編集後記:【単発】おばあちゃん登場編【王冠姉妹】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

編集後記:【単発】おばあちゃん登場編【王冠姉妹】

2020-11-24 21:04
  • 4

かにたま!


実家からトースターをもらいました。
もうパンがサックサクです。
私はサクサクなものが大好きです。


今回は
【単発】おばあちゃん登場編【王冠姉妹】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm37857509
の編集後記です。


---------------------------------------------------------

■お話の内容について

 前作から存在を匂わせていた、おばあちゃんのお披露目回。
 立ち絵ももちろん、りんすさんへ新規発注。すこぶるかわいいぞ。
 皆様からもかわいいと言って頂けているようで何よりです。
 
 
 今回は前シリーズと次シリーズの幕間です。
 次シリーズの前日たんと言う方が正しいでしょうか。
 次できりたんを出したいんだけど、急に出てきたらびっくりするから
 何かつなぎがいるよねって思って作ったお話です。
 
 
 今回のお話の後、きりたんは正式にゆかちゃん家に転がり込むことになります。
 二人+一匹(猫)の暮らしぶりについては、
 次シリーズの中でもちょくちょく触れられていくと思います。
 そしてもし同人誌の続編が出るなら、もちろん彼女も登場するでしょう。
 ね、りんすさん?聞いてますか?
 

■きりたんについて(調声)

 きりたんは、私としては初となる「感情(=感情値)」の無いボイロです。
 それゆえに、姉妹やゆかちゃんとはまた違った難しさがありますね。
 特にゆかちゃんとは、調声のスタイルというか、心持がかなり変わります。
 
 
 ある程度慣れてはきましたが、先にお迎えしたゆかちゃんは
 声質がとてもぶれやすい印象です。
 高さを1いじるだけでガラッと声色が変わることもあります。難しい。
 ただ一方で、表現の幅がとても広く、本当に多様な声を出せます。
 
 
 この前習作で、きりたん含めた四人でアニメのアテレコ的なことをやったのです。
 キャラの声がなるだけ本家のものに似るよう、試行錯誤しつつキャストを割り当てて。
 そしたら結局、半分くらいのキャラがゆかちゃん担当になってしまいました。
 山ちゃんか。
 
 
 前シリーズでのピカチュウの声真似も、一番評判が良かったのはゆかちゃんでした。
 汎用性が高いというか、非常に応用が利く人だと思っています。
 もちろん、望む通りの声を出してもらえる腕があれば、という但し書きがつきますけれど。
 今少し経験値が欲しいところです。難しい。
 まあ結局、普段は突飛な声質を使わず、落ち着いた声で話してもらってますけどね。


 きりたんは、そんなゆかちゃんの真逆です。
 本当に安定していて、普通のセリフを普通に話してもらうだけなら
 調整の必要が無いくらいです。迎えてすぐ可愛い。


 反面、個性が非常に出しづらいです。
 実際「きりたんの声」を想像する時、恐らくほとんどの方が
 同じような声質をイメージされるのではないかと思います。
 少し舌っ足らずで、幼く高め、だけど比較的落ち着きも感じるあの声。
 どう調声しても、その声質に近いものになってしまいます。
 そもそも、きりたんはあの声を出せるのがウリであって、
 私の悩みはイチャモンも甚だしいのですけれど。
 

 感情値の有無は本当に大きいなあと痛感しました。
 感情値は声の高低だけでなく、声色やテンションにも影響する、個性付けの要です。
 それが封印されているため、基本の声質から大きく変えることがとても難しい。
 粘ってはみたものの、結局ベースの声質は大きく変えられませんでした。
 せめてもの悪あがきに、今までほぼ弄っていなかった声量に強弱をつけることで
 お茶を濁しています。
 
 
 もっと老獪な感じを出したかったところですが、単純に声を低くすると
 ボソボソと暗い声になってしまい、結果あんな感じになりました。
 幼児が一生懸命大人ぶった話し方をしてる感。
 とはいえ、あれはあれで気に入っています。
 実際のところ、別に老獪なキャラでもないですし。
 やはり無調整の声が完成されてるのがズルい。かわいすぎる。
 
 
 またゆかちゃんと共通する難点として、大きく叫ぶようなセリフが
 あんまり得意じゃないというのがあります(個人の感想でございます)。
 とりわけ、文末がどうも勢い(声圧?)不足になりがちな気がします。
 語尾の「じゃ」とかは、無調整だと消え入るような声になっちゃいますね。
 ゆかちゃんは基本落ち着いたトーンで喋るので良いのですが、
 きりたんは喜怒哀楽が激しいキャラなので文末にも力が欲しい時が多く、困りものです。
 
 
 今のところ、どうにもなんない時はセリフを切っています。
 「きょとんとするな!」を「きょとんと。」と「するな!」の二語に分けたり。
 文章の構成が変わると声の出し方も変わるので、文末を力強くできたりしますね。
 そのくらい普通にやってるぜェ?って投稿者さんも恐らくいらっしゃることでしょう。
 私は今まで滅多にやらなかったので、四苦八苦しております。
 でも結果上手くいくとやっぱり楽しいです。


 出来れば今後、きりたんに感情が付けば良いなあと思っています。
 さすがに望み薄かな。もしも付いたとしても、
 今回の声がもうウチのきりたんの声になってしまったので、
 アクセント程度にしか使えませんけれど。
 でもやっぱりあるに越したことはないですし、アプデなりパッチなりを
 気長に待つことにします。
 

