• 【わたモテ】~祝と記念~ 地母神と呼ばれたその日…『喪150』+α 感想と推測いろいろ

    2019-02-04 01:371

     早いところで2月に入り、更新が来ましたね。
     14巻までの大まかな感想みたいなの(?)書いてたんですけど、それはまあ間に合わなかったから、『喪150』の感想の下記に書いてますんでよろしければどうぞ。


     ※下記画像クリックでわたモテのページへ飛びます。







     『喪150』モテないし栄冠を捧げる

     記念すべき喪150が公開されました。いつもの如く昼頃に読んでいた私です。今回は待機できなかったから昼休憩に読んだんですけどね。

     とにかく今回も続きで球技大会の話になります。その次の回も球技大会の話になるだろうと思いますね。それで今回はソフトボールやら、サッカーの場面にかわります。

     まず扉。キバ子真子、前回予想が的中でいいでしょう。「真子も卓球にすればよかったのに」というゆりのセリフからしても確定じゃないですかね。キバ子と話せれるのは真子ぐらいですから。

     で、ソフトボールの人数が7人(キバ子・真子・吉田・あーちゃん・こみさん・伊藤さん・新モブ)と卓球5人(・ゆりネモ・四季・地母神)の計12名が3-5の女子全員なのかな? 卓球がもう1グループあるとか? これについては下記の14巻までの大まかな感想で述べていこうと思います。

     ざくっとあらすじソフトボール見に行くサッカー応援する遊ぶのながれですね。

     二ページ目。前回の続きから、後輩(しず)を抱きしめている智子を目撃し、震える手を抑えて声をかけるゆり。何としてでも後輩から智子を引き離すために、わざわざついていけなさそうな場所(真子と吉田さんのところ)に誘導する←何て感じで声をかけたんだろうなって妄想です。

     三ページ目から。こみさんのガチすぎるガチ勢の本領発揮。こっちとは違う世界線を生きているであろう女。キバ子の新しい髪形好き。太ももニーソも好き。伊藤さんも「」にまわってるし、やべー奴ばっかだ。キバ子に躊躇なく指示出してるこみさんって、コミュ力は普通に高いと思うが(ベクトルが変な方向向いてるし、というか1から100まである感情の1か100しか使ってないと思うし……)

     サッカー応援編。ゆりもこのやる気のなさすぎ問題で、即刻遊びに変わった。ここで初めて1年時の球技大会に触れる(作中描写無し)というか2年に1回って……二年生の時にもこっちが球技大会やってたら、絶対ここまでネモ達と仲良くなれてなかったよね。
     自意識過剰ってのはあるとは思うけど、この余波っていうのはそんなすぐには考え方変えれないからね。アリジゴクにアリ追いやってたもこっちや、コーラぶちまけて頭にアリ飼ってたのはいい思い出だよね。普通に楽しそうだったし。

     アリジゴク編。地母神と戒めた加藤ママが今回もやらかしました(いい意味で)モコの想像力(妄想力)がありきではあるが、やってしまわれた。ゆりネモはそのアリジゴクには引いたが、地母神は引いてない。興味津々。あーここすき。

     花冠前。柿沼グループの一人がいる。きよたん(清田)すごい(語彙皆無)
     あまり触れてなかったが、きよたんの上ジャージ脱げそうなんだが……。あーちゃんもなんだよその着こなしは。流行ってんのか!? というかやはりゆりが卓球負けてるんだよな、誰もが予想はしてたけど。ネモが言ってる「3年生が1年に負けるのは──」と言ってるのを聞いてるゆりの唖然とした表情好き。そして最後に言っておこう、清田聖人ですわ。

     花冠編~キバ子添えて~。キバ子の太ももニーソ好き(二回目)コーラ飲んでたら太るゾ! あーちゃんと一緒に歩いてる新モブさんと、ちびネモ可愛い。ここでネモ達ともこが1年時、別の球技だったことが判明。それと2年ごとに女子と男子の選択球技が丸々変わっていることも判明。ネモクロ結婚おめでとう。婚約指輪ですよね、困惑指輪になってませんかネモさん。
     もこの小学生、智貴と過ごすのが多かったから男よりの虫取りなどが多くなったのではないかと推測ぶちぶちゆりちゃん。加藤ママへ貢ぎを見るゆりちゃんぶちぶち(血管の切れる音)あー……ゆりネモになってますねぇ、智子は輪に入れない。元々ぼっち時代が多いから(ゆうちゃんは中学からいたけども)タイミングが掴めないでいる。分かりますその気持ち。

     これが最後のコマで見る、”ぼっちでいられる強さ”が失われてる智子である。はっきりわかりますね。あー好き。





     軽く推測と行きましょう。

     次回はサッカー終わり(3-5男子)で女子の応援に行くことが簡単に予想が出きる。もしかしたら別のクラスに応援にも行くかもしれないけど、この可能性は低いと思われる。

     うっちー成分が足りないので、次当たる相手が3-4かもしれない(ソフトボール)

     



     下記から14巻感想などなど




     ※下記画像クリックわたモテのページへ飛びます。


     発売中だよ!!






