• 灰狼の学級 ハード&クラシック ユニット紹介及び簡易攻略

    2020-02-20 03:33

    こちらの記事はFE 風花雪月、及びに煤闇の章のネタバレを含んでおりますので、予めご了承ください。



    2020/2/13に有料DLCでサイドストーリーが解禁されました。

    自分は仕事の都合上、プレイ出来たのは3日前からで昨日やっとクリアできました!

    難易度はハードでしたが、本編のハードよりは難しくてやり応えがありました。増援即行動がない分、初見でも頭捻ればなんとかなる分考える楽しさもありました。

    また様々なギミックもあってか、計略をうまく使わないと一部の章の難易度が格段に跳ね上がる印象を受けました。


    今回は灰狼の学級で使用したユニットの紹介をしていきます。



    ただ、先に1点お詫びすることがあります。主人公リンハルトのステータス画像撮り忘れてしまいました。そのため、主人公とリンハルトだけは画像なしで書いていきます。

    おそらくこの二人に関しては縛りなしで攻略する場合、職種に関しては皆同じものを選ぶと思います。


    では以下ユニット紹介。ステータスは最終決戦前のものになります。
    〇ユニット紹介

    ・主人公

    画像がないので寂しいですね…。

    レベルは31でソードマスター1本で育成しました。わざわざプリーストにする人は縛りプレイしている人ですね。

    間接武器は天帝の剣があって、拠点に戻るたびに5回復するのである程度雑に使って問題ないです。

    ステータスも速さも力もあって、斧相手には斧殺しが発動して大体躱してくれました。ただ、EP.6のボスとラスボスにはそれでも力が足りませんでした。硬すぎるよ枢機卿。

    ・エーデルガルト



    画像は最終決戦前ウォーリアーにしたら鉄の斧でギリギリ追撃取れたのでジョブチェンジしました。

    EP.6まではフォートレス、最終決戦だけウォーリアーにしました。

    フォートレスで運用していた理由としては2点あって、
    ①鋼の盾を装備しても攻速落ちしない
    ②鋼の盾を持たせることで物理をある程度数値受けできる

    今回は最初から技能や職種は固定されているので、本編のように回避に頼るプレイングは厳しいです。

    そうなると遠距離魔法や狙撃で釣り出す必要があるのですが、やはり限界があるということでエーデルガルトにはタンク役をお願いしました。

    斧で技や幸運が高くないので命中には難がありましたが、今回の攻略には欠かせないいい仕事をしてくれました。



    ・ディミトリ


    灰狼でもゴリラで頼もしかったディミトリ。

    ディミトリに関しては勇者かパラディンか好みが別れるところだと思います。今回はパラディン1本で頑張ってもらいました。

    理由は2点で、
    ①風花雪月は全体的にマップが広いため、機動力が欲しい場面が多い
    ②魔物用に槍が使えるユニットがほしい

    実際移動8で攻撃役と簡易壁両方担ってくれるディミトリは11人の中で最強格に入ると思います。

    敵で多いアサシンにも剣殺しできっちり攻撃を当ててくれるところもポイント高かったです。


    ・クロード

    このルートにおいて級長の中で一番影が薄かったクロード。

    ドラゴンナイトかスナイパーならスナイパーでしょ!ということでスナイパーにしましたが、微妙でした。ハンターボレー欲しすぎる。

    序盤は追撃が出て強かったのですが、成長の影響もあるのか終盤は追撃出ない上に、飛行系も鋼の弓でワンパンも怪しくなってからは「ドラゴンナイトでifの天馬武者みたいな使い方したほうが強くない?」と思い始めました。

