【散歩写真】聖蹟桜ヶ丘を歩いてきた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【散歩写真】聖蹟桜ヶ丘を歩いてきた

2014-11-15 17:22

     久しぶりに天気の良い休日なので、少しだけ遠出し別の街を歩く事にしました。
     京王線の『聖蹟桜ヶ丘』は、ジブリ映画の『耳をすませば』というボッチ・オタの心を完膚なきまでに叩きのめし粉砕する、ピュアな青春アニメのモデルとなった街であります。



     駅前は結構人の流れが激しいという印象。うちの最寄駅より激しい。それだけ沢山の人が住んでいるという事なのでしょう。
     駅周辺はスポーツクラブだのスターバックスだの、正直休日はこの周辺から出なくても充分済みそうな感じ。どことなくオシャレなイキフンが漂う駅前。何となく京王ってだけで一味違うなと個人的に思ってしまう。


     耳をすませばでも出たかもしれない大栗川。途中で多摩川と合流します。とても静かに流れている川で、川沿いをのんびり歩くのにも良いでしょうね。魚とかいるのかな。


     桜ヶ丘の住宅街へ向かって昇る『いろは坂』。
     正直かなり昔の話なので、どこそこのシーンで使われたとか覚えていないのであります。なので適当に「いいじゃない」と思った風景を撮っているだけなのであります。あと気持ちが曲がっているので写真も時々曲がっていたりしますので、できれば気にしないでほしいものです。



     ぐんぐん徒歩で昇って視線も高くなってきます。この道は標識を見て初めて知ったのですが、『居住者を除く13時~5時まで二輪車の通行は禁止』となっているようです。通行可能な条件はこの丘の上の居住者や、その先にある東寺方辺りに住む方々だったか…? あんまり覚えていないんですが、もし二輪車で通行する際は注意してください。
     なお、京王バスが走ってますので、歩くのが辛いという方は利用する事も可能です。




     いろは坂の真ん中をぶったぎるように階段があります。確かヒロインの娘(名前すら忘れた)が駆け上ったり駆け下りたり(どっちかも忘れた)していたようなシーンがここだった気がいたします。最近運動をしていないし、平地ばかり歩いていたので結構きつかった。死ぬかと思った。



     ここは確か、ヒロインの娘にサブキャラの男の子がコクって盛大に玉砕するシーンで使われた場所だった気がします。あと友達の女の子と作戦会議みたいな事をやっていた気がする。



     桜ヶ丘の頂上らへんから、多分永山方面。ひたすらに住宅。



     一体どれだけの人が住んでいるんだろうと思うと気が遠くなります。いわゆるベッドタウンという場所なのでしょうね。
     高級住宅街で丘の上とか、私みたいな異物が歩いて良い場所なのでしょうか。


     更に家を作ろうとしている様子。結構人気のある場所だという話は聞いておりましたが、とめどねぇなぁ…。


     じい様が怪しい店をやっている場所ってこのロータリーらへんだった気がします。ありゃ何屋だったんだろう。輸入雑貨屋かな? 実際には存在しない架空の店です。





     少し桜ヶ丘から離れて向かったのは例の団地。凄く昭和の香りがする素敵な空間。結構古い団地なのでエレベーターとかいうハイカラな代物は存在いたしません。



     鉄塔が近くにあるのもステイタス高い。空の写真を撮るのに困らないですねぇコレ。住むならここだなぁ。車無いと大変かもしれないけど。


     また桜ヶ丘に戻ってまいりました。竹林なんかもあるんですねここ。確か劇中でもこういう場所を猫を追いかけながら駆け抜けるシーンがあったような。竹林だったかは当然覚えていません。あるいは数十年前、いろは坂界隈にそういう場所があったのだけど整備されてオフロードの抜け道は無くなってしまっただとか、そもそも架空の道だったとか。



     やはり雰囲気が良い。電柱電線があるのに不思議なものです。
     私の実家も住宅街にあるのですが、完璧なまでにボンバーマンのステージみたく碁盤目のようになっていて、カーブのある道だとか樹木が多いだとか、こういったものは無いのです。ドラマもクソもなく、素敵な青春物語も始まりそうにないエリアなのですねぇ。






     とても展望の良いエリアを見つけました。丘の端っこなのですが、聖蹟桜ヶ丘周辺の街が一望できる場所で全体が見渡せるようです。都会だなぁオイ。
     あと多少なりとも山が見えるのも個人的には好きです。


     縦の広角24mmでも撮ってみました。今回はクールピクスP340も持ち歩いております。


     で、駅前に戻ってまいりました。駅前にはこんなポストがあります。
     これは『青春のポスト』といって郵便ポストじゃないそうですよ。
     自分の夢や目標を書いて、このポストに投函するのだそうです。そして夢が叶ったら、その旨を書き綴ったものを投函する、と。耳を澄ましてあなたの努力を見守ります、と書いてありました。
     桜ヶ丘の商店街&ファン有志が建てたものという事です。私は目標も目指すものもなくフラフラ生きておりますので、お世話になる事はないでしょうねぇ。

    おしまい!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。