    ここから先はネタバレを含みます。
    先に1~14巻をお読みになってお進みください。
    当方の個人的主観となりますので
    間違い等・解釈違いなどありますことをご了承ください。







     
     こんにちは、こんばんは。14巻発売されましたね。まずはザクっとおさらいがてら『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』のあらすじみたいなものを説明しましょうかな。

     黒木智子、現在高校3年生。喪女モテない女の子のどうでもいい日常の物語。

     はい、次行きましょう。
     ↓↓↓ここから本番これが書きたかった





     もの凄い個人的な主観(とっても好都合に)でキャラ紹介順不同(出てきた順?)


     黒木智子主人公、喪女ではない。幾人もの女をたぶらかす体質を持つようになった。始めのころのぼっちから抜け出し、周りに女を引き連れるようになった。

     元々はゆうちゃんだけが友達であったのだが、月日を重ねることに色んな出会いを果たしている。中学時代に遡るとこみさんがいるが、まだその話はあとにしておく。

     ゆうちゃんとの出会いは何気ない給食での”好きな子と食べていいというもの”である。もこはここで主導権を握れるであろう”ゆうちゃん”に目をつける。ここは何気ないことだが、もこにとっての偉大な最初の一歩を踏み出したのだ。
     ゆうちゃんとは別々の高校になってもちゃんと友達でいる。そんな関係であったからこそ今のもこがいる。そして偉大なる生徒会長、今江恵美と文化祭で出会う。

     二年に上がるとネモこと根元陽菜に出会う(1年から一緒だが、接点はない)デカい紙を用意したにもかかわらず、自己紹介は短いという渾身のギャグを1年の時にやっていたのをネモに目撃されている。無難に過ごすのが吉だが、もこは一歩踏み出している。その踏み出した一歩がなければネモと話さなかったであろう。

     こみさんに再会する。覚えてない(記憶抹消してる)がこみさんは覚えていた。弟のち●こを見に来た奴なんてインパクト強すぎて忘れないとは思うが。

     修学旅行の班決めが始まる。ここでは流石にまだ一歩は踏み出せなかった(早退をして回避するが、余計に恥ずかしい思いをする)が、楽しめるかもと頑張って一歩を踏み出した。

     吉田さんは修学旅行で胸の先っぽつまんでから仲良くなった。

     ゆりとは吉田さんの仲裁役から仲が良くなった。

     うっちーはパンツを盗まれてからストーカー化した。

     修学旅行が終わり変化が目に見えて起こる。昼食を食べる仲になったゆり達。ゆりが休んだから真子とは仲が良くなった(ガチ●ズ認定)ついでにちん子ちゃんともこみさん経由で知り合った。

     しずと試験会場で出会う。伊藤さんとも試験の時に出会っていた。遠足であーちゃんと仲良くなるようだ。加藤さんとも交流はあったものの、さらに深めることとなる。


     黒木智貴:何だかんだで姉思いである。
     ゆうちゃん:中学生来の友達。ピュア
     こみさん:作中で一番やべー奴。野球と智貴が好き。
     ネモ:ピンク。もこが高校デビューした姿にみえる。演技をやめて戦う女の子。高校デビューに伴い、髪をピンクにする暴挙に出る。
     ゆり:黒髪。もこのことを一番知っているんだと思ってやまない人。徐々にその勘というものが優れてきている。
     まこ:ガチ●ズさん。キバ子を調教させようにも失敗ばかりする。どうしたらいい子に…。
     吉田:ネズミー好きのヤンキーさん。とってもピュア。
     あーちゃん:「ひなーー!!」で有名な茜さん。
     加藤さん:聖母。
     今江恵美:もこ唯一の先輩。多大な影響をもこに与えた。
     キバ子:悪口の化身。真子と仲がいい。
     井口朱里:変態シスターズの妹





