#モンはれ モンはれ二次創作SS02-ヘルハウンドの少女の行く末①-
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

#モンはれ モンはれ二次創作SS02-ヘルハウンドの少女の行く末①-

2020-05-23 17:37
    アクセスカウンター
    フリュー様から出ていたスマホアプリ、モン娘は~れむの二次創作SSです
    参考資料は、ネットに残っているものでしか補完出来ないので色々とあしからず。


    #モンはれ モンはれ二次創作SS02-ヘルハウンドの少女の行く末①-

     石の畳に石の壁、石以外には明かりを灯すための蝋燭が床に置かれ火が揺らめている。
     床には円が描かれており、その中には何やら紋様や文字が刻み込まれている。魔法陣と呼ばれるものである。
     長くゆったりとしたローブに身を包んでいて、目深に被ったフードで顔も分からない人物は、魔法陣の前で膝をつき、呪文のように呟く。
     この世界とは概念、理といった全く違う外の世界から強制的に召喚する古の魔法。それ故に強大な魔力を必要とするが、魔術師が幾人集まったところで、魔法は発動しない。
     強大な魔力といったが、ただの魔力では意味がない。生命力を込めた魔力が条件であり、発動したが最後。術者は命を落とす。
     命と引き換えでしか成功としないため、禁忌とされた召喚魔法は成功した。 魔法陣の上で立っていたのは学生服のような格好の一人の少女。
    「魔法陣みたいなのが急に足元に現れたと思ったんだけど、ここはどこなのかな」
     周囲をきょろきょろと見回していると部屋の出入り口と思しき場所で鎧を身に着けている少女と目が合った。
     鎧の少女は制服の少女へと歩きだし語りだす。
    「ここは、貴女とは違う世界。貴女がどういった世界から来たのかは分からないけれど、見たところ魔力も感じないし、武芸を習得している様にも感じられない。どうやら戦う力は無い様ね。勇者召喚は失敗かしら」
     大した説明はしていないが、制服の少女は何やら分かり切ったような顔をしていた。
    「そっかー、私は勇者召喚されたんだね。まるでラノベみたいだね」
     ラノベ?聞きなれない言葉だったが、そんな事はどうでもいい。戦力にならなくても使い道はある。以前から試したいことだったが、王からは反対されていた。別の世界の人間であれば問題ないだろう。
    「あっ、私の名前はね――」
    制服の少女が自身の名前を言おうとした時、鎧の少女からの攻撃により気を失った。
    「ふふふ、あーはっはっはっはっはっは」
    不敵な笑みから狂ったように笑う鎧の少女は、制服の少女を抱きかかえて部屋を後にした。
     異形の生き物がいる魔界へと侵攻した時に意思を奪い、思いのままに操る事が出来る隷属化したヘルハウンドと呼ばれるモンスター。
     見た目は狼のようだが、巨体であり、漆黒の毛色、燃え盛る炎がその身に纏っている。
     モンスターは人とは見た目が明らかに違うものばかりで、醜い生き物として蔑まれている。その醜い生き物を制服の少女へと憑かせるのだ。
     人の姿はしているが、ヘルハウンドの特徴がでたのか、犬のような耳と尻尾が付いていた。
    「あらら、醜さが残ってしまいましたわね。でも、貴女からは素晴らしい力を感じるわ。さあ、起きなさい!そして力を示して下さいな」
     両の手を床を付いて四足獣の体制を取り、唸り声は人が出すものではない――獣そのものだ。
     ヘルハウンドの少女は、鎧の少女へと飛び掛かる。一瞬ともいえる速さで間合いへと入り込み相手の顔へと攻撃する。
     腰に携えていた剣を抜き、剣を前へと構えていた鎧の少女は、剣で受け止めきれないと悟り、後ろへと飛び退き相手の殴打を躱す。
