• 「人生百年時代」と人は言う。

    2020-01-20 14:23
    二年ぶりの実家への帰省に、二年ぶりに祖母に会いに行ったお話。

    最後に帰省した後、祖母はホームに入居したらしい。母も介護に疲れていたのと、父方の姉が費用を負担してくれるとのことだったので。

    最初俺のことを弟と見間違えていたらしい。似ていない兄弟なのだけれど、それには大してショックは覚えず。まぁそんなものかな、と。それに太って顔が丸くなったからな。丸顔の弟に俺が近づいた形なのかしら。

    補聴器をつけても耳はあまり聴こえず、同じ言葉を繰り返す。「ここに入ってからやることないからバカになっちゃっていくの。」

    手も腕もほとんど皮と骨だけみたいになっちゃって、えらく冷たい。
    それでも髪の毛はまだ母親よりもよっぽどフサフサだし、握る手の握力もそれなりにある。顔色も良いし、食欲もそこそこあるようだ。

    祖父が52歳で亡くなってから半世紀未亡人のおばあちゃま。祖父のことが本当に好きだった、尊敬していたおばあちゃま。よく祖父の話を聞かされ、「おじいちゃまのように立派な大人になるのよ。」と。鶴田家の長男として随分期待をかけてもらっていたのに、こんなダメ人間になってごめんな。

    会う度に必ず言われるのだけど今回もまた言われた、
    「早く結婚しなさいよ。」
    うん、結婚ってのは相手がいないとできねーんだよ?と今回もまた同じ言葉で返事する。

    母親が用事を済ませたところでまた来るね、と言ってホームを後にする。


    祖母に会う度に考える。人生百年時代と世間は宣うが、百歳になって何ができる。
    テロメアの研究がもっと進んで、我々が老齢の域に達した頃、健康寿命は延びているのかもしれない。けれど、若い頃に出来ていたこと、当たり前のようにこなしていたことが困難になって、日々をただ漫然と過ごすようになってさえも人生を謳歌していると言えるのだろうか?

    これは母方の祖母が同じくホームに入った時に考えたことだった。
    こちらの祖母も最後に会った時まではっきりしていて、普通に会話をすることができていた。
    それでも自分で歩行することは困難で、車椅子での移動を余儀なくされていた。
    母親が持っていくものはあれど、基本的にはホームで出される食事を食べる生活。

    「おばあちゃん、今生きていてどう思っている?」

    こんな残酷な質問、許されるわけがなかった。母方の祖母は母が一人娘ということもあって、我が家に同居していた。母も書道教室を開いていたこともあり、家を空けている時間が長く、俺は傍から見て相当なばあちゃん子だったと思う。『新婚さんいらっしゃい』から『アタック25』までを一緒に見るのが当たり前だった。
    そんな祖母に、戯曲のアイディアとしてつい聞きたくなったことだった。

    でも最期まで聞けなかった。

    多分、これは父方の祖母にも聞くことはないだろう。それを聞くことは人として何かを失う気がする。
    俺自身が口癖に言う「早く死にたい」と、祖母達の言う「早くお迎え来ないかしら?」では重みがまるで違う。
    そこにはそこに辿り着いた人だけが心に持つ結論があるのだろう。もしくは結論などないのかもしれない。
    その答えは俺自身がそこに辿り着いて初めて知ることなのだろうから、例え身内であろうとも踏み込んでよい領域ではないのだと思う。


    人生百年時代と簡単に言うけれど、80過ぎてまで齷齪働きたいと誰が思う。
    悠々自適な会長職とかならいざ知らず、そんな歳になってまで職場の前線で日銭を稼ぐことを前提に生きる人生なんざ御免被りたい。
    そんなことを簡単に言っているのは、死ぬまでの間を不自由なく暮らせるだけの蓄えがあるご立派な方々だけだ。俺からすれば妄言甚だしいとしか思えない。