     内絵美里:うっちーと呼ばれている。もこからは絵文字と呼ばれている(心の中で)初登場時は二年生のときの野球応援のバスの中。同上、遠足からストーカーに成り果てた。

     ここからはうっちーのネズミーの発言『好きな人いる』を深く考えてみようと思う。

     まずうっちーのキャラを振り返る必要がある。修学旅行の話で見ると、うっちー含む仲良しグループは5人であることが分かる(5人組になれなかったからもこの班にいることから)
     しかし、3年時上がる際は6人なんです。でです、修学旅行はうっちー除きの4人誰なんだ。分からんけど多分前髪ぱっつんの黒髪でない方だと思う(この子以外がうっちー含め5人組だったのではないのか)

     とにかく謎が多いこのうっちーだが、智子のことが好きである。ということが一番有力視されている(自分だけかもしれないが)

     ~ネズミーでの発言は智子のことを言っているのか?~

    憶測1:そもそも智子以外好きであったら、智子をストーカーなどしていない。
    憶測2:宮ちゃんなどの他の仲のいい友達を差し置いて、智子のクラスに1人で行く。
    憶測3:お土産を渡す口実が欲しいために他の女子(よしゆりまこ)にも先に渡す。
    憶測4:他の女子といるところを見ると嫉妬する。
    憶測5:3年に上がる際のクラス替えで、智子と別クラスになり涙する(仲のいい友達は一緒なのに)
    憶測6:2年生のバレンタインにて、直接渡そうと校内を走り回っている(息切れ描写から)

     ここまで出ていて、智子以外を好きなわけがない。

     クリスマスバレンタインで、うっちーから智子への告白待っています





    最後になるとは思うけど、3-5女子人数何人みたいなのを考えていこうと思います。

     参考に12巻のクラス替えを読んでいただければ分かると思います。

     ~分かっていること(確定)~

    22加藤明日香
    23黒木智子
    24小宮山琴美
    25  ?
    26田中真子
    27田村ゆり

     ぐらいなんです。で、番号までは分かってないのがこちら↓

    伊藤
    岡田茜
    根元陽菜
    二木四季
    南小陽
    吉田茉咲
    新モブ

     の7名。今回の喪150から行くと12名である。豚の餌さん(三家)も同じクラスだったような。ソフトボールが何名(9名だとするなら2人足りない)でやっていたのかが問題になってくる。

     現時点で判明してるのはこれ↓赤は確定

    20伊藤
    21岡田茜
    22加藤明日香
    23黒木智子
    24小宮山琴美
    25  ?
    26田中真子
    27田村ゆり
    28根元陽菜
    29二木四季
    30三家
    31南小陽
    32吉田茉咲
    新モブ

     クラス内で32名は最低いることとなる。女子は最低13名以上新モブがどこに入るかによる。で、14巻後に席替えがあるけども、ここ詳しくは15巻が出てからだな。豚の餌さんがどこにいるか次回で出てくると嬉しい。

    追記:名前の出てきていない3-5女子があと3人最低いると思う。伊藤さんの前後どちらかに1人。こみさんと真子の間に1人。キバ子と二木の間に2人(内訳:三家ともう1人)キバ子の後ろは吉田かな?
     ただし、席が番号順に並んでいた場合のみ(よっぽど番号順に最初は座ってるはず)
    参照:喪122と喪132




    前回わたモテ感想(クリック
    次回わたモテ感想(次回更新2/21後


  • 広告
  • 【わたモテ】しずもこ回、故に先輩あり『喪149』 感想いろいろ

    2019-01-18 21:161

     はい。最新話公開に基づき、そわそわしていた私ですが、感想を述べさせていただきます。毎度の如く……読者のハートど真ん中射抜いてきますね先生。

     ※下記画像クリックわたモテのページへ飛びます。







     さてさてさて、初っ端からもこっち短いじゃないですかもう。一話限りの短さじゃなくてよかったと一安心。サムネの通り、しずもこ回で間違いないと確信。

     お昼を一緒に食べるもこっちら。ゆりネモ達の包囲網はどうかいくぐったのだろうか。ネガティブ思考の末の”お前の顔面「汚物やで」”という発想はやはりもっこっちだなって思う。唯一の先輩のもこっちに対しての誠意(?)としてちゃんとする(お色直し)しずはいい後輩だと思うのに(天然クズだけども)

     女子同士のかわいいー連呼はよく見るね、漫画でも現実でも。幼馴染とかなんとかは漫画の方でしか見ないけど…。されど、もこっちの言うことに一理ある。 ──というか、まさしくそう。どうといわれても”いいんじゃないか”くらいしか浮かばない。ここにネモがいたら「何? かわいいと言うのが恥ずかしいって思ってるの? さすが元ぼっち。自意識過剰だね」って煽りそう。