    序盤はアッシュと一緒にハピを曲射で射貫いていたので、EP.1はスナイパーのほうが楽だと思います。


    ・リンハルト

    リンハルトはウォーロックかビショップか選べますが、ビショップ1択です。

    リブロー使えるのリンハルトだけです。
    もうこれだけで存在価値があります。実際リンハルトリブローかレストかライブ使う場面滅茶苦茶多かったです。

    あとEP.6の遠距離魔法祭りで聖水使って受けてもらったり、本編でもワープリブローマシンでしたが本編よりも輝いていました。アビスの後はゆっくり寝てください。

    まあ…本編では青ルートで永遠の眠りについてしまいましたが…。


    ・アッシュ



    ステータスは正直クロードに完敗でした。ただ、活躍の機会はクロードより多く腐りにくかったです。

    理由としては4点。
    ①騎士団が応撃の構えで、射程3のユニットや遠距離魔法の処理が捗る
    ②命中+20のおかげで射程3までは殆ど技を外さない
    ③鍵開けられるのがアッシュと後述のユーリスしかいない

    ④狙撃が使えるのが11人の中でアッシュだけ

    上記4点から、ステータスだけではない能力をアビスで発揮してくれたと思います。

    騎士団に関しては新しく雇えなくても他のユニットと交換できるのですが、魅力の高いクロードに補助系の騎士団を帯同させるメリットは薄いです。

    2射程から反撃受けても良ければアサシンも悪くはないと思いますが、アッシュは弓の攻撃力上げたほうが立ち回りやすいと思います。


    ・ヒルダ



    自分のターンにおいて最大火力を発揮してくれました。

    斧担いで追撃出たときはほぼワンパンでした。本当に火力は半端なかったです。

    ただし、アサシン相手に計略以外で攻撃するのはやめましょう。それはプレイングミスです。


    ヒルダは「攻撃当たらなくて使いにくい」という方は錬成した武器持たせて槍持ちに殴りかかるかアーマー相手にメイスで殴りかかってください

    ペガサスナイトは試していないため、試した人いらっしゃればコメントいただけると嬉しいです。


    ・ユーリス



    終盤までアサシン相手に速さで勝負出来た男ユーリス。

    速さは足りるものの、攻撃力がとにかく足りない職種スキルに達人系がないため、強い武器持たせて補ってました。

    しかしユーリスには再移動を可能にする装備品を持ってくる上に、5マス以内のユニットと位置を入れ替えるトリックが便利すぎました。


    トリックがなければEP.4に関しては時間切れが頭をよぎるレベルでした。成長率を見ても上の世界で戦えるスペック持っているので、楽しみにしたいと思います。



    ・バルタザール



    普通にプレイした場合、唯一の格闘職。(主人公やエーデルガルト、ディミトリあたりに篭手は選択肢の一つ。)

