【ETS2MP】"nojob解決→遅配→nojob" 解決方法【1.31.1s】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ETS2MP】"nojob解決→遅配→nojob" 解決方法【1.31.1s】

2018-09-23 12:55
    マルチを導入したはいいけど仕事に何も表示されないnojob問題に何度も悩まされ、解決に至った方法を書き残しておきます。
     このnojob問題は以前からあるもので、今現在も頻発しているらしく解決法を取り上げたブログなどが数々あります。
     なので、ありがちな詳しい解決法はそちらに任せるとして、

    「何度"g_force_economy_reset 1"にしても遅配状態でnojobが起こる」

     私が遭遇したこちらの症状について解決を見た方法と、恐らく起きている内部処理についてです。

    【1】"g_force_economy_reset 1"でnojob問題を一旦解決する。(サーバーの時計との同期がズレている
    【2】短い仕事を受ける。→遅配状態でクリアする。(時計が同期する
    【3】進行状態をセーブする。(同期状態を保存する
    【4】nojob問題を解決する。(同期が維持されたまま開始される

     以上です。

     私はコレで解決しました。
     実際内部で何が起きているかは私自身推測しかできないので、質問には答えられないですorz

    【追記】
     この解決法は1日でも間を空けると再度行わなければ同期ズレを起こすようです。
     最初の1回は捨てるつもりで走るしか無いのかも知れません。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。