     かわいいと言われ、恥ずかしさを紛らわすためだろうか、友達について話す。自然と友達出来るってそうそうなことだけど、もこっちの場合十中八九しでかしたことだしなぁ。しずの場合はあっちから寄ってきそうなイメージがあるから、自然となるだろうな。静かにもこっちは怒りを覚えるのも無理はないけど。まいた種がもこっちだから仕方ない。

     ★キー坊からキー助にシフトチェンジした。見てないところで根を生やすのがきーちゃん。

     もこの中でも修学旅行は転換期なんだね。そして う っ ち ー はいない。で、ここで球技大会の話になる。楽だから卓球を選ぶ。卓球のラケットってすっぽり抜けるんすよね。よくよく壁にベコベコ当たったり、台にラケットがよく当たったもんですわ。お陰でボロボロになりましたけど…。

     と、修学旅行の話に触れ、同じようにイベント事で仲良くなれないかと考える後輩。正論を心の中で思うも声には出さず、練習に付き合う。ゆり登場。浮気しないか心配なゆり。ヤンキーと遊んでたのがバレてる(?)ので、内心ムカついてる?

     ここに真子は出てきていないのだけども、近くにいることでいいのよね。真子が他の用事でいないかもしれないというのも無きにしも非ず。そのせいでもあるのかも…。扉開けるもこっち可愛い。

     コミュ力の高さを高々と見せつけてくる後輩。押し切り一本後輩先取。もこっちは押しに弱い。加藤ママの時もネモパワーにも。これから後輩ちゃんにもセクハラをするんだろうか、しなくてもラッキーパンチ的なものが降ってきそうだけども……。

     回想にて生徒会長登場。先輩になるということ、二年に上がった時点で先輩っちゃ先輩なんだけども……。漫画のセンスがもこっちらしい。

     さてさて、卓球を選択したもこっちですが、加藤さんネモゆり四季さんのグループ(チーム)になります。

     推測タイム~

     ポテンシャルさんはソフトボールより個人で戦える卓球を選んだ。理由は単純、個人の実力でものを言えるから。ソフトボールのチーム戦より個人戦の方が勝率は高いのもある。

     ゆりはもこっちが卓球を選んだから選んだというのが一番の理由だろう。球技大会の話が出た段階でもこっちにどっちにする?とか聞いてそうだし。真子はキバ子が一緒にやろうよと誘われてゆりも一緒に…と声をかけても「別に…仲良くないから」で断るだろうから。キバ子と真子はソフトボールにいる可能性は高いと見た。伊藤さん、こみさんは迷わずソフトボールだから言うことはない。

     加藤さんはもこっちにくっついてきたと見るべし。このチームにあーちゃんが入ってないのもこのためか? 5人グループ4人グループ(1-7チームが4人?であるから)でしか組めないだろうとみてるので、やはりくっついてきたな。

     ネモはあーちゃんに誘われるタイプではあっただろうに。今までの、もこっちにウザ絡みする前だったらここにはいなかっただろうから。独占欲みたいなものはゆりに負けを劣らず。ここのよく言われてる謎髪型。ネモのツインテ成分を損なわずに、ツインテした髪にさらに縛ってない後ろ髪をポニテみたく二つに分ける。いわゆるゆりちゃんの髪型にネモのツインテ足したものだ。ツインテをゆりの縛ってある髪に合流させる感じかな。

     でだ、ポテンシャルさんと後輩ちゃんのバトルマッチはもう仕方ないものだ。ほら、もこっちが変態おやじみたく励ましてくれたし。生徒会長のようにはうまくやれなかったけど、もこっちらしさが出てたのでそれでいいんだよ。






     さてさて二週間というのはあっという間ですね。14巻発売もあと少しですから……。





     
     次回更新は三週間後ですが、その間に14巻が発売されるので本当にあっという間ですよ。





     次回の喪150(多分)50区切りで行くとちょうどいいきりの数字なので何かあるのでしょうか。このまま球技大会編が続くのでしょうか。前回の短くなる話から、今回も短いままなので、関連性がある話がくる可能性は高いと思います。

     もしそのまま球技大会であるなら、こみさんやらキバ子、うっちーが絡む話も出てくるでしょう。この場合うっちーは卓球かソフトボールか。うちメン(うっちー含むと)6人なので全員同じ卓球グループの可能性は低いと思います。が、しかし蠱惑さを感じ取っていたならば1人でも卓球の方に行くのでは……?