    バルタザールのライブの応急処置感はすごい。経験値稼ぎみたいなものです。

    最終決戦時に格闘の達人+力30あると、ヴァジュラ装備時に枢機卿の分身を弐撃必殺できます。

    EP.6の毒ダメージも瞑想で回復できたこと考えると、育てておくと終盤楽になるユニットと言えるかもしれないです。



    ・コンスタンツェ



    飛べる魔法職というだけで強いです。これはもう数値では表せないです。

    というか、数値で表すとワースト3に入るくらい成長率が低いです。

    成長率がどれだけ低かろうと使える魔法に関してはサンダーストームがEP.2から使えるので、釣り出しや倒したいユニットを削るのにも便利でした。

    これで白魔法も使えたらもっと使いやすそうですね。本編での活躍に期待しましょう。



    ・ハピ




    射程に自信ネキことハピ。移動6からのデスΓの射程4は強かった。


    欠点はフォートレスにすら追撃できない攻速
    。びっくりするくらい遅いです。

    実際に使うとEP.3では雑魚ゴーレムの射程外からアーマー1枚壊せたり、バンシーΘやウォームΖで弱体化が狙えてトリッキーで便利でした。

    女性陣に関しては魔法が豊富かつ、武器と違って消費しないのでガンガン殴りに行けるのもメリットだと思います。


    ユニット紹介は以上になります。あとはEP毎の簡易的な攻略法です。

    〇煤闇の章簡易攻略
    ・EP.1

    エーデルガルトをフォートトレスにして壁にしながら進みます。以上。

    きついと思ったところは級長の計略使えば大体足止めできます。

    ・EP.2

    フィールドにいる敵を倒すとおかわり(増援)が3回くるマップ。

    最後のおかわりで死神騎士が殴りこんできます。必殺が高い分若干運が絡みますが、

    回避マスにエーデルガルトを乗せて反撃で削る

    エーデルガルトの計略

    パラディンディミトリの葬儀の一撃

    で葬りました。

    おかわり自体は捌ききれないほどではないので、魔法系のユニットをHPマックスのアサシンの前に置くとかしない限り大丈夫です。

    ・EP.3

    ゴーレムがたくさん湧いてきて厄介なマップ。反時計回りか時計回りどちらかのルートでまとまって移動するのが吉。

    ボス以外のゴーレムはハピが一人でアーマー1枚剥がせるのでゴーレムにハピを殴らせると便利です。

    あとはシールドの破損具合や自身のユニットの行動次第で計略を使ってシールドブレイクを狙います。

    カギに関しては1発で正解を引けたらラッキーくらいで、自分がプレイしたときは自分たちの初期位置を下とすると一番左の鍵穴が正解でした

    失敗して移動に制限がかかったときは慌てずにリンハルトでレストすればOK。


    ・EP.4

    個人的に一番焦ったマップ。最初マップ見たときに「10ターンで間に合うわけないじゃん」って心底思いました。

    表示されている2マスまで全員が進むとターンが追加されていくので、そこまではターン数使い切って問題ないです。

    ゴーレムは計略でブレイクした後、魔法で殴れば1体くらい倒せなくもなさそうです。
    ただし、時間のこと考えたら最初から諦めたほうが間違いなく楽です。計略をゴーレムに使うメリットが鉱石と僅かな経験値くらいですからね。


    一部のユニットを先行させても問題はないですが、増援も頻繁に出てくるのでバラけすぎると数ターン巻き戻す危険もあるためグループ分けるにしても2つまでがベター。

    最後の5ターン追加は一人が2マスのラインを乗るか越えるたびに増援が出てきますが、計略で一網打尽にしましょう。


    ・EP.5


    敵の数こそ多いですが、ハピが途中で魔物呼んで荒らしてくれたりするためそんなに苦労はしないです。

    皆大好きメトジェイは釣り出して、後ろの宝箱開けましょう。ユーリスにぴったりな銀の剣+が入っています。

    バルタザールはどうせ鳥さんから追撃貰うので鋼の盾持たせて戯れさせておけば問題ないです。鳥さん以外の敵の攻撃範囲に入らなければ数ターンは持ちます。


    ・EP.6


    20ターンの制限がありながら、遠距離魔法持ちがボス込みで5体いる厄介極まりないマップ。

    遠距離魔法持ちを潰すには2パターンあって、
    ①応撃の構えを物理系のユニットにかけてワンパンする(聖水もあるとなお安定する)
    ②リンハルトに聖水をかけて受けきる

    今回は②で試しましたが、ターンがギリギリになったので①で1体ずつ処理が無難だと思います。

    儀式に関しては一度渦の上に4体乗せたら全員動けるようになるので、灰狼の学級以外の人適当に乗せましょう。

    枢機卿は儀式解いた後も硬いので、引込の計した後に殴ると良いです。(プレイ中は思いつかなくてひたすら殴ってました。)


    ・EP.7


    最終決戦。結論から言うと、

    時間かかっても毎ターン分身を全滅させて、少しずつ削っていければ勝てます。


    まずは計略を用いてブレイクを狙いましょう。

    枢機卿のアーマーが3×3なので枢機卿の真ん中の位置に立って火計2発で壊せます。(他のユニットの計略使って壊しても問題ないです。)

