ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 伝えたいこと

    2017-05-18 13:224




    心は制しがたいもの

    だからこそ常に自分の思いをみつめ制御していかなければならない
    他者と比べるなかれ 一番の幸せはあなたの心が静寂で柔らかな光
    に包まれている状態のこと 自分を知り 相手を知り 受け入れ見
    つめていく 良くも悪くも全ては学び 学びながら進みましょう 
    生者も死者も心の持ちよう 心で負ければ負かされる 強い心を持
    って進めばどんな敵にも打ち克つことができるでしょう

    あなたの人生はあなたのもの

    誰にも否定できない 世界でたったひとつの人生

    世界でたったひとつの人間 胸をはりなさい 

    あなたはたくさんの巡り合わせから奇跡的に産まれた

    たったひとつの存在なのです。

    あなたが幸せでありますように
                         白龍友彦


  • 広告
  • 名前は寄り添うもの

    2016-11-22 13:36
    IllustAC Illustrator I さん


    名前とは?

    良くも悪くも寄り添うもの

    付けられた名前 も 付ける名前も 寄り添っていくもの

    毎日、目にして毎日呼び・呼ばれ 繰り返し自分に馴染んでいくもの

    言葉・字にはとてつもないパワーが宿っています

    たかがネーミング されどネーミング さまざまな名前

    ネット上のハンドル名 ゲームでのハンドル名 SNSでのハンドル名

    ここで ポジティブ は ポジティプ ネガティブ は ネガティブにという

    法則が現れます。

    自らを示すのが名前である。だからこそポジティプネームをおすすめしたいと思います。

    光-闇
    明-暗 
    light-dark
    聖-魔  etc
    さまざまな言葉の海の中でベストチョイスをしてほしいです

    こうなりたいという名をつけるのも良いでしょう

    父母がつけてくれた名前は

    初めての父母からの愛情表現である

    どんな名前であれ愛情なのだ

    (流石にピカチュウとかはやめておきましょう)

    もう一度言おう 

    名前は寄り添うもの

    どうか名前を大事にしよう 

                          白龍友彦







  • 嫌われる方法

    2016-10-11 12:07



    嫌われる方法
    (受け入れ拒否)
    ・いや
    ・そうじゃなくて
    ・でも
    ・だって
    ・はぁ?
    ・違う

    言葉の頭出しにこれらを付けるのが習慣になると
    あら不思議人がどんどん離れていく...
    このワードが意味するのは  否 定

    誰しも否定されることを嫌います。誰しも共感や肯定をもとめるもの。

    頭から否定されると「何クソぉ!!!」となっちゃいますよね。

    もちろん否定しなければいけない!というときは否定すべきですが

    頭出しに否定を使わず肯定から提案という形で考え方の方向補正を

    求めたほうが結果的にうまく進むということは多々あると思います。

    ならばどう肯定していくか?

    明らかに自分の考えや感覚と違う場合はどうすればよいのか?
    -----------------------------------------------------------------------
    目の前に黒い椅子があります。
    私(これはどうみても黒の椅子だ...)
    Bさん(グレーの椅子がある...)

    Bさん この椅子はグレーよ。
    私   そうか、この椅子はグレーなんだね。
    Bさん そう、この椅子はグレーよ。
    私   なぜグレーなの?黒い部分が多く感じるけど。
    Bさん この椅子が黒だとしたらあまりにも薄すぎるわ、足の部分はネズミ色だし。
    私   なるほど!足の部分も含めて全体的にグレーと見たんだね
    Bさん そう、だからこの椅子はグレーよ。
    私   そうかこの椅子はグレーでもあり黒でもあるんだね。
    ----------------------------------------------------------------------
    このシチュエーションであれば対立しようとすればいくらでも出来るはずです。
    喧嘩の原因など些細なもので、椅子の色の言い争いで大喧嘩なんてのもよくある
    話ですよね。

    では頭出しをどう変えていくか?
    (受け入れる)
    ・そうだね
    ・うんうん
    ・なるほど
    ・そうか
    など受け入れることから始めると建設的なコミュニケーションがとれる。
    私はそう考えます。

    受け入れること、それは相手への思いやり、理解をしたいという姿勢。

    毎度、駄文で申し訳ありません。何かのヒントになれば幸いです。(^人^)

                                 白 龍 友 彦