青春。それは君が見た光。君が見た希望。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

青春。それは君が見た光。君が見た希望。

2018-04-04 14:00
    青雲な。

    世間(おいちゃん界隈)はポプテピで賑わっていたが、魔法使いの嫁がトータルバランスで一番だろうと思っていた今期。というか、ポプテピとまほよめしか観てなかった説有力。とある筋から『宇宙よりも遠い場所』という作品が良いと聞いてとりあえず三話まで視聴。


    何これ、尊い。


    高校二年生って、まだ自分が何者であるか、何者になれるのか、なろうとしたいのか判然としていない頃。でもそろそろこれからを考えなければと思いつつ、今何かできないか、と情熱を持て余すお年頃。人それを青春という。ロム兄さん!

    三話まででひとまず主要な南極4号まで出揃った感じなのかな。コメントを見ると色々伏線が散りばめられているようで、これからの展開と回収が楽しみではある。各話の引きがそれなりに強いし、それでいて今のところ爽やか。テンポもよくて観やすい。
    そして、作画監督がサムシング吉松!みんなかわいい!パッツン女子に目覚めそう!
    声優陣もいいですな。それぞれの個性がちゃんとあって、上手く噛み合ってる。ただたまに花澤さんが仕事してないの。そこが好き。

    これから話が南極に向けて話が進んでいくのだろうけれど、どんな障壁とかケンカとかあるのかな。それぞれのバックボーンがあって、ひとつの目的のために急に集まった仲間だからひと揉め、ふた揉めはあるんだろうな。いや、それが青春なのだ。そうやって少年少女は大人になっていくのだ。

    大人になってからの揉め事はホントマジ勘弁なんだけどな(白目

    おぢさん、高校二年の時に何してただろうなぁ。冒険、あったかなぁ。
    唯一文化祭を抜け出して、文化祭用Tシャツに学ランのズボンという出で立ちで東武東上線に乗り、豊島公会堂へ椎名へきるファーストアルバムレコ発ライブに乗り込んだくらいしかないなぁ。学校戻って担任に一時間説教食らった後、部活の顧問に一言
    「明日、お前一日店番な。」
    と言われて、次の日部活の展示教室入り口に犬の首輪で繋がれたっけ。良い思い出。

    人並の青春は確かに味わった気がしないでもないけれど、改めてあの頃の衝動や葛藤を思い起こさせてくれそうな作品で、この後も楽しみですわ。dストア入会してよかったね(突然のダイマ

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。