    分身を殴るのは基本ラスボスの攻撃2発耐えうる能力がないユニットです。

    例外は
    ①回復役のリンハルト
    ②位置が遠すぎてラスボス殴れなくなったユニット
    ③下の画像の状態で1発は反撃に耐えられるユニット





    反撃しないとは書いてありますが、次の敵ターンで殴ってくるので1発は耐える必要があります。


    ラスボスの通常攻撃はハードで物理攻撃力51で射程は1~4の応撃持ちなので、大雑把な目安としてHP60で物理防御22あれば敵の状態に関わらず殴りかかって良いです。

    赤き衝動で位置がぐちゃぐちゃになる上に、全員HPが1/4削られるので分身からもらえる調合薬ガバ飲みしましょう。

    最後にもう一度言いますが、時間かかっても毎ターン分身を全滅させて、少しずつ削っていければ勝てます。

    勝てない場合はブレイクせずに分身全滅させていないと、こちらが与えたダメージと敵の分身から吸い上げる回復が釣り合わずに倒せないパターンが大半だと思います。


    以上が煤闇の章の簡易攻略です。困っている章があれば参考にしてもらえると幸いです。



    自分は青獅子の学級クリアしたあとにまた上記4人をスカウトして楽しもうと思います。

    ここまでご拝読いただき、ありがとうございました!!






    この出会いでよく雇おうと思ったなって感じた人、自分だけではないはず。



  • 広告
  • FE 青ルート 引継ぎなしルナティック 途中経過

    2020-01-29 21:02

    こちらの記事はFE 風花雪月のネタバレを含んでおりますので、予めご了承ください。


    風花雪月発売してから約半年。未だにプレイしております。笑



    今回は青獅子の第1章まで終わったので画像と共に簡単にユニットを紹介していきたいと思います。


    条件は
    ・引継ぎなし、ルナティック&クラシック
    ・有料DL、スカウトあり
    ・ドーピングは風呼びの靴以外は使用なし(全員最上級職になった後に使う予定)

    つまり、特に縛っていません。プレイ前にスカウトする予定のないユニットも何名かスカウトしています。


    では、紹介に移ります。


    ・マイユニット


    色々やりすぎた結果、上級職をウォーリアで過ごした結果こうなりました。基本はウォーマスターで行く予定です。

    青ルートは8月まであったと思うので、色々開拓していきたいです。覇王ルートやりすぎて、他のルート何月までだったか忘れてしまいました。



    ・ディミトリ


    最強殿下。それぞれのユニットに強みはありますが、トータルで見て風花雪月No.1ユニットはディミトリじゃないかなと思います。

    理由は
    待ち伏せの陣と怒りの陣の併用可能
    個人スキルの回避+20です。

    ①に関しては騎士団を1/3以下にしておけば良いので、回避の高い騎士団を1/3にしてディミトリに配備しておけばあとはディミトリが首をへし折ってきてくれます。笑

    ②はHP満タン時という条件が付くものの、この回避+20は個人スキルの中で一番高い数値です。

    今回に関してはステータスも順調なので、問題なく撃墜王になれるでしょう。

    最後にディミトリさん。第2部の意気込みをどうぞ!!











    ・フレン


    魔防王フレン。回復役兼魔法壁で頑張ってもらう予定です。

    正直言うのであればリブロー覚えられたら、メルセデス姉さんに並ぶユニットだったとは思います。

    ただし、ルナティックでは速さがさほど重要ではないため、ハードでプレイしているときよりは相対的に強く感じました。



    ・フェリクス


    ディミトリに続く青獅子二人目のゴリラ。スナイパーかウォーマスターやっていれば間違いないです。

    今回は弓使い少ないのでメインはスナイパーやってもらう予定です。



    ・アネット


    どこどこどーん!各所で色々言われているアネットちゃん。

    個人的にはルナティックでは評価上がったユニットの一人です。

    理由は
    ①個人スキルを含めて、複数の応援を早いタイミングで覚える
    ②魔法の命中が安定しやすく、ウインドの重量が軽くて序盤攻速落ちが他のユニットと比べて少ない
    エクスカリバーで飛行系をワンパンできる

