ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 三十路ステークス’16

    2017-01-15 00:15
  • 広告
  • NLE設定方法

    2016-06-19 17:20



    各項目の設定、説明を書いていきます。

    ①プレビュー倍率
    プレビューの倍率です。配信画面がどのようになっているかを見る画面の倍率になります。この画面でいうと数字の下の真っ黒の部分です。プレビューが小さくて配信画面の確認が大変だという方は倍率を高く。モニターが小さくてNLEが場所をとってしまうという場合は倍率を小さくしてください。(クリックで倍率選択ができます。)


    ②画質
    コマ数重視と画質重視があります。このバーを左に寄せると数字が大きく。右に寄せると小さくなります。この数字についてですが例を挙げると、

    15コマ/秒→1秒間に15コマ
    30コマ/秒→1秒間に30コマ
    60コマ/秒→1秒間に60コマ

    となります。パラパラ漫画を思い浮かべてください。1秒間に15ページの漫画と1秒間に60ページの漫画。どちらが滑らかに見えるかわかると思います。つまり

    数字が多きい→滑らかに動く→画質は落ちる
    数字が小さい→かくかく動く→画質はきれい

    という風になります。配信内容に応じて数字を決定してください。静止画を表示しての雑談放送であれば1でいいです。(右側の数字はキーボードで入力することもできます。)

    ③アスペクト比
    アスペクト比は画面の比率になります

    簡単に説明するとした図をご覧ください。上が16:9下が4:3になります。黒枠がニコ生の配信画面の枠。水色が配信画面になります。4:3で配信すると左右に余白ができ黒帯ができます。ファミコンなどのレトロゲームを配信する際は4:3でもいいかもしれませんが基本16:9で配信して問題ないと思います。



    ④映像ソース
    何の画面を表示するかの設定になります。例えばカメラ配信をする場合追加→WEBカメラ→ウェブカメラ選択となります。よくある配信を例にどれを選べばいいか説明していきます。

    ゲーム配信→ウェブカメラ→Amarec Video Capture
    PCゲーム配信→画面キャプチャー→ウインドウをドラッグし範囲を決める。
    ※ウインドウ全体を配信したい場合はウインドウの上でクリックで問題ありません。

    その他
    メディアファイル→コメジェネや画像を表示したいとき。
    DirectXキャプチャー→DirectX対応のゲームを配信したいとき。
    テキスト→文字を表示させたいとき。(字幕など)

    ⑤音声設定
    簡単です。マイクを選んで音量を決めるだけ。

    ⑥スピーカーキャプチャ設定
    俗にいうステレオミキサーの代わりです。PCから出ている音をキャプチャーして配信に乗せてくれます。音量は大き目じゃないと配信に乗らない可能性があります。


    ⑦シーン切り替え
    今日はFPS配信して明日は雑談放送、明後日またFPSなどの時シーン1をFPS配信用、シーン2を雑談配信用にして設定を保存しておくことができます。(右クリックで名前変更可能)


    以上でNLEの基本設定は終わりです。次回詳細設定の説明をしていきます。

  • ニコニコ生放送の始め方

    2016-05-19 19:25
    ニコニコ生放送を0から始める人への為のメモ書き。
    主に私の推奨する配信方法は以下のいずれかになります。

    1.配信はNLE、コメビュはあんこちゃん
    2.配信はNLE、コメビュはNway
    3.配信はOBS、コメビュはあんこちゃん
    4.配信はOBS、コメビュはNway

    他にもFMEやXsplit,ffmpeg+FFsplitなどの方法がありますが今回はこの配信方法について説明をしていきます。

    まず上記4つの方法での配信を推奨する理由を述べます。

    配信ソフト
    ・FME⇒重い、日本語化できないこともないが基本的に英語
    ・Xsplit⇒重い、時代遅れ
    ・ffmpeg⇒おそらく初めて配信する人には向かない上級の配信ツール。

    コメビュ
    ・NCV⇒簡単に扱えるものの、機能が少なく配信者に向かない

    以上が理由となります。

    どの方法が自分に向いているのかわからない人のために各ソフトの特徴を述べていきます。


    NLE(Niconico Live Encoder)
    長所
    ・ニコニコの公式配信ソフト
    ・扱いが簡単
    短所
    ・OBSに比べ重く、大差はないが画質が悪い
    ・細かなビットレート設定ができない

    OBS(Open Broadcaster Software)※Studioの方

    長所
    ・NLEに比べ軽く、画質が良い
    ・細かな設定が可能
    短所
    ・設定がNLEに比べ大変




    Nway

    長所
    ・NCVより多機能かつ余計な機能が付いていない
    短所
    ・コメビュのみのソフトで枠取りなどは不可

    あんこちゃん
    長所
    ・多機能であり枠取りなどの機能もある
    短所
                 ・プラグインの導入など初心者には難しい

    以上が各ソフトの特徴となります。
    Nwayの方でも自動枠取り等の説明をしていきますので、好きなソフトを選び自分の方法を1~4の中から決めてください。

    各ソフトの使い方は次回の説明となります。

    ※配信ツールは一通り触っているつもりなので質問あればコメントをどうぞ。