     頬からは熱さを感じると共に痛みが走った。確かに殴打を躱したはずだが、頬には数本の傷が出来ていた。
     魔力で形作られた薄い膜のようなそれは、ヘルハウンドの少女の身体より一回り大きく包んでいた。
     それのせいで間合いを読み違えたが、理解していれば二度目を味わうことはない。ヘルハンド自体大した相手ではなければ、憑かせた少女には何も力はないのだから。
     気を緩めていたわけではなかったが、見下していたが為に傷を負った。鎧の少女は気を集中させ、神経を研ぎ澄ませる。
     人とモンスターの融合がどれほどの結果を生むのかを試したかっただけだ。戦いを楽しんでいるわけではない。この一撃で切り伏せれば何も問題は無い。
     脚に力を込めて一気に飛び出す。音速をも超えた速度で間合いを詰めた鎧の少女はヘルハウンドの少女に切り掛かった。
     常人ならば一刀両断、超人でも腕の一本でも切り飛ばす程の剣技だ。そのはずだったのだが、目の前の光景は目を疑う事が起こっていた。
     斬り付けた剣は、魔力で形作られた獣の腕で受け止められていた。
     ありえない。こんなことがあっていいわけがない。怒りに任せて乱暴に何度も剣を叩きつけるが、その全てを受け止められる。
     横腹に衝撃と痛みが走ったと同時に壁へと激突した。ハルハウンドの少女が身を捻って繰り出した蹴りを身構える事無くその身に受けたのだ。
    「クソ犬が!」
     憎悪を宿した瞳で睨みつけるが、ヘルハウンドの少女は更なる追撃を加えようと懐に入り込んでいた。
     振り下ろされる獣の腕の薄い膜は、怪しい光を放っている。
     まずい、あれは受け止めきれないと判断した鎧の少女は、横へと飛び躱して更に驚愕する。壁が灼熱によって溶かされていたのだ。
     これ以上の力量を測れば、飼い犬に手を噛まれるかもしれない。そう感じた鎧の少女は告げる。
    「私の想像を超えた素晴らしい力だわ。さあ、私に服従なさいな」
     隷属したにも関わらず、様子がおかしい。ヘルハウンドの少女は獲物を狙うかの様に一歩ずつ近づいてくる。
     全身が恐怖によって支配され、脚が竦み床へとへたり込んでいると、近づいてくるヘルハウンドの少女は口を大きく開け、牙を剥き出しにし、襲い掛かってきた。
     庇うように前に出したガントレットは噛みつかれた牙によって、徐々に熱を帯びて溶けていく。
     この私が恐怖だって?そんなバカな事はない。相手を処理することは考えていなかっただけ。そう、処理するだけならいともたやすい。
     鎧の少女は、脚に力を込めて相手の腹部へ目掛けて蹴り飛ばすと同時に噛み砕こうとされていたガントレットから手を引き抜く。
    「もうどうでもいいわ、跡形もなく消し去ってあげる」
     この手に持っている剣は憎悪を宿して威力を爆発的に底上げすることが出来る。そして、その膨大なエネルギーを放つ技。
    「殲滅剣エクスカリバー」
     振り下ろされた剣から放たれた禍々しい斬撃は閃光となって、ヘルハウンドの少女を捉えるだけでなく、後方にあったもの全てを飲み込み遥か彼方まで飛んでいき消えていく。
     鎧の少女は嗤う。口元を歪めて。



    ユウシャと呼ばれる者が魔界へと侵攻してくるのは、また別の話とかなんとか。と言ったな!
    あれは嘘だったのかもしれない。モン娘達の呑気で、のほほんとしたお話がかけるといいんですけどね。
    名前も容姿も書いてないですが、鎧の少女、制服の少女からヘルハウンド少女に変わった彼女らは言わずもがなってのはモンはれをやっていた人にしか伝わらないかと思いますががが。

    次回②では火車の猫さんと不思議の国のなんたらさんが登場する予定です。
    -次回 ノルン 死す- デュエルスタンBar
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。