    ①は引継ぎなしのルナにおいて、序盤の数値が足りないところを補える応援は優秀なスキルです。ドゥドゥー待機からのアネット応援は序盤で滅茶苦茶使ってました。

    ②はルナティックの命中安定が意外と難しいのですが、アネットは魔法や自身の成長率から結構安定して攻撃を当ててくれます。

    ③はそのままです。ルナティックの飛行系は強いので、1体でもワンパン出来るユニットは心強いです。

    アネットは最終的にダークナイトになる予定です。青ルートは覇王ルートほど馬に厳しくなかったはずなので。



    ・アッシュ


    アッシュはドラマスで成長させて最終はボウナイトで落ち着く予定です。

    アッシュは技と速さに成長率がいっているので、他の弓使いと比べると評価が低くなりがちです。

    他の弓使いとの差別化点で言うと、
    ①斧得意なので鬼神の一撃が取りやすいこと
    ②狙撃で相手の行動スイッチを起動できる

    …①も②も動かし方でなんとかなるとかいうのは受け付けておりません。

    今回アッシュにしては力がいい感じに伸びているので、今後に期待ですね。



    ・イングリット


    今回の回避壁役。踊り子にしたこと以外はいつも通りなので、割愛します。

    強いて言うのであれば、回避壁役は速さが欲しいです。頼むぞグリットちゃん。




    ・メルセデス


    回復役兼魔法壁二人目のメルセデス姉さん。今回魔力と魔防以外がヘタレました。

    メルセデスは頭使わなくてもグレモリィにしておけば大丈夫です。一応力の最低保証をもらうためにスナイパーの試験は受ける予定です。

    ヘタレてもそれなりに魔力があって、リブロー10回使えるだけで神ユニットです。



    ・シルヴァン


    紋章で色々こじらせてしまった男シルヴァン。青の面々は正直仕方がない。

    色々浮気しておりますが、今回はドラゴンマスターでいきます。ウォーマスターもなしとは言いませんが、連撃を考えるとパラディンかドラマスとの2択かなと思います。

    魔法系はレベルが上げやすい以外にメリットがないと思います。成長率も魔力よりも力のほうが15%高いですし、魔法のラインナップも良くはないです。



    ・ドゥドゥー


    今回の強化指定枠。レベル3になったとき、厳選なしで魅力以外全ピン引いた瞬間に強化指定枠になりました。

    ルナティックの序盤においてドゥドゥーの守備+個人スキルに何度も助けられました。追撃食らおうがダメージ0なら関係ないですからね。

    育成方針はアーマー系と拳闘士系経由して、切り返し覚えた後にグレートナイトかフォートレスの予定です。馬術上げてませんが。

    こちらは第1章の最終面のドゥドゥー様の勇姿ご覧ください。








    終盤は守備の数値受けは厳しいかもしれませんが、ドゥドゥーが復帰したら共に歩んでいこうと思います。


    以上が青獅子のメインユニットです。以降は第2章出番があるかもしれないユニットです。


    ・マリアンヌ


    回復役兼魔法受け3人目マリアンヌさん。今回は馬に乗せるかグレモリィのどちらかで落ち着く予定です。

    早い段階でスカウトすれば踊り子にしてサンダーソード+回避壁目指せたりもしますが、今回はリブローできるユニットが欲しいです。



    ・フェルディナント


    外伝の「因果応報」がやりたいがためにスカウトしました。

    因果応報終わったら使うかどうか未定です。回避壁のフェルディナント強すぎるんですよ。笑

    デメリットといえば、引継ぎなしだと支援がCまでにしかならないため、マイユニットの重装を上げないといけないくらいです。



    ・セテス


    聖キッホルさん。特にまだ育ててはいませんが、初期値が既に優秀なので検討中。

    最大出撃数が12、副官が3人なのでまともに育成は厳しいかもしれないです。



    ・ヒルダ


    3月になんとなくスカウトしました。

    厳選しなくてもルナティックでそれなりに安定する育成方法を確立しようと思います。



    ・カスパル


    青ルートはどうしてもカスパルスカウトしちゃいますよね。外伝もメルセデス姉さんとペアですし。

    アーマー系の試験を受けつつ、ウォーマスターにします。いつも通りですね。

    カスパルは初期値が低いため、スカウトしたほうが個人的には育成が楽です。



    ・リシテア


    攻撃魔法のラインナップ最強のリシテアちゃん。

    スカウト理由はフェルディナントくんと同様。因果応報以降は要検討中。

    いつ見ても職種ボーナスがすごい。





    ・シャミア


    今回指輪渡すためにスカウトしました。以上。









    ユニット紹介については以上になります。


    スカウト自体はローレンツやベルちゃん、カトリーヌ等々仲間になっていますが今回は使用しないと思います。

    結局のところ一度の戦闘に関わるユニットは最大15人で、様々なユニットを一斉に使うと武器や装備品の持ち替えで時間がかかるのもきついです。


    次はクリア後か、書きたくなったら更新すると思います。



    ここまでご拝読いただき、ありがとうございました!!


