たまごやき
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

たまごやき

2014-11-03 18:54
    たまごやき

    作詩:牛タンP

    あの日々に戻りたくも
    なくもないと一人夜
    懐かしい香りのする
    黄色く甘いたまごやき

    少しずつ入れては焼き
    返して入れてまた焼く
    甘く香る懐かしさが
    口に含んできえていく

    白いめし飾るように
    幾重にも重なる黄金色
    優しくこげた甘い日々
    重ねて見えるあの日々

    あの日々に戻りたくも
    なくもないと一人夜
    懐かしい香りのする
    黄色く甘いたまごやき

    あとすこしもう少し焼き
    焦げないようにまた焼く
    甘く香る優しさが
    鼻をくすぐって消えていく

    白いめし包むように
    ほぐれて隠す黄金色
    優しくなでた甘い日々
    包んで見えるあの日々

    あの日々に戻りたいと
    少し思った一人夜
    懐かしい香りのする
    黄色く優しいたまごやき

    あの日々に戻りたくも
    なくもないと一人夜
    懐かしい香りのする
    黄色く甘いたまごやき


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。