Nikon COOLPIX P340を買った
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Nikon COOLPIX P340を買った

2014-07-31 20:34


     7月は私の誕生日であり、欲しいものがあってもそろそろおねだりできない年齢という事もあり、自分で自分の為にコンデジを購入いたしました。今使っている一眼のサブ機的な役割でも良いかなという軽い気持ち。RAWで撮れるので、色々便利であります。
     
     一応、妹に「もうすぐワイの誕生日なんだが、カメラ買っ「やだ」」と。値段を言う前に拒否るという薄情極まりない輩だなと大変ショックであります。まぁ、こちらも世話してないので当然ですね。

     そんな訳でCOOLPIX P340を買いました。ここ数日色々試し撮りというか、メカに慣れる事を頑張っていたのですが、レンズの特性も少し違っていたりして勝手を掴むのに少し苦労しました。というのも思い通りの絵にならなかったりするわけです。


     というのも35mm判換算24-120mm相当の撮影画角であるという事と、明るいf/1.8のレンズで、画角で言えば多分標準の広角域なら28mmぐらいだと思うのですが、コイツは24mmで4mm画角が広い。たかだか4mmで結構違うものだと感じるものです(比較なくてすいません)。

     あとf/1.8だと背景をボカしたりするのに凄く良いのですが、景色をサッと撮る時に充分に絞っていないと周辺がボヤけてしまったりするようです。ここは注意だと感じます。
     接写で花を撮るにしても、奥の花弁がボヤけ過ぎてしまったり、適正な絞り値を段階的に模索する必要もあるのでは。それが楽しいのですがね。


     ズームも頑張ってます。120mmまで。電子ズームを使うと480mm相当まで伸びるそうですが、多分使わないかも。RAWで撮る時は電子ズームが使えません。何故だろう。


     仕事中でも暇な時間がある時、ポケットに入るぐらいのコンパクトデジタルカメラが一台あると便利でありますね。メイン機はレンズが飛び出しすぎてて、ミラーレスでも荷物になってしまうのです。



     気がつくと縦の画像が多い。この24mmという広角病にならない程度の広角域。


     今まで使っていたNikonの編集ソフトでいけるのと、カメラのインターフェースの慣れ等も含めて、どうしても他のメーカーに手が出せない悲しみ。


     横よりも、


     縦で撮るのが好きになってしまった。下の石畳を奥の迎賓館にグッと向かわせるように下を向けるのも良かったか。


     正直『赤』は飽和状態になってしまうかなと思ったのですが、赤い花とかでもしっかり花弁が映りこんでくれるので良いなぁ。

     ちなみに、ISO感度はあまり期待できないというか、許容範囲は個人個人あると思いますけど400までかなぁと。レンズが明るいのである程度シャッタースピードは稼げるのですが…。今度、夜にでも出かけてISO感度の比較をしなければ。

    おしまい。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。