    最後に炎帝さん。部下の言葉遣い直したほうが良いですよ。



  • FE 風花雪月 黒鷲の学級 引継ぎなしルナティッククリア 感想

    2019-12-31 02:48


    こちらの記事はFE 風花雪月のネタバレを含んでおりますので、予めご了承ください。





    今度は覇王ルートを引継ぎなしでやり直しました。イエリッツァを第二部の序章から使いたいがために。



    今回は育成が前回と似通っているユニットが多数いるため、コメントは少なめにしてステータスやプレイ中の画像が多めになります。


    また、ステータス画像については最終決戦前のものになります。前回との相違点としてはドーピングしていません



    ・エーデルガルト



    育成はドラゴンマスター。いつも通りのエガちゃん。

    今回は上振れ引いていつもより少し強かったです。ドラマス+アイムールやっていれば多少弱くても問題ないです。

    今回は人型のレアさんしばいてました。





    ・主人公



    男主人公なので育成はウォーマスター。これもいつも通り。

    今回は力伸びた代わりに速さが少しヘタれました。拳だから力伸びればセーフです。


    元生徒を鉄拳制裁する主人公。画像少ない理由は後述。






    ・ベルナデッタ



    ベルちゃんもいつも通りボウナイト。

    今回は力のヘタレっぷりがすごかったです。職種の最低保証なかったら流石にきつかったかもしれません…。



    力どれだけヘタれたとしても覇王ルートで囲いの弓役は唯一無二なので、自分は無理にでも使いますが。



    しかし、ベルナデッタはこれで全て許されます。




    最後に今回はベルナデッタでレア様倒しました。



    うーん…必殺とか戦技でトドメ刺さないと映えませんね。



    ・フェルディナント



    今回は踊り子をフェルディナントにしました。飛行系経由させて最終的には剣回避壁です。

    錆びた剣持たせても、森の地形効果に加えて警戒態勢+があれば命中0にできるので武器レベル上げ滅茶苦茶楽でした。



    ・リンハルト



    グレモリィになれなかった男。最終はビショップになるのも恒例です。

    成長は異常なまでに魔防が伸びました。少しドーピングして、まともな騎士団を帯同させてあげれば魔法ダメージのシャットアウト狙えたレベルです。

    神速の構え+ビショップが安定しすぎていて、他の育成方法が検討できません。



    ・イエリッツァ



    育成はウォーマスターとドラゴンマスターで悩んだ結果、両方経由して最終はドラゴンマスター。

    前回の記事で自分から殴るスキルで固めたほうが強いみたいなこと書いたのですが、撤回しますね。切り返し+応撃+警戒態勢+の組み合わせ強すぎましたね。

    遠距離魔法持ちを攻撃躱しながら倒すのは反則でした。

    イエリッツァは自軍に足りないと思う物理ユニットにしておけば強いです。


    ・ドロテア



    ドロテアも安定のグレモリィ育成。踊り子経由すれば回避魔法剣ワンチャンありましたが、飛行苦手なのでレベル上げ面倒でした…。

    成長に関しては魔力と技が伸びて速さが伸び悩んだ印象です。魔法系の職種に速さの成長率補正かかる職種がないので仕方がないです。

    ただ、ドロテアはリブロー10回、トロン8回、メティオ2回使える。これだけで優秀です。



    ・カスパル



    今回もウォーマスター育成。元々の成長率的にも下手なことやるとステータス的に置いていかれそうで怖いです。

    成長に関してはいつもより力の伸びが少しよかったかなというくらいですかね。魅力は鉄壁の構え使わせていたので、特に不便は感じませんでした。

    終盤はキラーナックル+と格闘必殺+10でずっとぐるぐるしていました。



    ・リシテア


    リシテアも安定のグレモリィ。リシテアもドロテア同様魔法回避剣ワンチャンあります。固有スキル加味するとドロテアよりも育てやすいですし。

