【ポケモンORAS総括】あられ2構築【レート2000、2100】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ポケモンORAS総括】あられ2構築【レート2000、2100】

2016-11-11 21:36

    ものすごい今更感がありますが、せっかくなので備忘録もかねてORASで自分の中でそれなりの
    結果を残せた2つの構築を公開しておきます。

    個人的なポリシーとしてはゆきふらしのポケモンを軸にPTを組んで、
    運が絡みがちな電磁波や催眠等の技の使用は自粛しています。
    ちなみにORASでのTNはジバニャンで、オカルトマニアのアイコンで潜っていました

    【S12 最高2101 最終2040くらい】



    ユキノオー:ふぶき/氷の礫/ギガドレイン/地震 @メガ石
    (冷静)195(236)-152(0)-127(12)-200(240)-128(20)-45(0)

    ガブリアス:地震/逆鱗/岩石封じ/ステルスロック @ゴツゴツメット
    (陽気)189(44)-152(12)-140(196)-x-106(4)-169(252)

    ウインディ:フレアドライブ/インファイト/しんそく/鬼火 @食べ残し
    (意地っ張り)197(252)-176(236)-101(4)-x-102(12)-116(4)

    ラプラス:なみのり/フリーズドライ/氷の礫/めざパ(炎) @突撃チョッキ
    (控え目)223(140)-94(0)-105(36)-146(224)-122(52)-87(56)

    ボーマンダ:捨て身タックル/地震/流星群/大文字 @メガ石
    (無邪気AS)171(4)-196(244)-151(4)-141(4)-99(0)-189(252)

    ニンフィア:ハイパーボイス/サイコショック/シャドーボール/電光石火 @拘りメガネ
    (控えめ)191(164)-76(0)-86(4)-178(252)-154(28)-88(60)

    所謂対面厨パにはノオーを受けられるポケモンが多くないので、
    ガルーラをゴツメガブで削りつつ、ガルの裏にいることが多い受けポケ(スイクン・クレセ・カバ)に
    ユキノオーを繰り出して相手のサイクルを崩す感じの構築。
    ボーマンダはボルトロスや水ロトムを誘いノオーを活躍させやすくするための見せポケ。
    その他の苦手なポケモンはゴツメサメ肌の削りや、4体が所持している先制技でごまかしていました。
    このシーズン終盤あたりから催眠ゲンガーと秘密ガルが増殖して非常に辛かった思い出。
    PGLが終了してしまったので最終レートがあやふやですみません。

    【S16 最高2002 最終2002



    バンギラス:噛み砕く/ストーンエッジ/馬鹿力/冷凍パンチ @メガ石
    (意地っ張り)201(204)-237(252)-171(4)-x-141(4)-97(44)

    オーロット:ウッドホーン/鬼火/呪い/まもる @オボンの実
    (わんぱく)192(252)-131(4)-133(196)-x-103(4)-83(52)

    アマルルガ:ふぶき/フリーズドライ/大地の力/ミラーコート @気合の襷
    (控えめ)199(4)-x-92(0)-166(252)-112(0)-110(252)

    コジョンド:飛び膝蹴り/猫騙し/叩き落とす/めざパ(氷) @命の珠
    (無邪気)140(0)-177(252)-80(0)-116(4)-72(0)-172(252)

    ハッサム:バレットパンチ/叩き落とす/剣の舞/羽休め @メガ石
    (意地っ張り)177(252)-222(252)-160(0)-x-120(0)-96(4)

    ファイアロー:ブレイブバード/鬼火/羽休め/挑発 @ゴツゴツメット
    (陽気)175(172)-102(4)-121(236)-x-90(4)-173(92)

    襷アマルルガの対面性能の高さに魅力を感じ組んだ構築。
    このポケモンを使うにあたって特にネックになるのがガルーラとマンムー、
    次点でギルガルドハッサムローブシンあたりになるので、
    裏はそれらをメタるような形でPTを組みました。
    特に個体数の多いガルーラは強く意識して、対面高確率で勝てるコジョンド・HAバンギラス、
    後だし可能なオーロット・ファイアローと比較的有利なポケモンを4体採用。

    コジョンドはマンダーマンムーの並びを崩せるようにめざ氷を仕込みました。

    ちなみに基本選出はバンギアマルオーロットの3体で7割近くはこの選出をしていたと思います。
    バンギとアマルルガは弱点もろ被りですが、どちらも対面性能が高く、オーロットとの
    相性保管や天候ダメージとのシナジーもあり優秀なパートナーでした。

    またH振りのメガバンギの砂嵐下の合計耐久指標は78660と耐久特化クレセの77180をも凌ぐ脅威的な耐久力(弱点が多く回復技もないため体感的には半分程度の耐久力ですが)


    サンムーンではゆきふらしのポケモンが増えるみたいなので楽しみです。






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。