    人として社会の一端を担って真っ当に生きてきて、老境の域に達した時、自分の人生を振り返りながら、のんびりと過ごしていける、それが老後というものではないか?
    それが出来る世の中になって欲しいと思うし、そうするためにこの国は今を変えていかなくてはならないと。
    それができる政治家がほとんどいないというのが絶望的なのだけれど。




    御年101歳。まだまだ元気であって欲しいと思うのは孫のエゴなのだろうか。
    それでもそうあって欲しい。俺の嫁さんと会ってもらうために(←ここ超難関




  • 広告
  • 秋イベントお疲れ様でし…秋?【パラオより哀を込めて】

    2020-01-17 13:51
    年の瀬から正月にかけて、大規模作戦お疲れ様でした。
    この時期は年末の繁盛期やらコミケやらリアルに時間をとられることの多いわけで、そこにきての大規模作戦は諸提督の皆さんは大変だったかと思います。うちも漏れなくそうね。
    凍京ネクロはギルド戦をそこそこに、MGCMもちょいちょいやりながら、みなみけ観ながらの参戦。結果から言えば本当にギリギリの作戦完遂でした。

    E-3から。甲作戦。
    初手潜水マス問題に悩まされながら、それでも大体鬼神通の夜戦パワーでどうにかなった印象。



    これ間違えて2ゲージ目のボス攻略時のSS消してたみたい。残念。
    でもきっちり神通が吹っ飛ばして、先発完投のような終わり方。勿論第一艦隊が頑張ってお膳立てしてくれたからこそなんですが。

    第一艦隊。



    第二艦隊。やはり神通は頼りになる。


    で、この時点で12月16日。まだ日数はあるということで、「でろいてる出ろい」と出るまで先に進めません作戦を発動……

    8周目で邂逅。


    大きな択捉ちゃん。気さくな良い子。この後クリスマスバージョンでびっくりさせられた。
    そして節分モードでまたびっくり。今年はこの子が運営推しなのかしらねと。

    E-4。甲作戦。
    前段までは何とか甲でクリアしたいというささやかな意地。

    ここも初手潜水マスに悩まされながらも削りは上々、このまま攻略中にヒューストン来てもいいのよ?とか考えていたものの。
    ラスダンがまー堅い堅い。装甲破砕ギミックをやってさえもうちょい、ってのが何度も続き、これちょっとヤバいか?と思いながらもひたすらBBB。
    友軍は来ていたのだけれど、ヒューストンがやたら仕事をしてくれない不具合。何だったら一桁のカスダメしか出さないので、おいこらしっかりしろ!と。

    そんな中、金剛艦隊が来てくれたら何かこう……派手にやってくれるじゃねーか状態。
    随伴艦蹴散らし、ボスフルボッコにして悠々と帰還。トドメとばかりに三隈がオーバーキル叩き出してあっさり終了。うーん、この友軍ガチャっぷり。

    フィニッシャーに回すまでもなく、くまりんこの一撃。


    第一艦隊。ここではショートカットに明石を採用。


    第二艦隊。LVが低くても特効艦。くまりんこお手柄。


    この時点で12月28日。明日は夜勤明けからの有明出撃が控えてる。

    そこからは年末年始と仕事に他ゲーのイベントに終始してしまい、艦隊運用はおあずけ。
    ま、年明けから本気出せばいけるいけるーなどと考えておりました。

    ちなみにE-5に中々出撃しにいく気力が湧かない中、とりま回そうとE-4周回。昼戦で全滅させるというほぼ完全勝利を手にした際、
    「あ、これ来るんじゃね?」
    と思ったら来てくれたヒューストン。大体20周回ったか?位。