■きりたんについて(キャラ設定)

 見た目は子供、頭脳は老婆。
 その不条理は彼女らの中では納得済みの事実なので、作中でツッコミはありません。
 姉妹+ゆかちゃんの祖母に当たります。
 どちらからしても母方なので、結局名字は全員違います。
 とりあえず、彼女らの家系で一番偉い人です。
 偉いってなんだろう。
 
 
 精神年齢、というか実年齢がおばあちゃんなので、
 相応の落ち着いたふるまいをする…はずなのですが、
 肉体年齢に引きずられてしまい、無意識に言動に幼さが混ざっちゃいます。
 見た目が可愛いから許されている感。
 
 
 それにしても、なぜきりたんはロリババアなのでしょうか。
 東北家とは一体何者か。
 そもそもなぜ彼女らは王冠を被っているのか...!謎が謎を呼ぶ展開ですね。
 そこら辺は私も謎なので、思い付いたら随時後乗せしていきます。


■次回作について

 今回の動画でも、次を期待して下さるコメントを頂きました。とても嬉しいです。
 この記事の投稿時点で、次作パート1の進捗は3割くらいです。
 パート1は区切りが付けづらく、20分弱の大作になってしまっています。
 書いても書いても終わりません。先は長い。
 
 
 また、これだけ長いと画質が気になるところです。
 あんまり劣化するようなら、2パートに分けないといけないかな。
 実況するゲームが割と最近めの作品なので、ファイルサイズが重たいんですよね。
 参った参った。
 
 
 ネガティブなことを書いてしまいましたが、編集はなんだかんだ楽しくやっております。
 劇場は劇場で楽しいのですが、やはり実況がしっくりきますね。
 ナンセンスな会話の応酬を書くのはとても好きですし、性に合っています。
 また何より、きりたんが加わったことが新鮮ですね。
 今までに無い会話、ボケツッコミの展開が出来るのが本当に面白いです。
 ただ私一人面白がってても仕方ないので、皆様にも面白がってもらえるように努めます。
 
 
 分割するかはまだ未定ですが、ひとまず年内にはパート1を投稿するつもりです。
 このままいくと上旬~中旬でしょうか。最悪でもクリスマス前には上げたい。
 というかもうクリスマスですか、早いものですね。
 寒さも徐々に強まり、冬めいて参りました。
 この季節こそしっかりご飯を食べて、どうぞ健やかに動画をご覧くださいませ。


---------------------------------------------------------


今回はここまでです。
読んで頂いてありがとうございました。


広告
×
キャラクターが誰もこれも可愛いくてなおかつキャラが立ってる!
際立った立たせ方じゃなくて、それでいてああこれ一族だなぁとか、ちょっと関係性を、情とかじゃなくて幼少期から連なるような、こう育ってきたうえでこういう派生があってこういう原点があるんだろうなぁみたいなつながりを感じるのはボイロ動画の中でも正直初めてなんで非常に楽しいし、これまでも、今後もとてもわくわくします!
やっぱりハムスタさんとりんすさんは最高なんやなって、二人の作品を見れるならいろいろと投げ売ってもいい覚悟を再確認させていただきましたよって心が嘯いてますわ!
世界観、雰囲気、キャラクター、その上言葉遊びも上等となれば、推さない理由はあらへんよホンマに!
1ヶ月前
×
かにたま!
お疲れ様でございます。
いつも楽しませていただいております。

VOICEROIDの命ともいえる調声に様々な試行錯誤をしているハムさんの家の子達のしゃべくりは、本当に生き生きとしていて
いつの間にか離れられなくなっております。

初登場のきりたんもやはり、
きりたん(王冠)と言える個性を持っており流石だと思いました。

きりたんの声はその昔初めて聞いたとき、
なんじゃこりゃと驚くほど自然な喋りをしていましたが、言われてみれば完成度が高すぎて個性を出しにくいと言うのも
ボイロに触れた事がない自分でも何となくわかる程...

しかしそのきりたんに個性を与えるハムさん達、動画主の皆様の努力には頭が下がる思いです。
いつもありがとうございます!

そんなハムさんの元ですから、姉様も葵ちゃんもゆかちゃんもきりたんも本当に生き生きとしていて
動画を視聴していると、なんというか素敵空間に居るような心地になります。

自分もハムさん達を見ていて触発され(なかなかうまくはいきませんが)新しいことに挑戦しようと思ったりしております。

なにか応援のコメントが出来ないかと必死に考えたものの
とりとめのない内容になってしまいました
どうかご容赦を...

寒さに弱い(と思われる)ハムさんにとって厳しい季節になりますが、
どうか体調に気をつけて、美味しいものを食べつつ楽しんでください!
1ヶ月前
×
>>1
こるめりさん、コメントありがとうございます。
血の通ったキャラクターにするため、色々と工夫しているつもりではあるので
キャラの個性を褒めて頂けると本当に嬉しいです。
まあただ、肩肘張ってさあ見るぞってなものでもないので、
おやつでも食べながらお気軽にご視聴下さいませ。
今後もご愛顧頂けるよう頑張ります。
1ヶ月前
×
かにたま!
ASUKA真護マンさん、毎度コメントありがとうございます。
完成しているオリジナルにわざわざ手を加えているので、
受け入れてもらえるか正直不安だったのですが、
お褒めの言葉を頂けてほっとしております。
新しいことへの挑戦、素晴らしいです。
どうか真護マンさんも生き生きと、道中を楽しんで下さいまし。
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。