     ではまた次回お会いしましょう。せぇよぅ(See You)




    前回わたモテ感想(クリック
    次回わたモテ感想(クリック


  • 【わたモテ】短くなる、短いままなのか?『喪148』 感想いろいろ

    2019-01-09 20:03

     三が日に”わたモテ”の『喪148』が更新されました。こたつでぬくぬくと最新話を読んだ人も多いのではないでしょうか。私もその一人です。

    ※以下の画像クリックでわたモテのページに飛びます。








     さて感想に入る前に前回書いた感想の中で、まさか私の予想がここまで早くでて来るとは思いませんでした(うっちー回ではなかったのですが…)




     寄り道回の前の、加藤さん回(雨)の時の感想書いてる所ですね。詳しくは前回記事まで…(クリックで飛びます)




     ”モテないし短くする”をいち早く読もうと、11時ごろから待機してた私ですが(11時半に次話を読むが出てくるので)今回は一番もこっちが可愛い回でした。

     さて、もこっちがスカート短くなる話といえば1話のイメチェンの話ですね。ここで改めて振り替えってみると、スカートが短いのが当たり前の世界線では無い。
     そもそももこっちのスカートの長さに触れなかったのは単純にそこまで言える仲ではなかったから?←ダジャレではない

     ま、衣替え前だったからそこは多分触れても寒いからとかなんとか…で誤魔化しそうだけども。

     「お──自意識ー」のネモのセリフが煽り文句に使えそう。アンダーパンツだったのか、あの加藤さん回の時も。「まこもそうだし──」ってゆりちゃんそれは”見たのか”or”聞いたのか”どっちなんだい! 性格からして”見”てそう。

     押し通すネモ。”ネモ”呼みも押し通しで勝ち取ってるから、短いまま過ごすのではないだろうか(このままずっと)

     ──とここで加藤さん登場だ。聖母マンという名の加藤ママだ!
    あーちゃんもひ… ひな?ってもうこの役定着しちゃってるよ。もこっちも加藤さんの押しには弱いからね… 「ここをこうして──」ってとこのコマのもこっちも可愛い。

     で翌日さっそく短くして登校。短くなったもこっちをともちゃん(智貴)はまだ見てないだろうから、どんな反応するのだろうか。裾が曲がって変になる方は見てるから、そこまで大きい反応はしなさそうだけども…。

     電車。体育祭のポニテの子と、宮崎さん(うちメン)がいますね。これは次回うっちーが来ることを意味してるでいいですよね? よね?

     最後のページ。ネモがもこっちへセクハラというスカートめくり。

     ここで一つ疑問。もこっちは生パンツだったのかどうか?

     ・一つ…… もともとロングスカートだったので生パンツのまま
     ・二つ…… パンツ等はお母さんに買ってもらっているままだと思うので生パンツのまま
     ・三つ…… アンダーパンツ情報をゆりから聞いたものの”翌日”なので生パンツのまま
     ・四つ…… 最後のもこっちのセリフからして生パンツ

     結論:ネモ淫乱ピンク





    さて、次回予想時間のおじかんです。

    GW後の『喪144』

    ネモピンクの『特別編』

    キバ子地獄編序章『喪145』

    雨滴る勉強会in加藤さん『喪146』

    絵文字2の日常をテスト途中日にて『喪147』

    短くして照させる淫乱ピンク爆誕『喪148』←New

    うっちー大暴走!? ついに剥がれた化けの皮『喪149』←予想





     予想にあたるにあたり、読み返したところ…サボリーマン辺りの時期なんだよねえ。

     もこっちがまだぼっちだったから、どういうイベントが起きるか予想が非常に難しい。かといって、夏休みにいきなり入るのはおかしいし、七夕のもこっちの願いがどうなるかどうかもあるから…。

     で、6月と言ったら梅雨。加藤さん回が雨だったからそれに伴うとしたらKAHO回もありうる。
     
     そこで思ったのが傘。ヤンキー吉田さんの今江先輩託され回がある。これと対にうっちーが傘を忘れた黒木を見つける。相合傘ですよ。

     うちメンとネモ達が相まみれるのも全然あると思うし、うっちーは絶対黒木と一緒の傘に入るから。

     とにかくうっちーが主として出る回が出てもおかしくないはず。





    単行本14巻発売します

    ◇買いましょう◇





    前回わたモテ感想(クリック
    次回わたモテ感想(クリック