    さて、E-5に出撃したのが1月8日。何やってんだよ、俺。
    いや、職場が替わったのもあるし、ネクロもMGCMも新春イベントあったからそっちに注力をして…

    E-5。乙作戦。そろそろ時間がないのと、この海域に関しては正直甲でやってもうま味皆無なので素直に乙に下げる。
    1ゲージ目は無難にクリア。2ゲージ目をボス前空襲上等の、高速化ナシで長陸奥コンビで蹴散らしにいく。
    空母お姉さんが一人なのが有情。が、肝心の胸熱砲が全然おねいさんに刺さらない。
    それでも随伴艦をダカダカ葬ってくれるおかげで、夜戦時にはほぼ旗艦単騎に。
    でもって友軍が強い。赤城さんが殺意剥き出しでやってくるし、インピマッマ艦隊も空恐ろしい位つおい。正直友軍だけで倒せるんじゃないか?と思う位なので、これ何かちょっとバランス悪くないか?と思った。うん、甲作戦攻略を基準に友軍編成してるよなぁ。

    特効艦の鬼怒が楽々フィニッシュ。おねいさん二人だったらこうはいかなかったかも。


    旗艦を狙わない控えめな胸熱砲に長門の紳士的な一面を垣間見た(狙ってください



    今回特効艦ということで何だか久しぶりの鬼怒出撃。
    改二になって以降、遠征だけで気が付いたらLV98になっていた苦労人。


    改めて鬼怒を出してボイス聴いたんだけどさー。ホント可愛いなこやつ。
    こういう嫁欲しいなー。年収気にしないでくれるこういう嫁欲しいなー(白目

    誕生日を夜勤明けうどん食ってメンテまでネクロのギルド戦回して寝て起きて飯食って仕事に行って終わらせ、翌日は大学方面の連中と新年会をし、その夜中。新春クエをビタ一文やってねぇぇぇぇぇ!に気づき、一日かけて寝て起きてを繰り返しながら完了。
    1月12日未明、職場同僚提督とLINEでグダ話しながらのE-5攻略完了。もう時間がにぃ。

    与太話ではあるけれど、E-5攻略中オークラ先生が5人も泥したのですが何すか?進水式でもあった日でしたっけ?毎度「見たことねー美少女キター!」って思わされてドキっとするんですわ、コミケ明けの祝杯秋雲。去年から見てたわ。

    そんな12日夕方まで、E-6。乙作戦。輸送ゲージ。
    まさかの夜戦に苦労するゲー。余りの大破率に途中バルジ積んだガングートを出してみたりするものの、そのガンちゃんがワンパン大破させられてなんだこれ、という迷走具合。
    単縦陣ではあかんのだな、と警戒陣に切り替え、何戦か回すと馴染んできたのかどうにか夜戦を潜り抜ける、がその先のネ級問題。

    これ乙だから出来たのだけれど、友軍がつおいからボスまで辿り着ければいいという選択。
    ネ級マスに基地航空隊を二部隊全つっぱで入れて第四陣で強硬突破。ボスマスでネルソンタッチをすればどうにか仕留められるのでは?という考えに至る。

    これが上手くハマってボスマスさえ辿り着けば何とかなるという削り。ネルタッチ不発時のみA勝利となるが、二巡目でも発動すればどうにかなるということが分かった。
    泊地修理マスギミックは採用、装甲破砕ギミックはなし。ラスダンで装甲値が上がったとしても倒せるという判断。

    削り時、第二艦隊旗艦とボスを残しての夜戦。友軍が先にボスを狙って倒すということが発生。あ、そうか。友軍で終わり、ということにはならない仕様でも、敵の誰かが残るならボスを仕留めてくれるパターンもあるのかー、と今更ながら知る。

    とことん削り切って泰然と帰還していく大和艦隊。もうこの娘達だけでいいんじゃないかな?


