ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

GWの自由研究 YAMAHA KX5の分解メンテ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

GWの自由研究 YAMAHA KX5の分解メンテ

2015-05-05 23:42

    どもども。
    わんわんPのはなぽです。

    GW暇してたので、高い方のF#だけベロシティ出力がやたら弱くなったままクローゼットに放置してたKX5を修理しましたぞ╰(‘ω’ )╯
    良い子は自分でやらずに、修理業者さんやメーカーさんにお願いしよう!
    わんわんPとの約束だ╰(‘ω’ )╯
    俺は壊れても知りません♪~(´ε` )
    出来る人か壊してもいい人だけ自分でやろうな。

    んで、KX5ってのはこんなやつ



    いわゆるショルダーキーボード。
    今普通に売ってるR社やK社のショルダーキーボードと違って音源内蔵してないから、MIDIってケーブルで何かと繋がないと音出ないんだ▽・w・▽

    KX5なんぞやって詳しいのは、ヤマハのサイトで見てみてね( و ̑̑ ・ㅂ・)و ̑̑ グッ !
    http://jp.yamaha.com/product_archive/music-production/kx5/?mode=model


    ライブやらんのに、わんわんPこんなもんを昔買ってたんですね。
    あれはたしか楽器屋のデッドストックみたいな・・・(つっても随分昔の話し)

    そんでま!ついでなんで!!
    外装パーツも洗える部分は全部中性洗剤でゴシゴシと。

    そんなわけで分解
    シンセは大体裏から開けます。

    写真を!撮り忘れた!!!の!!!!

    そんなわけで気づいてから取った表側でお茶を濁しつつ・・・



    表開けた時に電源スイッチなどのケーブルがメイン基板にコネクタで繋がってるので抜いてね。
    あと切らないように注意注意
    どことどこが繋がってたか忘れないように写真撮っとくとか、ペンで印書いちゃうとかオススメだ。
    ↓こんな感じに↓





    古いから鍵盤に付いてるグリスが溶けて筐体内にべたーってなってた:;(∩´﹏`∩);:
    俺は拭き取ったけど、気になる人は開けて拭こうな。
    無水エタノールで



    この鍵盤ユニット左右に付いてる耳部分にグリスが流れ出していたぞ:;(∩´﹏`∩);:


    肝心のベロシティセンサーの修理なんだけど、修理と言うか洗浄と言うか?
    鍵盤ユニットの裏に付いてる基板+なんか黒いプラ枠+金属板のユニットを取り出して、その金属板を洗浄しました。
    接点洗浄剤吹いて余分なの拭いて、金属板の高さが狂ってるやつは他のに合わせて・・・
    みたいなそんなです。
    基本汚れにくいんだけど、なんせ古いもんなので:(;゙゚'ω゚'):

    また!写真を!!取り忘れた!!!!の!!!!!(´;ω;`)ブワッ


    それではこちらに出来上がったものが

    はい、それじゃ完成


    ちなみに、これ電池駆動で単3電池6本を電池ボックスに入れるんだけど、これ壊れた場合さすがにもうパーツ無いだろうしで
    万が一壊れちゃった人は・・・
    探したら似たようなものありました╰(‘ω’ )╯
    石川製作所さんのA-305て電池ケースがそっくりです!たぶん入ります。今度アキバで買ってきます。
    石川 A-305でググるとアキバのパーツ屋さん出てくるから無くて困ってる人は・・・


    ではでは、明日誕生日ってことで贅沢ご飯が楽しみなわんわんPでした。
    またねー( ˘ω˘)


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。