滝っていいよな -シャーってなるやつ-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

滝っていいよな -シャーってなるやつ-

2015-06-18 19:42



    今回は番外編としてをお見せしたいと思います。
    廃墟はになったら需要が出てきそうなので、
    になる前にいくつか訪問する予定
    あくまで予定。いいね?





    俺 「なあ、お前と遠出に行くと いつもなんだが?」
    友人「え?いきなりなに?」
    俺 「だよ
      「前々から思ってたんだけど、お前と行くとになるのは何なん?」
    友人「それはあれだ」
      「日付を決めてから遠出をするから、運悪くに当たってるってだけだろ」
    俺 「それにしてもの確率ヤバくない?」
      「ポケモンの命中率で言ったら95%くらいあるよね?」
    友人「ポケモンの命中率で例えるあたり、全然信用ならないんだが…」

    (ヘタすると命中率100%でもはずれるからな、あれ)

    俺 「とにかくを回避する方法を考えよう」
      「やっぱ簡単なところで『てるてる坊主』かな」
    友人「なんでそんなメルヘンなの?」
      「つーか、最初から天気予報で晴れの日を遠出の日にすればに当たらんだろ?」
    俺 「なんと天才じゃったか!!!」
    友人「ホントにバカだな君は…」





    『雷滝』


    長野県にある雷滝。
    その名の通り、雷のように轟音を響かせる様子は圧巻の一言。
    またこの滝は別名『裏見の滝』とも言われ、
    滝を間近で裏側から見ることが出来る。

    『裏側』


    雷滝は年間通して水量が豊富な滝となっており、
    立っているだけでもバシバシ顔に飛沫が飛んできます。
    顔面セーフ。

    『水流』


    (おや、天気の様子が…)

    俺 「降ってきたじゃないですか!やだーーー!」
    友人「お前が雨男なんだろ」
    俺 「雨男はお前だ、お前お前お前。雨雨お前お前だ」
    友人「今にも肩がぶっ壊れそうな言い回しだ」
      「っていうか、その理論だと俺の毎日はじゃねーか」

    『裏側2』


    雨と飛沫のダブルパンチでカメラがやばい。
    とにかくびしょびしょでレンズがやばい。
    足元がグショグショで三脚もやばい。




    (帰り道のこと)

    俺 「ふぇぇ…三脚が重いよぉ」
    友人「なら、持ってこなきゃいいじゃん」
    俺 「三脚がないとシャーってやつが撮れないだろ!いい加減にしろ!」
    友人「え、なにそれは…」
    俺 「いやだから、シャーってなるやつだよ」
    友人「シャーってなんだよ(哲学) カーテンかなにか?」
    俺 「確かに見た目はカーテンみたく撮れるから、あながち間違っちゃいねぇな」
    友人(結構 適当に言っただけなんだけどな…)





    【滝レポート】

    ・雷滝
     長野県高井郡高山村にある滝。
     別名『裏見の滝』とも呼ばれ、
     高山村の名勝にも指定されている。
     駐車場からは徒歩5分ほど。
     なお駐車場は台数10台と少ないため、
     観光シーズンの際にはバスなどを使用したほうがいいだろう。
     冬季には観光客の安全性の観点から完全閉鎖される。
     雷滝という名前の通り水量が豊富であり落差もある。
     滝を間近で見れる反面 飛沫が物凄いため、
     カメラで撮影する際にはレンズにラップを巻いて、
     シャッターの瞬間だけ外すなどの工夫が必要。
     また 通路の頭上からはかなりの量の水滴が落ちてくるため、
     カメラを保護するためにも折りたたみ傘などを使用するといいだろう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。