    そんな逆転現象を見た後に

    二人目のサラ着任。甲A0.8%らしいので、乙Sもその位?イベントお疲れ様でした。


    ではなく、本当にお疲れ様でした。


    晴着夕立、ソロモンに勝鬨を上げる。

    1月13日、午後12時16分。第二次作戦「南方作戦」完遂。

    メンテ前の午前中はやはりの残業で一回も回せず。本当にギリギリでした。

    で、噂の防空巡洋艦Atlanta、着任。この瞳、この胸部装甲。どうしても逢いたかった。



    今回の新規着任艦は石垣・Peath・De Ruyter・神州丸・Houston・Atlanta・そして何気に天城。これで雲龍型三姉妹がようやく揃いました。良かった、本当に良かった。

    秋霜・平戸については無念ながら今回邂逅せず。言うて秋霜はきっと早々にイベント泥に入ってくるだろうし(夕雲型の傾向として)、平戸は海防艦だからきっと石垣のようにここで無理して掘らなくても大丈夫との判断。……間違ってないよな?

    甲・甲・甲・甲・乙・乙でのフィニッシュ。まぁ順当かなという具合。
    何やらE-6甲クリアできなくて丁にするという提督を散見したけれど、甲で挑める提督なら乙でやればいいのに、と思うのは浅はかなのか?そこまで掘りで資源がなくなっているのか?GFCSは多くて困らないと思うのだけれど。ま、それも各提督個人の問題か。
    それだけ後段作戦は友軍頼みの展開でした。

    さて、イベントも終わり、節分イベントですな。銀河をもうひとつ欲しいところだけれど、ちゃんと豆回収できるかなぁ。
    新規艦娘達の育成もしないといけないし、次回イベントまでの準備はもう始まっているのですな。頑張っていきましょう!お疲れ様でした!


  • 新年明けましておめで…遅いわ。

    2020-01-17 11:11
    新しい年を迎えて早二週間余り。新年明けましておめでとうござ…寒中見舞い申し上げます。

    いやー、何せ艦これのイベントはあるし、それやる前に凍京ネクロとMGCMのイベントもやらなあかんし、元日付で新宿の店舗に出戻り(四年半ぶり三度目)を果たし、今なおアウェイ感を覚えながら必死に働いていたら、そらブログ書いてる暇もありゃしまへんて(言い訳

    そんな艦これのイベント事情は別に書くとして、新年のご挨拶を兼ねて誰も得しない今年の目標を備忘録的に。

    ・去年書くこと叶わずだったコンビニ関連の雑談モノを今年は書いていきたい。

    ・限定的一部に好評だった「つるまこ 演劇やめるってよ」の続編も。

    ・一人芝居を今年は最低一回は上演する。

    ・艦これのイベントをどこかしらで甲フィニッシュを決めたい。

    ・痩せる。

    以上です。

    まーホントどうでもいいようなことばかりだわな。
    それと今年は「攻めと自制」を掲げていきたいと。
    矛盾しているようで、やる時はとことんやるのと抑えるところは徹底的に抑えるということ。
    食費だな、これ。どうも雑に食べたいものを好きなだけ食べていた去年は、エンゲル係数が高かった気がする。それに加えて一部友人どものおゆはん会に参加すると、平気で諭吉先生が一晩で飛んでいくので、そこをめがけて普段は粗食に慎ましくすると。

    勿論、色々な人に逢う機会を増やしたいのでそりゃ普段を一層引き締めないとあきまへんな。
    芝居のための公演費用も捻出したいし、うーん、年収上げられないものか。。。

    とりあえずスロットは控えようと思います。年末ゴリっと勝ったおかげでコミケではあまり弾丸数気にせず買い物できたけど、年明け早々ゴリっと持っていかれて、結局変わらないじゃまいか、時間の無駄やんけ、ということがあって。
    六号機もなんだかなーな雰囲気になってしまったので、いよいよ手を出すものじゃなくなってきているな。でもどうせどこかしらで打ってしまうのだろうから打たないとは言わない(意志薄弱

    これから二年ぶりに帰省。すぐ帰れるところに実家があると、逆に帰らないのはアレだ。目の前が中学校だったせいですぐ行けるからとよく遅刻していたアレだ。違うな。

    不惑を迎えてちょいちょい経ったけれど、未だ道に惑うおっさん。惑いながらも少しずつできることからやっていきますかね。
    本年もどうぞよしなに。