【ポケカ】はじめての公式戦で優勝してミュウツーHR手に入れた話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケカ】はじめての公式戦で優勝してミュウツーHR手に入れた話

2019-07-21 21:57
    みなさんこんにちは。はどーです。

    タイトルにもあるとおり、2019/07/21にポケモンセンタートーキョーDXにて開催された
    ミュウツーHR争奪戦で優勝することができました!

    ポケカ自体は去年の9月ごろ、超爆インパクトの発売あたりから買ったりしてたのですが、公式戦参加ははじめてでした。

    二度と優勝できないと思うので、今回は戦歴を記事にしようと思います。

    今回参加したのは32人での大会で、4人グループが8つある形式でした。
    最初はグループのメンバーがバラけるように座り、別グループの人とペアになってリミックスバウト1BOXを分け合う形式です。
    (同じグループの人で分けたら相手のデッキ予想できちゃうもんね)

    ここでとんでもないことが起こります。

    RR4枚、SR1枚、TR1枚が全部自分に来ました。

    1箱に入っている光り物が全部こっちです。つまり、ペアの方はキラカードなしです。
    偏りすぎてて本当に申し訳ない気持ちになりました。。。
    (箱開けてパック配ったのはスタッフさんなので、完全に運だけども。。。)

    実際に自分が引いたカードは以下の画像のとおりです。
    (バナツタが1枚SR、雷エネは画像作成用に数合わせ)




    フィオネがないのと、サポートが少ない感じがしますが鬼強いです。

    事前の練習はしなかったのですが、優勝レシピを見ていると草・炎混合型が多い印象だったので、自分も草・炎軸を選択。
    ナゲツケサル3枚、マケンカニライン2枚ずつひけているので、水がもう少し多く引けていれば水・闘混合も面白かったかも。
    アロペルは使うの難しそうだったので元から眼中にいれてませんでした。

    上記ピックから組んだデッキがこちらです。
    ついでに賞品のミュウツーGXもどうぞ!



    ポケモン11枚、トレーナーズ12枚、エネ17枚です。
    ポケモン少なめの思い切った構築をしたつもりです。
    サブアタッカーは1-1のギャロップラインと、ズガドーンのみ。
    とにかくロトムのエネアシスト、リザテルのぐれんのひばしらGXでタッグチームにエネを高速で貼って攻撃することだけ意識しました。
    そのため手札からエネをトラッシュできるヨマワルは2枚採用。
    ポカブラインもいれたかったのですが、枠が足りず断念。。。
    アローラペルシアンGXを相手に立てられたら負けを覚悟してました。

    ここから戦績になります。

    予選1回戦 VSアロペルデッキ 4-0勝ち
    いきなりアロペルデッキにあたりました。が、こちらもロトムスタートで上々。
    相手のベンチでアローラニャースが育っていたのですが、こちらもヨマワルひとだましんかからのロトムのエネアシストでベンチのバナツタにエネルギーを貯めることができました。
    アロペルに進化される前にこちらのバナツタの特性かがやくつるで引っ張ってきて倒し、そのままバナツタで残ったたねポケモンたちを倒してWin。

    予選2回戦 VSカメポチャデッキ 4-0勝ち
    またまたロトムスタートできました。
    ロトムでバナツタにエネをためて、相手のカメポチャを倒してWin。
    カメポチャのGX技でバナツタがマヒにされたのですが、ポケモンいれかえがあったので回復。
    今回は相性がよかったです。

    予選3回戦 VSアロペルデッキ 4-1勝ち
    この時点で2勝ちが自分のみなことがわかっており、サイドも1枚もとられていなかったため、相手のサイド1枚でもとればグループ突破が見えていました。
    相手がニャース、こちらがポニータスタートの後攻になったのですが、運良くギャロップを引けていました。
    アローラニャースがHP70なこともあり、ポニータの下技+ギャロップの下技がちょうど70ダメージ。ちいさなおつかいは使わず後1からほのおを撃ちました。
    相手の先2でペルシアン進化されたら負けも見えてたのですが、引けていなかったようでラッキーです。無事後2でギャロップに進化し、ほのおのしっぽでニャース撃破。グループ突破決定。
    その後はこちらのタッグチームが育ち、4-1で勝つことができました。

    どの対戦も比較的早く終わり待ち時間があったのですが、病み上がりで声がガラガラだったのであまりお話できず申し訳なかったです。。。

    決勝トーナメント1回戦 VSバナツタデッキ 4-1勝ち
    ここは初手プレミで、逃げエネの軽いヨマワルがいるのにバナツタスタートしてしまいました。アンズでポケモンいれかえを持ってきて使う始末に。。。
    ですがその後はうまくエネをトラッシュでき、リザテルのGX技で一気にエネ加速できました。
    最終的にはこちらの弱っているバナツタが1エネしかついていない状態で相手のバナツタにひきずりだされてしまい、次に相手に番を返すと負けるという状況だったのですが、相手の予想を上回るエスケープボードという存在。手張り+エスケープボードでバナツタを逃し、最後はリザテルが決めてくれました。
    入っててよかった、エスケープボード。

    決勝トーナメント2回戦(準決勝) VSリザテルデッキ 4-1勝ち
    先行ジャッジマンうちました。すみません。
    相手はリザテルだったのですが、こちらのリザテルのほうが先に育てることができ、
    最後はグレートキャッチャーで呼び出して勝利です。
    相手がTRのおじょうさまを使ったため、溶接工をうたれることはないというのがわかり、思い切ったプレイができました。

    決勝トーナメント3回戦(決勝) VSカメポチャデッキ 4-2勝ち
    いよいよ決勝です。めちゃめちゃ緊張しました。
    いい感じにロトムスタートできたのですが、
    こちらのサイクルドロー→相手のジャッジマン が2ターンほど続き、
    あまり場を進めることができませんでした。
    それでもジャッジマンの4枚でローラースケーター、オーキド博士を引けていたのは運がよかったです。
    お相手はゴロンダが育ち、ベンチにはエンテイ、カメポチャが控えている万全の布陣だったのですが、こちらのバナツタにウィークガードエネルギーをつけることができたため、エンテイを気にせず殴ることができました。
    最後はかがやくつるでカメポチャをつりだしてWin。優勝です。


    といった形で6試合戦いぬいて、初出場、初優勝をすることができました。
    勝因は引きの強さもあるんですが、プレミも最小限にできたと思っています。
    サポートを使えないターンがあってもいいから、エネを貼れないターンだけはつくらないことを意識し、タッグチームを育てることができたのが大きかったと思います。

    最終的にデッキのカードはほぼすべて活躍してくれました。
    (ズガドーンだけは技うつことなかったです。。。)

    ポニータの下技をうつとは思わなかったですし、エスケープボードを隠し通すことで相手の予想を上回れたのも、事前情報というよりは試合中に思いついたことなので、そのあたりも勝因かもしれません。

    最後になりますが、本日対戦いただいた皆様、開催いただいたスタッフの皆様、本当にありがとうございました。
    8月分も抽選応募はしたのですが、多分1枚もらった人間は受からないと思っているので、皆様のご活躍に期待しております。ご武運を。

    また、この記事を最後まで読んでいただきありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。