再出撃!よみずいランド‼ ~the another side~【パラオより哀をこめて 番外編】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

再出撃!よみずいランド‼ ~the another side~【パラオより哀をこめて 番外編】

2018-06-09 12:57
    やー、きついっすわー。何とかお茶漬けの差し入れまではできましたが、日の丸弁当までいけるかしら?
    というか、今週は何だか調子が悪いのか年並なのか睡眠に時間をとられることが多くて、色々とやることやれてねぇ具合。需要がないにしてもこれは前回の記事に合わせてすぐ書いておきたかったのですがね。

    再出撃!よみずいランド‼のアナザーサイド。園内でのことは前回に書いたので、そこに行くまでのことを備忘録的に書こうかと。

    前回、自転車でというところを重要と言いましたが、行ってきました自転車で。所沢からよみうりランド。下調べでは30㎞なさげだったので、まぁ新宿行くより近いしいっちょ逝ってみっかーとは思っていますた。
    当日は5時前に起床、デイリーこなしつつ、さてどうすんべかと考えていましたが、見事に晴天。これは行くしかないな、とシャワーを浴びて、愛車の空気圧チェックと油差し。

    休みの日の土曜、それならば道すがら調布に寄って行こうとも思いつく。

    何度かゲストで出して頂いた調布FM「林あやのラジオボンバー」の生放送が駅前のサテライトスタジオでやっているので、なんだったらお外で聴いていこうと思いまして。月末だから関村おじさんもコーナーで来るだろうし、お会いしたかったのでね。

    午前8時過ぎ。家を出発、一路新青梅街道を目指す。まずそこが大変。所沢街道を田無に向けて走る道は多々通っているのでいいのだが、久米川方面から新青梅に入るルートは一度しかなく、案の定真っすぐ突き抜けて行く道を違えて府中街道を直進、東村山の駅に出て遠回りをし始めていることに気づく。
    慌ててスマホのナビを使ってルートの検索を開始、なんだかよく分からない道をうねうね入って何とか新青梅街道に出た。ここまで既に一時間の経過。何だこれ。

    ……うーん、これ書いてて思ったけど、ここらの地理分からん人には全く面白くもない話だな。うん、今までが面白かったかどうかは別として。まぁ道中記なんで特に面白くないです。


    最初に言えや。


    新青梅街道に出ると道幅が広く舗装も安定しているので、快適にペダルを漕ぐことができる。しかしながらあれだね、今さら言うことなんだけど、ロードバイクが一番交通弱者だよね。車道では車に煽られ、歩道を走れば白い目を向けられる。もうちょい早く走れればいいんでしょうが、舗装状態の良い平地なら30㎞出ても、平均24、5㎞出せれば良い程度の残念エンジン搭載なのでつい車には配慮します。生き残るにはそれが大事。

    快適に新青梅を新宿方面へ、しばらく行くとFC東京の小平グラウンドがある滝山南の交差点に出ます。そこを右折して新小金井街道へと進入。ここで大体調布まで半分といったところ。よーし、パパがんばるぞい!とスマホを見てみるものの、

    「次の曲がり角までなげぇ……(´・ω・`;)」

    ひたすら直進の表示。一度心が折れてコンビニで一服。それでも何とか10時までには辿り着いておきたい、あまり休憩挟んでる場合じゃないと発進。そこで先行する専用のウェアに身を包んだ60代くらいのロード乗りの方を発見。失礼ながらくっついていきますよー。
    先行するお父さんがガッツリウェアにヘルメット、ついていく若僧が由良さんTシャツにジーパン、普通の帽子って周りから見たらなにこれもうわかんねーな。

    ひたすら直進していますがあまり景色に目をやっていなかったらしく、あれラーメン二郎あったんだ、とか学芸大学ってこんなとこにも校舎あったのね、とかグーグルマップ見て気づくことだらけ。この歳になって知らないことだらけなのだと思うのと同時に、両親がまるで目隠し将棋のように信号やら建物の名前を言いながら道の話をしているのを羨ましく思っていた少年時代の自分から、少し大人になれるような気がしてちょっと嬉しかったり。大のおっさんが。

    さて中央線をくぐって小金井警察を過ぎると噂の貫井トンネルが見えてくる。なんだこれ、めっちゃ勾配がキツいぃぃ。ブレーキングをしっかりしないと事故るわこれ。
    この坂をして「帰りは新小金井街道以外で帰ろう」と思わせられたわけで。
    そこを越えると横に東八道路が走り、前原交番西の表示。調布FMで聴いたやーつ。ここまでくれば大分近づいた気がする!

    そんなことありませんでした。
    ここからショートカットの意味で多磨霊園脇を通る道が選択される。こんまい道を走り、ようやく白糸台の交差点で出たのが国道20号、いわゆる甲州街道。
    ここからがまだあるのって感じなのだが、どうやら味の素スタジアムがあるらしい。
    はぇ~、こんなところに味スタってあるんだ~、自転車で来れるじゃん(家から20㎞)とフェイスブックに書き込んだら大学時代の友人(サッカー好き)に「この埼玉都民め!」と言われました。いやそんなにサッカー興味ないしねぇ。

    スタジアムクラスのアニメイベントがあったとしていかねぇからなぁ SSAとかさ



    中央自動車道調布インターを通過、下石原交番前で右折して鶴川街道に入り、ひたすらまっすぐ行けば多摩川を越えて目指すよみうりランドなのですが、ここは当初の予定通り、調布駅前のJ:COMショップに向かいます。何だかんだ言いながら10時前には到着。
    外からあやさんにアピールをして、水分を取ろうと自販機に相対していると後ろから声をかけてきたのが関村さん。挨拶をして会話をしてると、中で聴いていってと言われて有難くも店の中へ。生放送終了の12時までお邪魔してました。


