【広島】今オフの補強ポイント【2019-20】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【広島】今オフの補強ポイント【2019-20】

2019-12-09 18:15
    【現時点での動き】
    ・城福監督の続投決定(発表済み)
    アダイウトン(磐田)をリストアップ
    ・DF吉野恭平の仙台移籍確実

    【今後のポイント】※あくまで管理人の主観です。
    1.ピンポイントな補強
    来季はACLが無いので、それほど大きな補強には出ないだろう。主力を最大限に維持しつつ、(レンタルバックも交えて)手薄なポジションを補う方法で行くのではないか。

    2.外国人選手の稼働率向上
     故障やコンディション不良も絡み、年間通してフル稼働したとは言い難い。今オフも多少の
    入れ替わりはあろうが、新外国人選手には決定力とフィジカルの強さが求められる。

    3.コーチ人事の見直し
     地味にここがいちばん気になる点。城福監督の続投が決まった今、攻撃面でのフォローが出来るコーチを招聘するのも手ではないか。
     また、今年はユースがプレミアWESTで残留争いに巻き込まれかけた(最終順位は10チーム中5位)。沢田監督と加藤GKコーチがトップのコーチと掛け持ちしているが、これが解除(どちらか一方の専任とする)となることも考えられる。
    …とここで、気になる情報が↓

    【※追加情報】
    岡山U-18の服部公太監督が退任する模様
    現役時代は広島で「171試合連続フルタイム出場(J1とJ2併せて)」を達成し、"鉄人"の異名を持つ。広島ユースでのコーチ経験もあるだけに、次は監督として復帰もあるか(逆に沢田監督をトップのコーチから外し、空いたポジションに服部氏という線も)。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。