    魔法のレパートリーと魔法の成長率が今回のシステムと噛み合っているのと、テュルソスの杖で被弾せずに殴れるのは強いです。

    成長も典型的なリシテアちゃん成長でした。



    最低保証でステータスがっつり上がるリシテアも見慣れたものです。



    ・フェリクス



    今回はスナイパーで育てました。ウォーマスター経由したのですが、今回は弓が不足しがちだったので、途中で切り替えました。

    使用感としては元々力の成長率が優秀なフェリクスには合っていたと思います。最終面では半分くらいフェリクスがファルコンナイト落としてくれていました。

    成長率に関しても力と技と速さが伸びて耐久と魅力が低いいつものフェリクスでした。


    また、主人公の鉄拳制裁数が少なかったのは同郷殺しのフェリクスがいたからです。










    親父殿と幼馴染全滅させるフェリクス様でした。申し訳ないフェリクス。



    ・ペトラ


    今回も飛行系のペトラちゃん。アサシンかスナイパーも候補には入ると思うのですが、火力不足になりがちなので自分はファルコンナイトかドラゴンマスターにすることが多いです。

    回避壁兼盗み役として今回も活躍してくれました。今回は全体的な成長も優秀で、特に力と速さは今までのペトラのなかでも優秀でした。



    ・メルセデス



    母性の塊メルセデス。安定のグレモリィ育成。魔法の弓があればスナイパー育成も一興というくらいですかね。ただ、力の最低保証稼ぐのに弓の武器レベル上げるのはアリだと思います。

    イエリッツァいるのでスカウトしたのですが、やはり回復に関してはメルセデスの右に出るものはいないですね。

    成長に関してはいくらなんでも幸運が低いですね。魔法ユニットは最悪魔力が最低限伸びれば生きていけるので問題はないのですが…。

    今回折角なので、アネットとメルセデスを戦わせてみました。こんなことばっかやってます。はい。










    怒って移動し始めたお父さんはフェリクスで仕留めました。仕留めたシーンは写真撮り忘れました。

    アネットとアッシュは覇王ルートにおいては被害者でしかないのが可哀想ですね。特にアネットに関してはお父さんが戦場に出なければ戦場に出てこないでしょうし。



    ・ヒューベルト



    今回も同じ育成もして、今回も最終メンバー落ちしたヒューベルト。

    成長に関しては今回かなり良い部類に入ると思うのですが、如何せんリブロー使えない魔法使い2人選出する余裕がなかったです。

    装備品がなくても射程3の魔法が使えるヒューベルトは個人的には評価が高いです。



    ・レオニー



    今回も(ry

    ただ、今回は成長がヘタレました。次レオニー育てるときはファルコンナイトにします。



    ・マリアンヌ



    今回は剣回避がないマリアンヌ。弱くはないのですが、他のユニットと比べると流石にきつかったです…。

    踊り子経由しないのであれば、グレモリィかダークナイトが無難だと思います。






    ユニット紹介は以上です。

    引継ぎの有無の大きな差は序盤の難易度が桁違いに難しくなるだけなので、10月あたりからはあまり差を感じませんでした。

    また、覇王ルートに関しては他のルートと違って第二部の序章のマップが違うため、自分のクラスの生徒を育てないとロストする可能性があるということがないです。そのため、他のクラスの優秀な生徒をスカウトして、ガチガチな育成もしやすいです。

    ルートが短いことに関してはメリットでもあると思いますが、闇うごは滅ぼしたかった…。


    そして、引継ぎなしでクリアしていないルートは青だけになりました。これに関してはのんびり進めたいと思います。適当にやると第二部の序章で死人が出るので…笑


    今回は以上です。最後にディミトリの必殺で沈んだイエリッツァさんの画像で〆たいと思います。


    ここまでご拝読いただきありがとうございました!







    流石ディミトリ…。