぐとは揺れる輿のなかのみは百合の白無垢赤い紅遠く眺める落胆の眉のおちて一滴連なる人

    記事を読む»

  • ちょっと前のことだって

    2013-03-15 01:13  
    ちょっと前のことだって作詩:牛タンP暖かくなって油断して薄着昼は暑くって余裕で乗り切る夕方になって少し不安になって夜になって外で大きなくしゃみちょっと前のことだって見えないから失敗もするちょっと前のことだってわからないからドキドキするあたたかくなって油断して散財まだ大丈夫余裕で乗り切る少し不安になって月末もやしいためぎりぎりがんばるちょっと前のことだって知らないからびっくりするちょっと前のことだっ

    記事を読む»

  • 歩いて

    2013-03-11 23:23  
    歩いて作詩:牛タンP僕は毎日歩いて歩いて歩いてどこへ行くのも歩いて歩いて歩いて足の裏が痛くなったって脹脛が痛くなったって123で進んで456で進んで789で進んで10数えたら休んで僕は毎日歩いて歩いて歩いて遠く先でも歩いて歩いて歩いてつま先が痛くなったって足のマメが痛くなったって123で進んで465で進んで789で進んで10数えたらゴール僕は毎日歩いて歩いて歩いてどこへ行くのも歩いて歩いて歩いて1

    記事を読む»

  • 宛名の無いメール

    2013-03-08 23:05  
    宛名の無いメール作詩:牛タンP久々に届いたメール誰のだろうって考えた宛名の無いメール誰からだろ?開いて中身を読んだらそうか君からだったのか僕の中にちょっと不思議な思いあの頃の楽しかったきつかった悲しかった想い出がたくさん浮かんでは消えていく返事も出さないでいるけど確かに君からのメッセージ僕の胸の中に届いた不思議にありがとう久々届いたメール誰のだろうって悩んだ宛名の無いメール誰からだろ?そっと中身を

    記事を読む»