    調布の駅前で堂々とアニソンをダダ流す天衣無縫なFM局(誉め言葉 


    その後の昼食までお呼ばれしましたが、そこまでご一緒させて頂くと本来の目的が果たせなくなるので、残念ながら辞退。後ろ髪をひかれる思いでスタジオを後にします。

    気持ちを切り替えて一路よみうりランドを目指しますよー、とスマホを見るとメールが一件。
    先輩からのメールで「今夜調布のジャズバーでイベントをやります。つる、時間があったら来てください。」とのこと。
    いつだって急なのだ。今日の今夜で予定がとれるかって。しかしながらただいま居るのは正に調布。仕方ないのでオーナーやママさんに顔を見せる意味で伺おうと決定。
    道すがら店に寄ってみると、ボーカル教室をやっていたのでママさんには話をしておいて、また来ますと行って一旦離脱。今日という日が長くなりそうだと思いながら。

    鶴川街道に戻って一路よみうりランド方面に向かうと多摩川とその先に見えるランドの観覧車が。

    ここの多摩河原橋以外を探すとまぁかなり遠い間隔で多摩川に橋が架けられている
    もっと通れる場所があるものだと思っていたんだけどねぇ



    橋を渡り南武線矢野口駅を通過。何故かヘルシェイク矢野に思いを馳せるが5秒で霧散。
    榎戸で折れて進むと京王よみうりランド駅が見えてきましたよ。
    前段作戦の時はここから引率の方に車で連れて行ってもらったから、あの坂の恐ろしさが登る前からひしひしと感じる……。さてどうするものか。
    一応ね、色々検討していたわけですよ。調布駅前で自転車を預けて相模原線で来る。となればもちろんゴンドラですわ。でも今まで漕いできた距離考えれば、地図と照らし合わせてランド駅まで自転車で行ってもわけないな、と。

    がっ!問題は坂!


    車で登っているのを見ていても「あ、これあかんわ。」と思っていたのを間近で見ると何これやヴぁい。それでもロード乗りのお兄さん達がシャコシャコ登っては下りてをしているのを見て、ここまで来て引き下がれるかよ、と勢い登り始めます。全てはネタのため。

    路肩から 写真で見るとそうでもないんだけどねぇ見えなくなるカーブ辺りからが地獄




    あ、死んだわこれ


    最初のカーブのところで引き返す気満々マンになってました。だってギアをいくら軽くしても前に進まねぇんだもの。鎌倉高校女子自転車部で、一度坂道でダンシングに入ったらシッティングに戻れないってやってたのを思い出してひたすらそのまま漕いでいたのだけど、歩道を歩く元お嬢さん達と速度が変わらないんだもの、心が折れる。
    S字を何度も休みながら(休むくらいならダンシングすればいいのに)登り、ジャイアンツ球場入り口手前でギブアップ。自転車から降りて押していくことにしました。なんとふがいない。
    まぁ、そこからはキッツイ坂とかないんですけどね。だからホントもうちょっとだったんですけどね。ここはリタイア扱いですね。でもどうにか足に溜まった疲労が少し歩いたことで抜けて、そこからはまた愛車に跨り進みます。気持ちよく高低差のある道路を走っている中、木陰から覗く遠くの風景がやたら下の方に広がり、随分上の方まで来たんだなぁと思わせる。なんでこんなところに造った!言え!

    行き来するゴンドラを眺めやりながらやっとこさっとこ到着。

    着いたー!って感じがする観覧車


    その後の中でのことは前回の記事を参照で。
    17時を過ぎて満足したおっさん提督はまた愛車に跨って山を下ります。

    日が落ち始め、遊園地を後にする時の一抹の寂しさが子供の頃と変わってないなと感じる


    行きは地獄の登り道、されど帰りは下りの楽な……

    ょっ!あぶねっ!待て待て、スピード出過ぎぃぃぃ!!

    ブレーキ緩めると平気で40㎞を超えるの待って。しかもS字に車が追い越していくの怖すぎ!

    無事に坂を下ることができましたが、こういうとこを平気でビュンビュン飛ばしていくお兄さん達に憧れるわまじで。しかも下ったところで折り返してきてまた登ってきてるし何なのもう。

    その後は調布のジャズバーに行き、イベント終わりまで。帰路に着いたのは23時を回った辺り。帰りは下石原交番前から武蔵境通りを抜けて田無の駅前へ。この道が一番舗装が良くて走りやすかった。今度からこっちを走ろうかな。
    所沢街道に田無から入り、いつもの夜は暗い細い道を心地よい疲労と共に漕ぐ。いつもは秋津町三丁目を左折して新宿線を渡る陸橋へ向かうのだが、今回は直進の旧所沢街道で所沢駅東口の方へ。こちらもキツい坂があるが、ランド坂の洗礼を受けた後ではそこまでとも思わず、今回ロード乗りとして経験値が上がったなと実感。地元に戻ったのが1時半だったので、腹も減ったでラーメン食って帰宅。使った分のカロリーを即摂取。だから痩せないんでぶー。

    といったところが今回のよみずいランド再出撃の全て。まぁ、ここまで真面目に読む人なんざいやしないんだろうけれど、お疲れさまでした。おっちゃんの備忘録もこれでおしまい。

    なんだかんだ楽しかったなー。ある一点を除いては。
    というその一点を次回に持ち越してこれにて〆


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。