都電7500形(江戸東京たてもの園)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

都電7500形(江戸東京たてもの園)

2013-03-01 21:21


     最近話題の撮り鉄というものになるのかどうか。まぁこれは地面に固定されておりますし、無茶な事をせずに撮影できます。何と言っても展示品でございますから。

     かつて東京は路面電車が走っておりました。よく過去の写真などがWebにアップロードされ、その様子が手軽に見れるようになりましたね。皇紀2622年(昭和37年)に製造されたものであるそうです。

     中に入る事もできます。子供連れの家族が二組程おりまして、なんとも和やかな雰囲気の中、『チンチン』と鐘の音が何度も何度も響いておりましてね。お子さんからすればそういったギミックは面白いみたいで、もう狂ったようにChinChin鳴らしまくってましたよ。幼女が。
     またお母様に抱きかかえられたままチンチンチンチン鳴らしてるんですが、私は勿論、「そうか、これが当時のままの音なのか」と感動していましたね。ええ。いや、特にこの件に関しては書く事がありませんよ。




     さて、その車内にあった『案内図』です。停車する場所を表示しています。『青山営業所』の案内図みたいで、とりあえず青山を経由して渋谷駅に向かうルートであるようです。

     当時の形跡は街に残っておりませんが、何となくこの辺りを走っていたのだなぁと思ってみると、何だかロマンを感じるものです。

     3路線あるみたいですが、黒の⑥だと新橋始発で、多分外堀通りを通って溜池交差点辺りで左折、六本木通りを直進し渋谷駅に向かうというシンプルなコースという気がします。

     赤の⑨はトルナーレがある浜町中ノ橋が始発、そのまま新大橋通りを進んで築地を目指し、晴海通りで右折、和光のある銀座4丁目を通り、桜田門を左折し桜田通り。そのまま進んで虎ノ門を右折、溜池交差点を左折、六本木交差点を右折して外苑東通りミッドタウンの前を通る。途中どうなってるのか分からないけど青山一丁目を左折して246を進んで渋谷駅って感じでしょうかね。結構長いルートでありますね。

     水色の⑩はもう面倒なのではしょりますが、神田須田町始発で、靖国通りを通って何か曲がってタウンを経由して渋谷駅みたいです。

     もう面影はないのですが、ここを都電が走っていたんだと思うと結構面白くて、実際現場に立ってから自宅に戻り当時の写真を見つつ思い返してみる。かたちにならないモノですが、ちょっとした自分だけの感動があったりして面白いものです。


     
     

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。