ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

大将組4振+α部隊で全マップ制覇放送について!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大将組4振+α部隊で全マップ制覇放送について!

2017-07-24 21:42




    ▋伊達組4振+αで全マップ制覇ダイジェスト

     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    今回の企画の第一回目ですので、気になる方はどうぞ!


      
    ▋大将組4振+α部隊で全マップ制覇企画の色々。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    始まりは、とかそんな改まったことはなんもなくて。
    「伊達組で連隊戦をやりたい」から「伊達組4振+αで全マップ制覇もやりたい」となり、
    そして「伊達組もやったなら、もう一つの推し組な大将組でもやりたい」になった訳で。
    トントン拍子に自分の頭の中で想い続けていたことを実行したに過ぎないんです。
    いつやろうか、なんて考えてる中で後藤くんと信濃くんの極実装が決定して
    「これはやれと言われてる!」と思ってやろうと思ったら、
    信濃くんの極修正が来るだと・・・?となってしまってですねww
    そこからイベントも休みなしだしズルズルと経過していた中、
    「あ、この日なら出来るじゃないか!」とほぼ突発的に実行しました。


    ▋短刀は夜戦で活躍すべき刀で、昼は不向きである。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    忘れていた、なんてことはありません。わかった上でやりました。
    同じ短刀である太鼓鐘くんの前回時の苦戦具合がわかっていた上で挑戦しました。
    今回は同じ短刀である4人がいる部隊で、いくら大きなお兄さん達を助っ人に呼ぼうとも
    装備が一つしか付けられず、統率も低いデメリットがあろうとも
    逸れ続けても負け続けても、試行回数を重ねればきっと彼らは、
    ボスに到達して勝利してくれると信じる他ありませんでした。

    いやー、祈りゲーの化す刀剣乱舞は久々でしたね!!!!!

    ▋検非違使とどう戦うか、そうじゃない。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    私は1-1以外の全マップに検非違使マークが付いており、
    尚且つリスナーさんや友人達に言われるくらい、検非違使が来やすい本丸です。
    前回の伊達組時も検非違使には、それはもう色々とやられました。
    太鼓鐘くんが薙刀・大太刀からの貰い事故が多発することもありました。

    そして今回、その太鼓鐘くんと同じ短刀である大将組が4人。
    自分の準備不足により、今回はスタート時からカンスト大将組を使うしかなく。
    それに合わせて出現する昼戦検非違使は、最強状態。
    なんとかなるという話じゃない、戦えたものじゃなかった

    純粋に敵を落とせない、そして装備を一瞬で持っていかれる。
    いくら遠戦装備を積もうとも、相手の装備を2・3個剥がすのがやっとでした。
    何度か戦おうともしましたけど、検非違使と出会って中傷で済めばいい方。
    マップの序盤の方で出逢えば、その先装備なし中傷ではボスにたどり着く事も難しい。
    それ故に、どうしても検非違使戦は回避するしかなく試行回数が多くなりました。

    まぁ夜戦の方ではタコ殴りにさせて頂きましたけどね!!!!!!
    ねぇ検非違使さん今どんな気持ち?????

    ▋彼らの成長の証である、極。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    今回、極の彼らを出すかは本当に悩みました。
    それこそ極状態でやれば、怖いものなしですから。
    なので唯一極で出陣したのは7-1リベンジで後藤くんと信濃くん、
    7-2で厚くんと薬研ニキ、そして7-3で全員という形になりました。
    それぞれ2回ずつ極が出陣した形ですね、そこまでは通常のノーマル短刀のままでした。

    私としては、7-2までしかやってないのでわかりませんが
    通常の短刀を2人入れていてもボスで勝利出来ることがわかっていて嬉しかったです。
    それと同じくらい、極になるのはとても大事なことなんだと学びました。

    単純にマップ難易度が上がったからではなく、極になった姿が思い描いていたのと違うとか
    そんな些細な違和感で彼らの活躍の場所を奪うのは申し訳ないなと。

    今回は本当にいい教訓になりました、
    これからも彼らを含めた極短刀くん達にはさらに活躍して頂くことにします!( *ˆ﹀ˆ* )



    ▋最後の独り言。
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    前回の伊達組時とは比べ物にならないくらい、最高に沼った3-3や次点沼の4-4。
    本当にまさかの沼でした、全く予想していなかったよ審神者は・・・。
    私は短刀4の時点で7-3を苦戦すると思っていたのに・・・びっくりだ・・・。


    前回よりも苦戦したところは多かったですが、前回と同じように達成感がありました。
    通常ノーマル短刀でもやってくれることは多い!なので前回と同じく!



    推しの活躍の場所が無いなら!!!!!自分で作ればいいじゃない!!!!!


    長々と書いてあるのにも関わらず、お読み頂いて有難うございました。





    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。