ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

セオリーに負けたくない反骨精神のウマ娘トレーニング。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

セオリーに負けたくない反骨精神のウマ娘トレーニング。

2021-06-14 15:24
    あとウララとスーパークリークの二人をもっていければ、現在ウチに所属している29名(Wテイオーなので実質28名)を全員A評価にできるのだけれど。

    どうにもウララの、「もうちょっと」が抜けられない状況でモキモキしながら休日を消化していたわけですわ。
    んで明けて本日。ジェミニ杯あるのすっかり忘れてたのよね。急いで午前中に育てたクリークがこれ。



    ジェミニ杯は天皇賞春仕様、だってのに敢えて育成法。一枚もスタミナサポ挿してないんだぜ…。



    正直グレード戦の基本育成はスピスタをSS目指して金回復三つを載せる、が原則みたいなネット界隈。自前の固有が回復のクリークかタキオンが優勢とは思うが、タキオンの距離適性上げる手間が惜しいのでクリーク一択。更に自前でマエストロ積めば上等なのだが、マニーなくてそこまで覚醒Lv上げられにゃい。
    まぁダメ元だわと参戦。
    これが競バの妙というものか。スピSS+、スタSのウェディングマヤノに勝ってしまうのだからホント、ウマ娘は分からない。ステータスで勝ってるの賢さだけなんだけど。賢さは長距離では肝かもしれん。京都の3200は二回坂を下るからそこで差が出るのかも。

    このクリークにウチの秘蔵ルドルフ会長と併せて何とか三勝してAリーグ進出。やったぜ。



    調子に乗ってAリーグに進出してしまったけれど、人外魔境でフルボッコにされる未来しか見えません。マッチングの妙でたまたま三勝できただけだから。でもまぁ、いわゆる世間に出回ってるセオリー的な育成に一矢報いたというのもあって既に満足。スピスタ上げときゃ勝てる、みたいなのおもろないやんな(反骨精神)
    ほら、これでおまいらにも希望が見えてきただろ?長距離育成は短距離の3倍くらい難しいと個人的には思っているけど、皆も頑張って、どうぞ(精一杯の煽り)

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。