おっちゃん、選挙に行く。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

おっちゃん、選挙に行く。

2019-07-21 15:59

    僕知ってるよ。こういうところで政治のこと真面目に書いてもコメントしてもらえないことくらい。

    でも書いちゃう、悔しい!ビクンビクン!!

    金曜夜中に食ったつけ麺で軽く胃もたれ起こして、土曜は外出する気が起きずに家で引きこもり。ま、胃もたれしなくても外出する気なんてなかったわけですが。

    ここんとこブラゲのWIKI見てもncnc観ててもやたら出てくる広告に『MGCM』ってゲームがありまして、これももうDMMという時点でお察しなんですが、いい加減目に付くのと「制作費用12億円」とか言ってるもんで「この野郎!やってやろうじゃねぇか!」となったわけですよ。

    おかげさまで丸一日とても良い休暇がとれました。ガッデム。

    何か所謂ね、こういうゲームの最初期あるあるの「AP(アクティブポイント=コマンドができるポイント)がレベルアップのスピード早くて強制わんこそばのように積み上がって使いきれずにやり続けてしまう」にまんまと陥ってしまったと。
    んでね、ストーリーは魔法少女を集めて、「人の存在を消す」悪魔と戦わせるってやつなのだけれど。
    まずね、R-18版で始めちゃったじゃない?冒頭からエッチらおっちらしてるとこからなんですわ。ま、それはいい。んで、ポップな絵柄と軽快なテンポで謎を散りばめつつ、チャプターを戦闘を交えて進めるわけですが。

    チャプター4で急展開を見せるわけですよ。R-18版ですから、エロなんですけれどグロシリアス。
    正にまどマギの第三話。可愛らしいガワを一気に剥いでドシリアスに振り切ってきおったわけですわ。
    これがもう俄然今後のシナリオが気になって気になって。
    丸一日かけてチャプター8まで進めていました。ガッデム。

    雑に説明すれば、『まどか☆マギカ』と『シュタインズ・ゲート』と『ぼくらの』の世界観をごっちゃに混ぜた具合。
    こう言ってしまうと二番煎じ感が出てしまうけれど、そりゃ世の中これだけ作品が溢れているのだもの、コンセプトやシチュエーションが似通るのは仕方がない。それをしてここまでやらされてしまったのはシナリオの妙なのか、エロの為せる業か。

    一般版もありますからね。興味のある方はやったらいいじゃない。残念ながらPC版しかなくて泥非対応なのだけれど。

    そんなものやら何故か息抜きで観た動画からSCP関連の調べものやらで時間を費やした結果、こんな時間になりましたが、行ってきました投票。やっと本題。


    所沢に引っ越して十余年。幾度となく参じたわけですが、今回はこう…何と言うか、政権与党に対して消極的な気分ではある。
    だからと言って、他にまともな政党がないのが問題で、れいわ新選組?山本太郎氏が何やら賢しく総理を突いていたようですが、そも新選組って幕府側だよな?とか野暮なことは置いておいて、そういうことがちゃんとできるのは悪くはないよなぁ、と思いつつ、流石に政権担ってほしいとは思えないのでそっちは他の人の投票に任せようってんで、珍しく比例の方へは個人名を記入。

    今の与党で政権は良いとして、ただ諸々危ういところはある。それをしっかりと内部から指摘・補正をかけられる人間を送り込まねばならない。一概に自民党マンセーと言えないのが政治の難しいところというか。やはり民主主義というのは衆愚政治だよなぁ、というか。
    まぁ、政治屋が全て悪いのではなく、それをとりまく経済界、ひいては法曹界までもが金、金、騎士として恥ずかしくないのか!な状態であって。

    もう政治家の年収500万くらいにしたらいいんじゃないか?それでも喜んで俺やるぞ。
    年収350万の公費別で、でもいい。この国まともにしたい、それだけ。

    物事何でも白黒だけでは分別できないもので、そこで言うと自称「アベガー」の方々は何でも白黒つけたがって、割と平気で感情論だけで物申すからたちが悪い。
    民主主義ってのは「最大公約数の幸福」を目指すものであって、妥協・譲歩があるものだと理解してほしい。それが嫌なら俺が常々言う「善良なる統治者の絶対王政」が至上なのだと。そんな国あったら住みたいわ。

    まぁ、そんなことを考えながら投票所に向かいましたわ。
    こればかりは仕方がない。投票でしか民意として参加できないのだから。俺の前にいたおじいちゃんなんか
    「参議院と衆議院とで何が違うんだい!?」
    とか仰られていて、そんなジジイでも投票しにくるわけだから、若者は全力で投票するべきだと思いました(こなみかん

    消費税がとか隣国がとか改憲がとか色々あるけれど、表現の自由や著作権問題とか現場を知らないおっさん共に弄られるのを防いでくれる人を国会に送りたい。ヲタ(と目されるもの)としてま、やれることはやったぞ、と。

    後はどう結果が出るか、だな。それで今の若者が、Twitter民が口だけなのかハッキリする。
    一抹の不安はあれど、今晩の仕事のために寝るとしませう。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。