30条例
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

30条例

2020-02-18 23:53
    こんにちはです。
    今日はとあるまとめサイトさんで、大阪市ヘイト審査会さんとまとめサイトさんとのやりとりが掲載されているのを見ましたので
    そのお話を少々…

    内容としては、とあるまとめサイトさんの記事がヘイトスピーチに該当するかの調査でのやりとりですね。
    しかしながらアホの私にがこのお話を理解できているかは、はなはだ疑問ですがw
    それでもこのやりとりを見まして、「大阪市ヘイトスピーチの対処に関する条例」に少々疑問を持ってしまいました。

    疑問1
    まず、とあるまとめサイトさんの管理人さんは大阪市在住ではないらしいです。
    それなのに大阪市の条例違反になってしまうのでしょうか?
    まとめサイトさんには
    大阪は、日本全国の誰であれ、裁くつもりなのだろう。
    とありました。

    これ他の条例違反だとどうなるのでしょうか?
    例えば「歩きたばこ」
    市の境界線の近くの市外で歩きたばこをしている人を見かけたら、市内の人が取り締まれるのですかね?
    そんな事ないですよね?
    そんな事をしてしまえば越権行為というのですかね?で怒られませんか?
    今回の件でいえばアップした場所とかの基準がなければいけないのではないでしょうか?
    そうしないと日本全国どころか世界中を監視しなくてはならなくなりませんかね?

    疑問2
    本件に関し、同条例第9条第2項では、「審査会は、調査審議の対象となっている表現活動に係る申出人又は当該表現活動を行ったもの(以下これらを「関係人」という。)に対し、相当の期間を定めて、書面により意見を述べるとともに有利な証拠を提出する機会を与えなければならない。ただし、関係人の所在が判明しないときは、当該関係人については、この限りでない。」と規定されています。
    と大阪市さんではなっているようです。
    つまり反論したければ所在を明かさなければならないという事でしょうか。
    これはわからないでもないのですが、それでもそちらが言い出したことなのにわざわざリスクを負わなければ反論できないのはひどいのではないかという心情です。
    そもそも身分を明かさなければ反論できないのは人権上どうなのでしょうか?

    裁判とかではどうなのでしょう?あ、住所がわからなければ訴えられないのか…
    でも刑事事件とか現行犯逮捕とかだとどうなるのでしょう?住所不定無職には反論の機会が与えられないのでしょうか?
    てか飛躍しますが、戸籍のない人はどうなるのでしょう?犯罪を犯しても存在しない人として罪に問われないのでしょうか?(中二的思考)

    疑問3
    そもそもどんな記事が条例に引っかかったのかを私は知らないのですが
    まとめサイトさんですから、どこかの掲示板のコピペ系記事の可能性が大ですよね
    そうするとそもそもヘイトとされることを書いたのはサイト管理人さんではない可能性がありますよね?
    では元の書き込みをした人も条例違反になっているのでしょうか?コピペした人だけ違反とされるのはなんだかもやっとします。
    それともコピペの編集がいけなかったのでしょうかね?それでも元の書き込みがあるので、ん~と思ってしまいます。

    てか思ったのですが今回の件が通るのならば、全国の自治体が同じような条例を作った時、何十ヶ所から同時に訴えられるのでしょうか?そう考えるとものすごく怖いと思ってしまう今日この頃なのでした。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。