ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

シェアファンこぼれ話 第六回「追加クラス」その3
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

シェアファンこぼれ話 第六回「追加クラス」その3

2014-06-30 21:05
    さて、現在シェアファンの公式サプリメント「Advanced Adventure(アドヴァンスド・アドヴェンチャー)」が明日(7月1日)までのセール中ということで、再び再度繰り返し宣伝も兼ねてこぼれ話的に通称アドアドで追加されるクラスの紹介の続きを書いていこう。


    公式サプリ アドアドの購入はこちら(要TwitterID)→http://ameroad.net/l/dAs


    さぁ最後に紹介するのはこの度新規に追加された二職だ。まずは"理術士(ソーサラー)"から解説していこう。
    理術士は、天性の才能として魔術的な効果を持つ能力"理術"を使いこなす特殊な存在だ。
    いわばイメージとしては超能力者といってもいい。唐突な才能に目覚めた彼らはそれを磨き続けることで実践的なレベルまで到達している人々だ。
    逆に言えば多少才能に目覚めていても、実践的なレベルに到達していない人々はまだクラスとしては理術士とはいえない。理術士の卵達はもしかしたらその能力を薄気味悪いものとして自ら封印してしまうこともあり得るからだ。

    しかし、その能力は同等の力を使う魔術師と比べても劣らない、むしろ協力になりうる可能性を秘めている。単純に魔術師の魔力にあたる理術士の理力は、比較して魔術師よりも高くなりやすいようにできている。より強力な力を使うこなす可能性があるのが理術士なのだ。
    さらにいえば、理術士はPPというよくあるマジックポイントのような数値を減らして理術を使用するため、スロット制の魔術と比べても初心者向きのクラスといえなくもない。

    勿論、理術士がいいことずくめなわけではない。まず第一に理術は魔術に比べて基本的に幅が狭い。最初は基本魔導術とその他一つの系統しか使用できない。フィートによって増やすことは可能だが、取得の幅については明らかに不利である。
    そしてPPも自由に理術を仕える分、スロット制の魔術よりも使用回数的にはやや劣る。
    そして最大の問題は魔術師の魔術書のように他人の理術を修得することはできないということだ。
    魔術師は他の魔術師の魔術書を奪い、魔術の種類(幅)を増やすことができるが、理術士はそもそも魔術書にあたるものを持たないし、他人に伝えるすべも持たない。
    よってどう比較しても理術士が魔術師よりも幅広い術を使うこなすことは難しいとしか言いようがない。

    逆に言えばそれもどの魔術を使用するかという判断に割く労力がやや少なくなるため、初心者向きだし簡単だとも言える。一長一短があるので、自分のキャラクターが何をしたいか、どういった能力をもつものを作りたいのか、よく考えて使うのが良いクラスと言えるだろう。


    では最後に"錬金術師(アルケミスト)"を紹介しよう。
    はっきりといっておくが錬金術師は地味である。フィートの殆どは錬金術という秘薬や毒、特殊な錬金成果物の作成を強化するものばかりであり、直接戦闘や情報収集、野外活動に係るものは殆ど無い。
    唯一の救いといえば、本業の魔術師には劣るが魔術を少しばかり使うことも可能だという点だろう。

    どちらかといえばフレーバー色の強いクラスであり、いわゆる錬金術師を演じたい、また渋いクラスで苦労したいというやや玄人めいた欲求を持つ人にのみある程度おすすめするクラスだ。
    とはいえ彼らは決して役立たずというわけではない。
    その創りだす秘薬は効果時間の長い便利な効果があるし、それらのエキスパートとしてパーティーに与える恩恵は決して小さなものではない。
    ただし、何事にも製作には時間が必要であり、彼らを活かすにはややのんびりとした時間的感覚というかスパンで活動することを前提としなければならない。

    他のTRPGでいうような大活躍する錬金術師を想像するとやや拍子抜けやがっかりするかもしれない。
    しかし、出来る限り史実の錬金術師に近しく怪しくもマッドな彼らのクラスは独特の魅力を持って君の冒険者ライフを彩ってくれることだろう。


    さて、本日で追加クラス紹介も最後となる。
    アドヴァンスドアドヴェンチャーには追加クラス以外にも高品質な武器・防具・道具の値段や流通レベルの求め方、あるいは部位狙いのルール、ジオ文化圏の都市の情報など色々なものが掲載されているし、さらに今後のアップデートも予定されている
    これまでの記事で興味を持ってくれた、あるいは今後来るであろうアップデートや者絵ファンの未来に期待してくれる人は応援と思って、余裕が有るなら買ってみてもらえると嬉しい。

    それでは、また次回、おそらく基本ルールブック1.8アップデートの時にでも!

    公式サプリ アドアドの購入はこちら(要TwitterID)→http://ameroad.net/l/dAs
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。