Ima
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Ima

2019-08-05 15:44
    芸術家にとって今現在への認識、それがこの世界の全て。過去や未来を識ることは出来ない。歴史を学ぶのであれば今学ばねばならぬ。此処で行動を起こさなければその意志は過去と成り、存在しないも等価な何かになってしまう。存在は今を繰り返す。"今"という時間しか人間は変える事は出来ない。芸術に於いてもそうだと言える。芸術とは型の反復である。今が最も優れている。そうでなければ存在する価値が無いし、今生み出せる何かを創り出さなければ進歩は無い。真似ぶ(学ぶ)のも同じことである。歴史を学ぶにしろ、常に現在を見据え未来を見通した先にこそ歴史との相似を見出し前に進む事のみを目的にしなければならない。過去に従属してはならない。その上で歴史上偉大なアーティストは"共時代性"を持っている。それは"同時代性"とは似て非なる概念であり僕の造語だ。要はシンクロニティを利用し逆転的に超越論的な存在を実証し自己のオブジェクト構造を一つメタレベルに上げるという事である。芸術や哲学はそれを生成するための装置でしかない。神になること、と言っても良い。人間の基本原理は生存と種の繁栄だが物質世界に置いて存在に揺らぎが生じた時に神を必要とする。神性なるものを自己の内側に求めるか外側に求めるかの違いはあれどそれは"今"手の届くところにしか無いはずだ。 BGM アウトサイダー - Eve




    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。